内浦湾の大パノラマ、自然の美しさと力強さ感じさせる数々の奇岩を望む「マスイチ展望台」。標高200mの高台から室蘭のにぎやかな市街地や、大きく発展している工業地帯、輸送船の行きかう室蘭港などを一望でき、夜景観賞の名物スポットにもなっている「測量山展望台」。どちらも室蘭駅から車で30分圏内にある「室蘭八景」のひとつとして、多くの観光客を魅了している絶景ポイントです。
マスイチ展望台
それぞれの展望台からの眺めに加え、夜は感謝や記念、追悼といった室蘭市民の思いをのせた測量山のライトアップなどもあり、見ごたえ抜群。見逃したらもったいない名所です!
測量山展望台

内浦湾の絶景が広がる「マスイチ展望台」

マスイチ展望台は絵鞆半島の南西にあり、ウミネコの巣が多かったことから、アイヌ語の「マスイ・チセ(ウミネコの巣)」が地名の由来になっています。その名の通り、現在でもウミネコやイワツバメの楽園になっておいて、営巣が盛んです。ここからの眺めは内浦湾の大パノラマが広がっていて、左側には追直(おいなお)漁港、さらに、天気が良ければ噴火湾を挟んだ遠方に、うっすらと駒ヶ岳などの山々も見えてきます。
展望台からの風景
海と山を同時に望むと、ダイナミックさと幻想的な雰囲気を一緒に味わえる眺望の良さから、マスイチ展望台は室蘭八景のひとつに認定されています。駐車場すぐの展望ステージはもちろん、階段を登った先にある高台からの眺望も格別。無料で使用できる双眼鏡が設置されているのも嬉しいポイントです。
双眼鏡

海に象やロウソクが!? 展望台周辺は奇岩の宝庫

マスイチ展望台からは、数多くの珍しい形をした「奇岩」が見えます。展望台の下側に目を向けると、細長い小島のような岩が見えてきます。この岩は「象岩」と呼ばれており、海にうつぶせになって寝ている象のような形をしています。
奇岩
階段を登った高台から右手側を見てみると、大きな岩の奥に、二つの寄り添っている岩が見えてきます。この二つの岩は「カモメ岩」と呼ばれています。野鳥が羽を休めたり営巣する姿が見られるそうで、岩の上部はウミネコやハヤブサの糞で真っ白になっています。
カモメ岩
展望台から山の上に向かって徒歩で5分ほど道路を進んでいくと、「ロウソク岩」の看板が見えてきます。ここにも展望台があり、火が灯ったロウソクが海に立っているような「ロウソク岩」を見られます。大海原に1本だけで佇むその姿には、不思議な力強さを感じられます。
ロウソク岩

室蘭の街を一望! 室蘭八景のひとつ「測量山展望台」

JR室蘭駅から車で10分ほどのところ、緩やかなカーブが続く山道を約700m進んだ先に、山頂に設置された8基の電波塔が目印となっている「測量山」があります。
測量山
駐車場すぐの階段を登ると展望台になっていて、ここからは白鳥大橋、室蘭港、室蘭市街はもちろん、天気が良ければ有珠山や羊蹄山、駒ヶ岳などの山々も、360度の大パノラマでぐるりと見渡せます。展望台の高台からの眺めは、まるでミニチュアのような絶景を独り占めできるような感覚で、病みつきになること間違いなし! この眺望は室蘭八景のひとつとして、多くの観光客から注目を集めています。
高台からの眺め

高台から望む夜景はまるで光の洪水!

昼間の眺望も素晴らしい室蘭の景観ですが、夜景も息をのむほど美しく、この幻想的な風景は、日本夜景遺産や夜景100選に認定されています。標高200mの山頂から望む室蘭の街は、白鳥大橋をはじめ、室蘭港の夜景を一望できる最高のスポット。条件が良ければ、隣接する登別市や伊達市、さらに噴火湾を挟んで対岸の森町や函館市の街明かりまで見渡せるのです。
夜景
近年ブームになっている工場の夜景を鑑賞するにもピッタリなロケーション。白鳥大橋の向こうには工業地帯の石油タンクが輝き、輸送フェリーの明りがゆっくり行き来する光景は、どこかノスタルジックな雰囲気。
工場の夜景

測量山ライトアップは室蘭市民の希望の灯

測量山山頂にはテレビ電波を送るための電波塔が複数基立っています。この電波塔は日没から午前0時(10月~3月は午後11時)までライトアップされ、カラフルに室蘭の夜を彩っています。
ライトアップ
ライトアップのきっかけは1988年の「むろらん港まつり」。祭りを盛り上げるため、北海道電力が三日間限りのライトアップを行ったところ大きな反響があり、同年11月26日よりライトアップがはじまりました。以来、この光は1日も欠かすことなく街を照らし、現在では連続点灯1万日以上となりました。点灯にかかる費用は一般からの寄付金によって賄われています。同時に、記念日や追悼などのメッセージも流しており、灯には多くの思いが込められています。
室蘭の街のきらめき、自然、絶景を堪能できる、北海道に来たなら必ず見ておきたいスポットですね。

スマートポイント

どちらの展望台も直通の公共交通機関が無く、駅からも離れているので、レンタカーを借りるかタクシーを利用しましょう。

測量山展望台の階段には夜間でもフットライトがついているので、深夜の夜景観賞も安心です。とはいえ、少し急な階段なので足元には十分注意しましょう。

測量山も含まれている「測量山緑地」は野鳥や野草の宝庫! 春から夏にかけては、ウグイスやコマドリ、シジュウカラなどの姿が見られます。展望台で街の美しさを堪能した後は、自然とのふれあいも楽しんでみては。

ライターアイコン

ライターのオススメ

マスイチ展望台から見える「象岩」は、展望台から真下ではなく斜め方向から見てみると、寝そべった象の形をはっきりと感じられます。ぜひ見る角度を意識して鑑賞してみてください。

Writer : 佐々木彩

執筆記事一覧>>

動物・音楽・温泉が大好きな札幌っ子。趣味は、自転車の「リコシェ号」とともに動物が集まるスポットを探すこと。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン