築80年あまりの家屋を改修して2015年にオープンした由仁(ゆに)町の「古民家カフェ るり庵」。当時の和風建築を生かしたこのお店は「日常から離れてゆったりと過ごせる」「おばあちゃんの家みたい」と地元だけでなくドライブ客や観光客からも評判を集めています。
るり庵外観
メニューには、近隣農家や自家菜園で取れる飛び切り新鮮で濃厚な農産物を使用。地元特産のシイタケを使ったランチ、手作りの江戸前あんみつや自家製チーズケーキも人気です。

昭和初期の邸宅を改装した由仁町の隠れ家カフェ

「古民家カフェ るり庵」は、新千歳空港から車で30~40分、札幌からは約60分。JR室蘭本線の由仁駅からは歩いて4分ほどで、駅前から一本入った静かな通りにあります。みそホルモンで有名な「東京ホルモン」のお店も近くです。
いろりの間
玄関の引き戸を開けると目に入ってくるのは、いろりの間。1933(昭和8)年に建てられた邸宅を、スタッフや有志の人たちがほとんど手作業でいまのきれいな姿に戻しました。いろりの炉にはめ込む炉縁(ろぶち)は、お隣の栗山町にある小林酒造の酒樽を利用して新しく作ったとか。
本州仕様の部屋にある席
広島から材木や建具を運ばせたというこの家屋は、廊下がぐるりと部屋を囲む本州の仕様。縁側から庭園の緑を一望できます。ソファや座いすのテーブルなど空いていればどこに座ってもOKなので、お気に入りの席を見つけましょう。
カウンターコーナー
落ち着いたカウンターコーナーで地元のケンゾーコーヒー社が焙煎した、爽やかなコクと酸味の「るり庵コーヒー」(400円)や自家製のスイーツ、デザートをいただくのもいいですね。

るり庵のランチで取れたて野菜のおいしさに目覚める!

季節のパスタ(800円)は、野菜本来が持つ味の濃さを感じられる一品。コトコトと煮詰めたトマトソース、パスタの上にのったズッキーニやミニトマトをいただけば、素材が持つ本来の実力を思い知らされます。ミニサラダとスープ付きで、春はアスパラを使ったパスタなど季節ごとのバリエーションもあります。10月からGWぐらいまではパスタの代わりに鍋焼きうどんを楽しめます。
季節のパスタ
店長の松村さん
「メニューには、お友だちの農家や自家菜園で取れた低農薬の作物を使っています。由仁は農業の町だから、一般のおうちにも家庭菜園があってトマトなんかどんどん取れるの。だからもぎ立ての味が私たちにとっては普通なんですよ」と、話すのは店長の松村さん。リンゴやスイカ、メロンなども取れ過ぎたときはお客さんにサービスで出すこともあるとか。
原木椎茸たっぷりのスープ餃子
るり庵名物の「原木椎茸たっぷりのスープ餃子」(800円)は、由仁特産の原木シイタケを具材とスープにたっぷりと使用。食感と旨みを出すために干しシイタケと生シイタケを半々に使い、手作りの皮で包んだギョウザはとても優しい味わいです。地元の野菜を使った小鉢と、由仁産ゆめぴりかの雑穀ご飯も付いてきます。

あんや求肥も手作り、手間ひまかけた江戸前あんみつ

江戸前あんみつ
スイーツも見逃せません。江戸前あんみつ(600円)は、るり庵の名物メニュー。北海道では甘味処が本州に比べて少ないので「本格派のあんみつが食べられる!」と訪れた人から喜びの声が上がっています。
手作りの餡や寒天
由仁産の小豆をじっくりと煮詰めて作ったあんも手作りなら、あんみつには欠かせない二色の求肥(ぎゅうひ)や黒蜜、寒天も手作り。赤エンドウもお店で塩ゆでしたものです。
ベイクドチーズケーキ
ベイクドチーズケーキ(450円)も「家に買って帰りたい」と言う人がいるほどの人気メニュー。クリームチーズと生クリームをふんだんに使って焼き上げた濃厚なケーキのなかには、自家製のラム酒漬けレーズンがアクセントになっています。添えられたブルーベリージャムも、由仁産の糖度が高いブルーベリーを使った自家製です。食事やスイーツと一緒にドリンクを注文すれば、セットで100円引きになりますよ。

おばあちゃんの家へ遊びに来たような、ほっこり空間

自然に隣のテーブルの人と会話が弾んだりもする、ここはゆったりとした時が流れる空間。「おばあちゃんの家に来たよう」と何時間も過ごしていく人もいます。小さな子どものために絵本やおもちゃなどが用意されたコーナーもあります。
ゆったり時間が流れる空間
庭園を眺めながらいただく食事
光が差し込む緑の庭園を眺めながら、おいしい物を食べるのもまた格別のひととき。この風情ある古民家、実は取り壊しも検討されていましたが「歴史ある良い建物を残したい」と松村さんや多くの有志の人たちによる努力で「古民家カフェ るり庵」として生まれ変わりました。フランス語で絆(きずな)を意味する「Le Lien(ルリアン)」から付けられた店名にも、その思いが込められています。
由仁で取れた農産物
お店では由仁で取れた農産物も売られています。また、組みひもや漆でジュエリーを作る作家が由仁の豆を素材にしたアクセサリーも展示しているので、店内をチェックしてみて。

昭和の香りが漂う庭園をゆっくりとお散歩も

お店の行き帰り、または店内で過ごすあいだに庭園の散歩をしてみてはいかがでしょう。ツツジやモクレン、シャクヤクにテッセンと趣を凝らした花木の間を歩いていると心も穏やかになってきます。秋の季節はモミジなどの紅葉が見事です。
庭園
この古民家は、北国仕様ではなく本州の仕様で造られた建物なので、冬季はお休みになります。春や秋の冷え込む時期はひざ掛けもありますが、暖かいジャンパーやコートを着て訪れるのがおすすめ。JR沿いの車が行き交う主道から少し入った隠れ家的なカフェ、るり庵で心からくつろげるひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。
門構え

スマートポイント

カーナビでお店の電話番号を入力するとお隣の栗山町へ行ってしまうことがあるそうなのでご注意を。車の場合は由仁神社を目指すと割合スムーズに着きます。

お店のなかには町内外の家から寄贈されたという足踏みミシンや古いアイロンなどがまるでアンティークショップのように飾られています。店内を探検してみてもおもしろいですよ。

音楽ライブやお茶会などのイベントもあるので、日程を合わせて訪れてみるのもおすすめ。アットホームな雰囲気のなかで楽しめます。詳しくは公式サイトでチェックを。

ライターアイコン

ライターのオススメ

周辺には国内最大級規模のゆにガーデンや、日帰りもできる温泉施設のユンニの湯があります。新千歳空港や札幌から足を延ばして、緑に恵まれた由仁町を中心にリラックスの旅を楽しむのもいいですね。

Writer : タカハシアキコ

執筆記事一覧>>

北海道移住歴20年。亜熱帯の血を持つ寒がりライター。お手ごろで魅力的なモノやスポットを発掘すべく歩き回っています。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン