下地島にある中の島ビーチ
沖縄の離島、宮古島より伊良部大橋を渡り車で約10分。

伊良部島の隣にある下地島にシュノーケリングやダイビングのスポットとして有名な中の島ビーチがあります。

海へ入るとすぐ近くに色とりどりのサンゴ礁や熱帯魚が生息しており誰でも気軽にシュノーケリングを楽しむことができます。

車道のすぐ横、迷うことなし!

下地島の外周道路を走っていると断崖絶壁に囲まれた小さなビーチが現れます。
断崖絶壁に囲まれた小さなビーチ
ここが中の島ビーチです。

かつては静かでひっそりとしたビーチだったのですが2015年1月に伊良部大橋が開通してからというものの今では多くの観光客で賑わっています。
道路脇の駐車場
車道からでも見える場所にビーチがあり、近くの道路脇には駐車場が整備されています。

くれぐれも路上駐車はしないようにしてください。

小さなお子様連れでも楽しめます

ビーチの入り口
ビーチへと向かう入り口には段差があり岩がゴロゴロと転がっています。歩く際は十分気をつけてください。

この中の島ビーチは近くにある白く細かい砂が特徴の渡口の浜とは違いサンゴのカケラで敷き詰められた浜になっています。
さまざまな形をしたサンゴ
面白い模様のサンゴ
さまざまな形をしたサンゴや模様がおもしろいサンゴがあちこちあります。

まだ泳ぐには早い、小さいお子様がいる場合はこのサンゴの石の観察をして楽しむのも良いですね。

海の中はお魚パラダイス

シュノーケリングでは元気いっぱいに泳ぐ魚を見ることができます。
鮮やかなオレンジ色が特徴のクマノミ
カマスの群れ
鮮やかなオレンジ色が特徴のクマノミをはじめカマスの群れなど、沖縄の海ならではの魚やサンゴがいっぱい。

さらに海の中を堪能したい人はダイビングがおすすめです。
ダイナミックな地形ポイント
ダイナミックな地形ポイントとして有名で、ビーチからもエントリーできるので初心者でも楽しむことができます。

中の島ビーチでダイビングをやってみたい!という人は伊良部島にいくつかダイビングショップがあるので事前に問い合わせてみてください。

一人ひとりの心がけが未来へとつながります

ビーチへの入り口にはこんな看板がありました。
ビーチへの入り口にある看板
「餌付禁止・立たない・蹴らない・触れない・歩かない」と書かれています。

サンゴには一見、岩のように見えるものがあって安易に上に乗ったり、興味本意で触る人も多いのだとか。

少しだけなら大丈夫と思っていても、何十年とかけて大きく育ったサンゴが日々の積み重ねで簡単に死んでしまうそうです。

この海の美しさがこれから先もずっと続くよう、沖縄の豊かな自然を守るためにも、一人ひとりの心がけが必要となります。

海で泳ぐには危険が常に伴います

さらにこのような注意書きの看板もありました。
注意書きの看板
ここはその日の海況によっては沖へと流れる離岸流が発生するポイントでもあります。

もし万が一、流された時は流れに逆らって泳ぐのではなく海岸線と平行に泳ぎ、その後流れがない所で海岸に戻るようにしてください。

ここは公に認められた海水浴場ではないので監視員などもおらず、自分の身は自分で守る必要があります。

シュノーケリングの経験があるからといって自分を過信せず十分に注意して泳ぐようにしてください。

初心者や泳ぐのに不安がある人はショップを利用するなどして下地島の海を思う存分、楽しんでください。

スマートポイント

周囲にシャワーやトイレなどの施設はないので、事前にトイレはすませておくこと。シャワーの代わりにペットポトルに入れた水などを準備すると良い。

海の中がとても美しいので、水中でも使えるカメラを持参するのをオススメします。たくさんの思い出を写真に残しましょう。

泳ぐ際は日焼け対策や怪我を防ぐためにも、ラッシュガードやレギンスなどを着用して、なるべく肌の露出が少なくなるようにしましょう。

J-TRIP沖縄ツアー
ライターアイコン

ライターのオススメ

思う存分楽しむならダイビングがおすすめ。海底にある入り組んだ地形が非常におもしろく、トンネルなどもたくさんあります。穴から降り注ぐ太陽の光なども見応えありです。

Writer : ほりかわくみ

執筆記事一覧>>

初めての訪問時に魅了され、そのまま宮古島に移住し十数年が経過。趣味の写真を活かし島の良さを最大限に伝える。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の沖縄定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 沖縄のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
沖縄ツアーを探す 沖縄フリープラン 沖縄ファミリープラン 沖縄カップルプラン