札幌からニセコや洞爺湖などの観光地へ向かうルート上にある中山峠は、北海道の峠のなかでもメジャー級の知名度を誇る名所。「蝦夷富士」と呼ばれる羊蹄山(標高1,898m)がよく見える絶好のビュースポットです。峠の頂上にある道の駅望羊中山の名物「あげいも」は、不動の人気商品!
道の駅外観
ここでしか味わえないおいしいテイクアウトメニューも充実。お土産もバリエーション豊富な品ぞろえで、買い物に立ち寄るのもいいですよ! 北海道旅行はロングドライブがつきもの。道の駅望羊中山でのんびりと腰を伸ばし、美しい山々の景色を楽しみながら休憩しましょう!
周辺の景色

ぜひとも食べていただきたい「名物あげいも」!

札幌市街から国道230号線で約1時間。定山渓の南西にある喜茂別(きもべつ)町の中山峠頂上にある道の駅望羊中山は、年間約220万人の観光客が利用する一大休憩スポットです。道央圏から倶知安(くっちゃん)町やニセコ町を結ぶ観光の大動脈上にあるこの道の駅は、夏はもちろん、冬もスキー場などに向かう人たちでにぎわっています。
休憩場所
中山峠といえば名物「あげいも」(350円)。羊蹄山麓周辺で収穫された男爵(だんしゃく)いもに衣をつけて揚げた、素朴な味わいのテイクアウトグルメ。多い日は1日5,000本以上売れるほど大人気です!
フードサービス
あげいも
1968(昭和43)年から発売され、道民に愛され続けているロングセラーのあげいもは、その後も味の改良を重ね、さらにおいしく進化しています。売り場の入口にある「あげいもマイ・キッチン」では、置かれているマヨネーズやケチャップであげいもにお好みでトッピング! 無料とあって大好評です。

ガッツリ食べたい人には豚丼やチキンが人気!

中山峠のテイクアウトメニューといえば、あげいもがマストですが、まだまだあります人気グルメ! 鶏の唐揚げ好きにはたまらない、外はカリッとなかはジューシーな「中山チキン」(460円)は、10種類のスパイスを利かせたボリューム満点の食べごたえ。
中山チキン
旅の疲れには甘いものが食べたいという方には「峠のアンドーナツ」(350円)はいかが? あんこのなかに、もちもちっとした白玉団子が入っておいしさ2倍!ちょっとトクした気分になりますよ。
峠のアンドーナツ
2階のレストランでは、ルスツ豚の肩ロースだけを使った豚丼(1,000円)が人気。やわらかくてジューシーなルスツ産の豚肉に、甘いタレをたっぷりかけて焼き上げています。ほかではなかなか食べられないルスツ産の豚肉のおいしさを、こちらの豚丼で味わってみて!
豚丼

抹茶ソフトとゆるキャラで旅の疲れを癒しましょう

こちらは望羊中山オリジナルの人気ソフト「森の抹茶ソフトクリーム」(350円)。こってりと濃厚なミルクベースのクリームに、たっぷりと抹茶をブレンド。ほろ苦さがたまらない大人のソフトというおいしさです。
抹茶ソフト
望羊中山で販売されている土産品は、羊蹄山周辺の倶知安町やニセコ町、真狩村をはじめ、道内各地で造られた調味料やジャムなどがあって、北海道をまるっと凝縮したような品ぞろえ。2013(平成25)年に誕生した望羊中山公式ゆるキャラ「あげぽん」のグッズも人気のお土産です。
土産物コーナー
あげぽん
テイクアウトしたものを持って、2階のパノラマ展望台でのんびり羊蹄山を眺めて食べるのも気持ちがいいですよ。広い北海道の旅は休憩が大切です。乗り物から降りて身体を伸ばし、おいしいグルメやお土産を買ってホッとひと息。道の駅望羊中山で羊蹄山を眺めながら、のんびりと休憩タイムを楽しんでくださいね。
展望台

スマートポイント

1階のサービスカウンターではお土産の地方発送もしていて便利です。

道の駅の建物内のほかに、駐車場にも大型のトイレがあります。急ぎの方はこちらの方がいいかもしれません。

冬は雪が積もり、-15度以下になることが多い中山峠。積雪がなくても路面が凍結することもあるので、車の運転に気をつけてください。服装はしっかりとした防寒着とスノーシューズがあると安心ですよ。

ライターアイコン

ライターのオススメ

名物「あげいも」はひと櫛に3個とボリューミー。ほかのものをあれこれ食べたい人は1個ずつシェアしてもいいですね! 豚丼は道の駅の自信作。食べる価値ありますよ!

Writer : 上坂 由香

執筆記事一覧>>

5年に1度くらいしか風邪をひかない体質を自慢していたら、普通に歩いていただけで膝の半月板を故障。足腰の弱まりを痛感している今日この頃。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン