ニセコ町有島地区にある「有島記念館」は、『カインの末裔』や『生まれ出づる悩み』など、北海道を舞台にした数々の文学作品を残した大正時代の作家・有島武郎の生涯や遺品や著作物を展示した施設。
有島武郎の世界
農地を無償で農民に分け与える「農場解放」という画期的な業績で、人々の心に謝恩の気持ちを強く抱かせた有島武郎の生涯がわかります。
有馬記念館
羊蹄山(ようていざん)のビュースポットとしても人気の高い「有島記念館」で、町の名士としていまも語り継がれる、有島武郎の世界にふれてみませんか?

有島の生涯や町のあゆみを数多く展示

札幌市内からニセコ方面に向かって車で約2時間でJRニセコ駅に到着。そこから5分ほどの場所にある「有島記念館」は、1978(昭和53)年、有島武郎生誕100年を記念して開館。駅のある市街地から記念館までの広大な土地の一帯は、かつて有島家が所有し、大きな農場を経営していました。
展示物
様々な道具
年間約1万人の観光客が訪れる記念館では、有島武郎の生涯や作品の数々、明治時代は国有未開地だった狩太(かりぶと)村(現ニセコ町)開墾の歴史などを紹介しています。開拓当時に使われていた農機具を見ていると、厳しい自然環境のなかで、大変な苦労を重ねたことが伝わってくるようです。

農民たちの感謝の気持ちが記念館に

1878(明治11)年、東京都で生まれた有島武郎は、学習院中等科を卒業後、札幌農学校(北海道大学の前身)へ進学。その頃から延べ十数年間を、北海道の地で過ごし、同人誌「白樺」に作品を発表しはじめました。
同人誌「白樺」
有島武郎の本
有島武郎は、父から受け継いだ広大な農場の共同所有・運営を前提に、無償で農民に与える「農場解放」を実施。。農民たちは、その恩に報いるため、大切に保管していた旧有島農場の資料を継承し、いまの記念館が建てられました。
数々のモノクロ写真
資料や写真の展示
農地を与えられた喜びや、有島の優しさを形にしたような記念館。展示されている資料や写真パネルは、有島家の人々が多く写しだされていて、恩義の深さを感じることができますよ。

ブックカフェでくつろぎながら有島文学に浸る

館内には、ミュージアムショップ、羊蹄山を一望できるブックカフェが併設。木のぬくもりにあふれ、開放的で居心地のよい空間でホッとひと息できます。
ブックカフェ
広い店内
メニュー表
ブックカフェでは、有島の小説の題名がついた3種類の自家焙煎コーヒーもあって、どんな味わいなのか、ちょっとわくわくしますよ。また、講堂では、町のあゆみや有島の足跡を映像で見ることもできます。時間に余裕のある人は、ここで有島文学にたっぷりと浸ってみるのもいいですね。
有島の歩みが見られる映像スペース

旧有島農場周辺は文学・歴史の散歩道

施設周辺には、「旧有島農場」や農場の解放を宣言する歴史的な場所になった「弥照(いやてる)神社」、焼失した初代有島記念館の代替施設だった「有島謝恩会館」などが点在する「文学・歴史の散歩道」があります。
看板
小説「親子」の一説に登場する「親子の坂」や、絶滅の危惧に瀕した魚「イトウ」を保護するためにできた「有島ポンド」など、羊蹄山やアンヌプリ連峰を眺めながら歩くコース。
有島ポンド
有島記念館外観
コースの全長は約10㎞。すべて歩くと約3時間20分ほどかかりますが、記念館の周辺だけでも十分に散策を楽しめます。時代を越え、名作の舞台になった場所を探しに行く旅はいかがでしょうか。
記念館周辺

提供写真:有島記念館

スマートポイント

JRニセコ駅からタクシーで5分。徒歩でも行けますが約30分かかります。事前申し込みで「にこっとバス」を使っても有島記念館まで行けます(問い合わせ ニセコバス0136-43-2200)

ニセコの加盟温泉施設に入浴できる冬に人気の「ニセコ湯めぐりパス」(1冊2,160円)を使えば、記念館もシール1枚で入館できます。(問い合わせニセコ観光協会0136-43-2051)

施設内に、周辺の見どころがよくわかる「地域遺産マップ」を設置。散策をしてみたい人は手にとってみて。

ライターアイコン

ライターのオススメ

「有島記念館」の美しい建物や四季折々に表情を変える庭園は、絶好のフォトポイント。羊蹄山を背景に、いろいろな角度で撮影をしたくなりますよ。

Writer : 上坂 由香

執筆記事一覧>>

5年に1度くらいしか風邪をひかない体質を自慢していたら、普通に歩いていただけで膝の半月板を故障。足腰の弱まりを痛感している今日この頃。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン