「函館ひかりの屋台 大門横丁」は、約8,000㎡の敷地にジンギスカン、塩ラーメン、海鮮料理などさまざまなジャンルの飲食店がずらりと軒を連ねる飲み屋街です。8人ほどで満席になるカウンターだけのお店から20人以上入れる比較的大きなお店まで全26店舗。どこも気軽に入れるオープンな雰囲気で、地元の常連さんも観光客も、その場にいる全員と楽しく飲めるアットホームなお店ばかりです。軽く飲んでちょっとつまんで次の店へ。ほろ酔い気分ではしご酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。
大門横丁

函館に光輝く大門横丁ではしご酒

函館駅から徒歩5分ほど。大門地区に、色町のような華やかな雰囲気を漂わせる一角が「函館ひかりの屋台 大門横丁」です。それもそのはず、ここは1907(明治40)年以降、函館随一の色町として繁栄を極めた「大森遊郭」があった場所で、その入り口に巨大な門がそびえていたことから、「大門」という名前がついた土地なのです。
大門横丁入り口
通りには「京極通」「祇園小路」「浅草小路」など華やかな名前がついて、居酒屋やバー、カフェがずらりと立ち並ぶ繁華街でしたが、北洋漁業の衰退や郊外への大規模店舗の進出に押されて次第に衰退していきました。
平成に入り、かつての繁栄を取り戻そうという動きが高まり、2005(平成17)年に函館ひかりの屋台 大門横丁が誕生しました。華やかな光を灯してずらりと並ぶ屋台は、夜の函館を楽しむ人々でにぎわっています。さあ、はしご酒をはじめましょう!

新鮮な海鮮が自慢「北の台所 ヤマタイチ」

北の台所 ヤマタイチ
高砂通り沿いにある大門横丁の出入り口横に店を構える「北の台所 ヤマタイチ」は、とびきり新鮮な海の幸が楽しめます。店の前に置かれた発泡スチロールの箱にはイカやボタンエビが泳いでいます。
イカやボタンエビ
ヤマタイチ刺身盛り780円
注文を受けてからさばくのでぜひお刺身でどうぞ。いろいろ味わってみたいなら、「ヤマタイチ刺身盛り780円)」を頼んでみましょう。その日のおおすすめが4種類ほど盛り合わせになっていて、2人でちょうどいい量です。
女将さん
ほかにも紅鮭スモークハラスや真ホッケなどの焼き魚も人気。塩辛付きジャガイモセットなど、函館らしい一品料理も豊富にそろっています。北海道産の日本酒を数多く置いているのもうれしいところ。北海道の食材には北海道のお酒がぴったりです。迷ったら笑顔がすてきな女将さんに聞いてみましょう。おすすめの食材やお酒を教えてくれますよ。

イカ餃子は必食!「中華風居酒屋 函館いか家」

「函館いか家」は大門横丁中央の光の広場前にある中華料理がメインのお店。店主の久末誠さんと奥さんのひろ美さんのほがらかな人柄とアットホームな雰囲気に、地元の常連客が足しげく通います。
ひろ美さん
ここで食べておきたいのは、誠さんが考案した函館らしいユニークな餃子の数々。一番人気は「イカスミ餃子(430円)」。イカスミを練り込んだ真っ黒な皮の中には、肉の代わりにイカとキャベツがぎっしり詰まっています。
イカスミ餃子
がごめ昆布餃子(450円)は函館周辺でしかとれない希少ながごめ昆布を使った餃子で、具のイカの味とともに昆布のうま味が広がります。ほかにもじゃがイモ、バター、コーン入りの男爵餃子や季節限定餃子など、変わりダネの餃子がそろっています。
店内
余談ですが、ご主人は熱烈なプロレスファン。店内にはプロレスラーの色紙が飾られていてプロレスラーやプロレス好きなお客さんも多く、プロレス談義に花が咲きます。

シメまでいきます! 大門横丁はしご酒

大門仲通り側の出入り口横にある「はこはち漁港」では看板メニューの「プレミアム銀サバ食べ比べ」をどうぞ。青森県八戸前沖でとれた銀サバの刺身と燻製の盛り合わせです。船上で冷凍されたサバは臭みが全くなく新鮮そのもの。身が締まって薫香が加わった燻製は日本酒にぴったりです。
プレミアム銀サバ食べ比べ
大門横丁内の語らい通りにある「串金」は、コの字型のカウンターのみの小ぢんまりとした串カツ専門店。お隣と肩が触れそうな距離なので、お客さん同士自然と会話が生まれてくる雰囲気です。目の前で揚げられる串カツを二度漬け禁止のソースに浸して口に運べばビールが進みます。
コの字型のカウンター

塩ラーメン
横丁内にはラーメン店も入っています。函館といえば名物は塩ラーメン。澄み切ったあっさりしたスープと細めんは、たらふく飲み食いした後でもするっと入ってしまうから不思議。シメまでできて大満足です。

大門横丁を楽しむちょっとしたコツいろいろ

大門横丁には「語らい通り」と「ハイカラ通り」という二つの小路があり、ハイカラ通りにはヤマタイチやいか家など比較的大人数が入れる居酒屋が、語らい通りには串金のようなカウンターのみの小さなお店が立ち並んでいます。
屋台一覧
1人か2人なら語らい通り、大勢ならハイカラ通りのお店がおすすめです。1品1ドリンクだけでも大歓迎とのこと。はしごを楽しむもよし、1軒にじっくり腰を据えるもよし。横丁内のお店なら、ほかのお店から出前を取ることもできます。
大門バル
大門横丁とその周辺の飲食店が参加して、1ドリンク&1フードを500円で提供する「大門バル」というイベントも年に数回行っています。毎回大人気のイベントなのでタイミングが合ったらぜひ参加してみてください。函館の夜をとことん楽しみましょう。

スマートポイント

庶民価格で気軽に利用できるお店ばかりです。飲み物1杯と1品で1,000円でお釣りがくるお店もあります。

函館らしいお店の他にも、ジンギスカン、アジア料理、ホルモン屋、カクテルバーなど多彩なジャンルがそろっています。店舗によって定休日や営業時間が異なりますのでご注意を。

冬や荒天時に備えて、全店舗でひざかけを用意。寒い時にはひと声かけるとすぐに用意してくれます。

ライターアイコン

ライターのオススメ

地元客や常連客が多く、函館の人の温かさに触れながら飲めるお店が集まっています。お店の人やほかのお客さんとの会話をぜひ楽しんでみてください。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン