伊良部島の北側に位置する、白鳥崎。
白鳥崎にある案内岩
フナウサギバナタから、ここ白鳥崎周辺一帯のことを西海岸公園といい、遊歩道が整備され徒歩で散策できるようになっています。

伊良部島の観光スポットの多くは高台や断崖絶壁にあるのですがここは海にも近く景色を楽しみながらお散歩ができる観光スポットになっています。

紺碧の水平線を望む東屋

伊良部大橋から北へ車で走ること約15分。
水平線を眺められる 海岸線沿い
右手に水平線を眺めながら海岸線をゆっくりと下ってたどり着いたのが白鳥崎です。

着いてすぐ目の前にあるのが、この東屋。
東屋
だた休憩をする東屋とあなどるなかれ、ここからは伊良部島の美しい海の景色が一望できます。
東屋から見る伊良部島の美しい海
ここは沖縄の中でも有名なダイビングスポットでこの日も多くのダイビング船が停泊していました。

海岸を歩く場合は注意が必要です

周辺は歩いて散策できる遊歩道になっています。
遊歩道
小さな砂浜もあり、もちろん降りることも可能です。
砂浜。周囲はゴツゴツした岩場。
砂浜の周囲はゴツゴツとした岩場になっているのでその上を歩く際は、くれぐれも注意してください。

大きな穴が空いていたりする上、岩が鋭く尖っている部分もありますので注意が必要です。

ちなみにここの海は水深も深く、流れも早いといわれています。観光客が気軽に泳ぐのには、あまり適していないようです。

公園では散策も楽しめます

フナウサギバナタから、ここ白鳥崎周辺一帯が西海岸公園と呼ばれています。
砂浜から見る東屋
公園といっても、遊具があるわけでもなく東屋があるだけで何もないのですが何もないのがここの良いところ。
西海岸公園と呼ばれる白鳥崎周辺
何もなくともこの美しい景色があるだけで十分だからです。

潮風を肌で感じながら歩けば癒されること間違いなし。

夕日を見るのにも最適です

夕日スポットでもある白鳥崎
昼の景色ももちろんですが、夕日スポットとしてもおすすめです。季節によって夕日の見える角度は異なりますが東屋からもこのような景色を望むことができます。昼だけではなく、夕日が沈む時間帯にもぜひ訪れてみてください。
設置されてるベンチ
小さなベンチもいくつか設置されています。寝そべって過ごすのも良し、ビールを片手にくつろぐのも良いですね。

でも、昼間は南国沖縄の強烈な日差しが降り注いでくるので日焼けには要注意です。対策はくれぐれもお忘れなく!

スマートポイント

東屋以外は屋根がないので日傘や日焼け止めを塗るなど、日焼け対策は必須です。

岩場を歩くのであれば、ヒールやサンダルではなくスニーカーがおすすめ。ケガの予防になります。

駐車場がありますが、止められる台数は多くないので混雑している場合は、譲り合って止めましょう。

J-TRIP沖縄ツアー
ライターアイコン

ライターのオススメ

フナウサギバナタから白鳥崎まで徒歩での移動も可能ですが、車を置いて歩いて行く場合は、そこそこの距離を往復する事になります。飲み物を持参するなどして、しっかりと暑さ対策をしてください。

Writer : ほりかわくみ

執筆記事一覧>>

初めての訪問時に魅了され、そのまま宮古島に移住し十数年が経過。趣味の写真を活かし島の良さを最大限に伝える。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の沖縄定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 沖縄のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
沖縄ツアーを探す 沖縄フリープラン 沖縄ファミリープラン 沖縄カップルプラン