日常とは離れた体験ができるのも、旅の大きな醍醐味。沖縄には遊園地のような大きなアミューズメント施設は多くありませんが、アメリカ仕込の沖縄でしか味わえない“少し大人な夜遊び”ができる穴場スポットがあるんです。今回は北谷町にあるR&R NASHBILLEとGentleman Club CHICHISをご紹介。
NASHBILLE
Gentleman Club CHICHIS

北谷町に穴場スポットあり

沖縄の道路で大動脈ともいえる国道58号を那覇から北上すること約30分、宜野湾市伊佐を過ぎたあたりから右手に大きなフェンス米軍基地のキャンプフォスター(別名キャンプ瑞慶覧)が見え、ほどなく進むと北谷町の北前という地域に入ります。北前という地名は、字北谷の前側に位置することから由来しており、その昔は「北谷ぬ前チャタンヌメー」などと呼ばれていました。北前に入ると58号沿いは右手に米軍基地、左手にタトゥーショップや理髪店、外国人向けの飲食店などが立ち並び、一見海外にいるような感覚に。今回ご紹介するNASHBILLEとCHICHISが入っているビルも、そんな58号沿いにあります。同ビルと並ぶようにLAWSON北谷町北前店があるので、そちらを目印にするとわかりやすいです。
北谷町の北前
NASHBILLEとCHICHISが入っているビル

これ!!映画で観たアメリカの感じだ!!

まずはじめにいっておきますが、今回紹介する2店舗とも、私は行くのがはじめてです。お客さん海外の方が多いという情報は聞いていたので、英語が苦手な私はいつも以上に緊張しました。薄暗いビルの階段を上り、2階に店を構えるR&R NASHBILLE。
お店の扉も少し奥にあって、正直入りにくいです(笑)。お店に入ると女性の店員さんが「HELLO」と迎えてくれるわけなんですが、私はとっさに「こんにちは。お疲れ様です」と日本語で返してしまいました。もちろん日本語が話せる店員さんもいるので、日本語でも大丈夫です。
店内
人気のウィスキーコークとウィスキーショット

人気のウィスキーコークとウィスキーショット

お店にはカウンター席とテーブル席、ダンスフロア、そして見慣れない…。牛!?よく見るとロデオという牛のマシンでした。動く牛に跨り、耐久するというシンプルなゲーム。時々アミューズメントパークにもありますが、こちらは本場アメリカ製のためすごく激しいんだとか。店名のR&RとはRestaurant and Rodeoの略称ですが、Rest and Relaxation(休憩・休暇)の意味もかけているそうです。
「軽食とお酒とちょっとした遊びも楽しめるRestaurant BARと呼ばれる、アメリカでは一般的なスタイルです。お店に来た米軍のお客さんから“アメリカに帰ってきたみたいだ”といわれたこともあるよ。日本の人も海外に来たようだと驚くよ」と教えてくれたのはオーナーのスコット・ジンバーさん(Mr,Schott Zimber)。青森と沖縄に20年近く住んでいるという、日本語ペラペラの優しいアメリカ人の方でした。
ロデオという牛のマシン
オーナーのスコット・ジンバーさん

アメリカンに小腹を満たす

軽快なカントリーソングに合わせて出てきたのは人気メニューのナッシュビルチリ(NASHBILLE CHILLE)とグリルチーズサンドウィッチ(GRILLED CHEESE SANDWICH)。NASHBILLEでは注文した飲み物や食べ物がテーブルに届いた時点で支払いをするアメリカンスタイルになっています。
「長時間色んなものを頼むから、いちいち支払いは面倒」
という方は“タブ”という後払いの方法もあるので、店員さんに伝えると良いでしょう。タブとは会計を最後にする代わりに担保としてクレジットカードを店員さんに預け、店を出る際に現金かクレジットカードで支払をします。アメリカンスタイルということなので、支払の際にはチップを入れるお客さんもいるそうです。チップの相場は代金の10%から15%程度で、接客してくれた店員さんに渡しても良いですし、カウンターにある「TIP」と書かれたバケツに入れても大丈夫です。
「TIP」と書かれたバケツ
「煮込んでから1日寝かした」というナッシュビルチリは、クラッカーと一緒にいただきます。挽肉とチーズをパリパリのクラッカーにのせたり、クラッカーを砕いてチリに混ぜて食べるのもアリです。チリといっても辛さはなく、肉の脂とクラッカーの淡白さが良い相性を生み出してくれます。グリルチーズサンドウィッチは食パンの甘みとトマト、ベーコン、チーズのハーモニー、そこに良い塩梅の塩加減。ピクルスとポテトで箸休め、バドワイザーでグッと流し込むと「今ここアメリカです」ってな具合になります。毎週水曜日はレディースデーなので、女性のお客さんはフードとドリンクを半額で楽しむことができます!!
グリルチーズサンドウィッチ
ナッシュビルチリ
サンドウィッチとポテト
真ん中のダンスホールではカントリーソングに合わせて横一線に並んで足でステップを取りながら踊っている人達が。
これはカントリーダンスの中でもラインダンスと呼ばれるジャンルの踊りで、シンプルな振付を一緒に踊るもの。少し練習すれば飛び入りもできます。また、お店の奥にあるビリヤードやダーツは、なんと無料で楽しめるんです。混み合って順番待ちをしている時は、黒板に名前を書き込んで待ちましょう。わからないことは店員さんにたずねると、気兼ねなく教えてくれます。
ラインダンス
ビリヤード
ダーツ

本場顔負けのポールダンスCHICHIS

アメリカにいるような気分を引きずりながら、次は3階のGENTLEMAN CLUB CHICHISに向かうことに。NASHBILLEで十分アメリカカブレになった私は、意気揚々と階段を上りCHICHISの扉を開けました。扉を開けると受付で入場料の2,000円または$20を支払い、諸注意を聞きます。
「え?あれ?どんなシステム?」
と戸惑いながらも諸注意を聞くことに。
“腕のバンドを見せれば再入場可能”
“女性に触らないこと”
“スマホ・カメラの撮影は禁止”
「おいおい、どんなお店なんだよ」と内心ドギマギしているアメリカカブレな私。今回は取材ということで特別に撮影させてもらってますが、普段は絶対に撮影禁止なので悪しからず。入場料は週末が2,000円または20$、平日が1,500円または$15ということなので、平日の方が断然お得になっています!!
GENTLEMAN CLUB CHICHISの看板
諸注意
店内に入ると“SECURITY”と書かれたTシャツを着たゴツイ外国人、そしてナカナカな音量で流れるHIPHOPやROCKなど縦揺れの音楽に合わせて色とりどりに光る照明達。
店内はカウンターと壁に沿ってソファーやテーブル、そして中央のお立ち台ならぬステージを取り囲むように椅子が並んでいます。
店内
テーブル席
音に合わせて女性のダンサーが登場すると、何食わぬ顔でステージに上がり踊り始めちゃいます。大事な部分を隠した衣装を着ながら…。男性としてはうれしい限りですが、女性が見ても美しく映るのではないでしょうか。ポールの上方から足だけで全身を支えたポージングは、タコのように足に吸盤が付いてるかと思うほど。ダンスのクオリティ、手足や体の使い方は一種の芸術…。素振り、プロポーション、雰囲気には、いやらしさではない美しいさ。ポールを使ったダンスの技は圧巻のひと言です。ちなみに、ダンサーの方は中南米や日本人など多国籍。
上方から足だけで全身を支えたポージング
ポールダンス
ポールを使ったダンスの技
ステージ上でダンスをひと通り踊り終えると、次はステージの外周を
女王のようなオーラを纏い、ハイヒールの音を「カツカツ」と鳴らし歩き始めます。お客さんが1ドル札を何枚か投げると、お札を拾いながら踊ってくれるんですね。ググッと近づいて踊ってくれるわけです。そうなったらドル奮発ですね。「映画の世界だ」と思いながら、ビビリな私は遠目から鑑賞させてもらいました。
しかし、まぁなんともう魅せ方が美しい。
これは女性の方も必見だと思います。
なんと、毎週水曜日はレディースデーということで、女性は入場料無料という超お得な日!!
毎月10日と25日の米軍の給料日(Pay Day)や、週末の遅い時間帯は米軍の男性のお客さんでゴッタ返してます。女性だけで行く際に混み合った時間を避けたいのなら、平日の早い時間帯をおすすめします。
お札を拾いながら踊ってくれるダンサー
チップを衣装に挟んでいるダンサー
近くで踊ってくれるダンサー
こういったポールダンスのお店はアメリカの一部の地域では一般的だそうで、日本でいうスナックやキャバクラのような感覚に近いのかもしれません。日本国内でCHICHISのようなアメリカンスタイルのポールダンスが味わえるお店は数少ないようです。NASHBILLEとCHCIHISのお客さんのほとんどがアメリカ人でした。店内はそれこそアメリカの風が息づいていましたが、システムや雰囲気がわかれば日本人でも充分楽しめると思います。時間の楽しみ方や楽しいと感じる事柄が違っても、「郷に入ったら郷に従え」というように、新しい郷の楽しみ方を見つけて、沖縄の“少し大人な夜遊び”を楽しんでみるのはいかがでしょうか。CHICHISは沖縄市に姉妹店のDejaVuがあるので、こちらも遊びに行きたいですね。

スマートポイント

NASHBILLEではアメリカンフットボールのスーパーボールの時期なると生中継で観戦するイベントや、ライブイベントなどもあります。

CHICHISは週末混み合いますが、平日の早い時間帯は人が少ないので利用しやすいです。

両店舗とも円よりドルの方が割安で楽しめるので、前もってドルに換金することをおススメします。店内でも両替可能。

J-TRIP沖縄ツアー
ライターアイコン

ライターのオススメ

沖縄でしかできない、貴重な異文化体験。ぜひ一度足を運んでみてください。必ず衝撃と刺激を受けること間違いなしです!!「一人で行くのはちょっとなぁ…」っと思っている方へ、今回の取材で私は日本人一人で行きましたが、浮くことも特別扱いもなく、海外のお客さんもあまり気にしていない様子でした!!

Writer : 中本岩郎

執筆記事一覧>>

地域の青年会に所属し、エイサーを通し真心溢れる沖縄の人々の虜に。地域に根付く文化の深部を発信する。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の沖縄定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 沖縄のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
沖縄ツアーを探す 沖縄フリープラン 沖縄ファミリープラン 沖縄カップルプラン