お酒と宮古まもる君人形
冷え冷えのオリオンビール、独特の風味がクセになる泡盛を片手にゴーヤーチャンプルーや島らっきょの天ぷらに舌鼓…。などという定番のキャッチフレーズをあえて使わさせてもらいます!那覇市の国際通り近くで営業する居酒屋「DINING DEBESO(ダイニングデベソ)」は土地柄、観光客も多く来店しますが、地元客にも愛される人気店です。地元で獲れる食材を使った海鮮料理やボリューム満点の肉料理は絶品。それだけではありません。これまたサービス精神満点な、宮古島伊良部出身の店主との”交流”も魅力のひとつ。愛嬌たっぷりの笑顔となまりが効いたおしゃべりで、存分に沖縄の夜を満喫させてくれます。
カウンター席

国際通りから近く、「デベソ」が目印

ダイニングデベソの看板
店は多くの飲食店が軒を連ねる久茂地地区にあります。国際通りから少しわき道にそれた所にある雑居ビルの2階で、表にはライトアップされたダイニングデベソのシンボルマーク「×」が看板として掲げられていています。ひと際異彩を放っていますので、比較的見つけやすいでしょう。
店内
テーブル席
居酒屋の看板を発見したら、迷わず螺旋状の階段を上ってください。店内は南の島をイメージしたアイテムで彩られ、宮古島の魅力も所々に散りばめられた居心地の良い空間が待っています。

伊良部島産の魚料理、肉料理も充実

伊良部島から調達した魚
魚
ダイニングデベソの魅力のひとつには、時期にもよりますが、店主・儀間翔太さんが出身の伊良部島から調達した魚を使った海鮮料理が挙げられます。伊良部島に暮らす父親と祖父が釣った魚や、漁港で仕入れた魚介を取り寄せていています。中でもカツオが絶品。「那覇で買うよりも新鮮」(儀間さん)で、刺身や握り寿司などにして提供しています。
刺身や握り寿司
唐揚げ
他にもグルクン(タカサゴ)やカワハギなどを使った唐揚げや煮付けなどの海鮮料理が楽しめます。
デベソーキ
もちろん肉料理も充実。一番の人気は沖縄県産豚肉を調理した、その名も「デベソーキ」。500gのスペアリブを醤油ベースのタレに漬け込み、4〜5時間ほど煮込んでお箸でも切れるほど軟らかく仕上げていきます。
うむくじ天ぷら(紅芋揚げ餅)
名物タコライス
伊良部産の季節の野菜を使った煮物や、観光客に大人気のうむくじ天ぷら(紅芋揚げ餅)、半熟卵がのった名物タコライスもおすすめです。揚げたてのサーターアンダギーも試してほしい一品です。

三線弾きます。宮古の「オトーリ」も

内装
店主に店のこだわりを聞くと「特にないよ」と即答。照れくさそうに「でもね、来てくれたお客さんに満足して帰ってもらうように心がけています」と話してくれました。人と人との出会いを大切にしていて、お客さんには積極的に声をかけているそうです。リクエストがあれば三線演奏も。歌うことは苦手なそうですが「涙そうそう」や「島人ぬ宝」、「海の声」などレパートリーは豊富です。泡盛を飲んでる方には宮古島のお酒の飲み方「オトーリ」を指南。店主も参加して、1つのグラスを回しながら自己紹介などでコミュニケーションを深めていきます。お客さん同士が仲良くなって盛り上がることもしばしば。
店主
居酒屋「ダイニングデベソ」では美味しい料理やお酒はもちろん、人懐こい性格の店主にも注目してください。沖縄の夜を楽しく過ごすために欠かせないサービスを提供してくれます。

スマートポイント

20人ほどの団体席有り。カウンター席もあるので1人でも来店可能です。

ビールや泡盛、カクテルなどのドリンク飲み放題やってます。

メニューにないフード、ドリンクのリクエストOK。「できる範囲でお応えします」(店主)。

J-TRIP沖縄ツアー
ライターアイコン

ライターのオススメ

美味い料理に美味いお酒。そこに愛嬌たっぷりの店主との会話が加わると、心は幸せな気持ちでいっぱいになります。店名の「DEBESO」は、店主が「でべそ」だからそう名付けたそうです。儀間さんは「でべその人は飲食代を半額にします」とおっしゃっていました。

Writer : 大城直也

執筆記事一覧>>

家族と写真とフーチャンプルーをこよなく愛するウチナーオヤジ。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の沖縄定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 沖縄のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
沖縄ツアーを探す 沖縄フリープラン 沖縄ファミリープラン 沖縄カップルプラン