与那覇前浜ビーチは宮古島を代表するビーチの一つです。
与那覇前浜ビーチ
東洋一美しいといわれている全長7kmにも及ぶ、長く白い砂浜と、水平線まで続く青いグラデーションの海がとても美しく観光に来たほとんどの人が立ち寄るであろう人気の観光スポットです。

毎年4月に行われる全日本宮古島トライアスロン大会のスタート地点としても有名です。

どこを切り取っても美しい海

この海を初めて見た時に「こんなにも美しい海が日本にあったなんて」と、あまりの美しさに言葉を失い、ただ立ち尽くして眺めていたのを今でも記憶しています。
きめの細かいパウダーサンド
サラサラとした、とてもきめの細かいパウダーサンド。
澄み切った海水
まったく濁りを感じない、澄み切った海水。
エメラルドグリーンの海の中
もしかしたら甘いんじゃないのだろうか?と思ってしまうような、ソーダゼリーにも見えるエメラルドグリーンの海の中。

どこを切り取っても美しい風景がここ与那覇前浜ビーチにはあります。

マリンスポーツも盛りだくさん

夏になるとさまざまなマリンスポーツで楽しめるのが与那覇前浜ビーチの魅力でもあります。
マリンスポーツ
シュノーケリングやジェットスキー、パラセーリング、グラスボートなど、マリンスポーツを楽しめるショップが宮古島にはたくさんあるので利用するのも良いでしょう。
家族連れ
また遠浅で比較的、波が穏やかなこともあり砂遊びや海水浴に向いています。家族連れにおすすめしたいビーチです。

施設も充実

無料駐車場
無料駐車場があり、約40台が駐車できるスペースがあるので、混雑の心配もありません。
トイレとシャワー施設
駐車場横には男女別のトイレとシャワー施設があり泳いだ後の体を洗い流すことができます。更衣室もあるので着替えもできます。
シャワー
足や手に付いた砂をちょっとだけ落としたいという人は外にもシャワーがあるので便利です。
海の家
夏の間だけ営業している海の家もありパラソルなどのマリングッズをレンタルすることも可能です。

ちょっと足を伸ばして

与那覇前浜のビーチより、少し足を伸ばして行ってほしいのが来間島へとつながる来間大橋のふもと近くにある来間前浜港です。
来間前浜港
ここは前浜のビーチともつながっている場所なので歩いて来ることができますが、迂回すれば車での移動もOK。

ここからの景色もまた美しくカーブになったビーチと海とのバランスが良く撮影にはもってこいのロケーションです。
カーブになったビーチ
漁港の堤防から少し高い目線で写真を撮ることができるので、オススメです。

さらに足を伸ばして来間島へ

与那覇前浜ビーチの対岸にある来間島。
来間大橋
前浜からは車でおおよそ5分の場所にある来間大橋を渡り、集落を抜けたその先にある竜宮城展望台から眺める景色もおすすめです。
竜宮城展望台から眺める景色
7kmあるビーチのほぼ全体と宮古島と来間島の間の海を高台から見下ろすことができます。

平坦な土地の宮古島を遠くまで眺めることができ、2015年に開通した伊良部大橋や伊良部島までも見渡せる絶景ポイントなので、与那覇前浜ビーチと合わせて訪れてみてください。

スマートポイント

近くに宮古島東急ホテル&リゾーツがあり、宿泊客以外でも食事の利用ができます。ランチバイキングがオススメなので、ぜひ立ち寄ってみてください。

ビーチで写真を撮るなら狙い目は昼の12時ごろです。太陽が一番高い場所にあるので、海の青さも砂浜の白さもより一層輝きを増して良い写真が撮れます。

海の中はほとんどが砂地なのでサンゴや熱帯魚はあまりいません。シュノーケリングよりは波打際で遊ぶ海水浴向きのビーチです。

J-TRIP沖縄ツアー
ライターアイコン

ライターのオススメ

宮古島観光では絶対に外せないスポットです。昼の景色も素晴らしいですが、ここから見る夕日の景色も外せません。オレンジ色に染まる海と水平線に沈む夕日はとても幻想的で見る人すべてを感動させてくれます。

Writer : ほりかわくみ

執筆記事一覧>>

初めての訪問時に魅了され、そのまま宮古島に移住し十数年が経過。趣味の写真を活かし島の良さを最大限に伝える。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の沖縄定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 沖縄のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
沖縄ツアーを探す 沖縄フリープラン 沖縄ファミリープラン 沖縄カップルプラン