網走国定公園内、網走湖畔にその姿を見せているホテル網走湖荘。もちろん、宿泊施設がメインとなりますが、こちらの日帰り入浴は網走市民にも親しまれ、午後1時の日帰り入浴開始時間を目指して訪れ、一番風呂を楽しむ市民も多いとか。旅の途中にひと汗ながす網走湖畔温泉は地元の方とのふれあいも期待できるかもしれません!
ホテル網走湖荘にある温泉

網走湖に浮かぶ温泉付竜宮城!?

網走駅からは美幌行バス、または女満別空港行バスで約10分、車なら7分ほど。そして女満別空港から網走行バスで約20分。まるで湖に浮かぶ竜宮城の様相を呈するホテル網走湖荘。日帰り入浴専用入口はホテル前を走る国道39号線から建物に向かって右側駐車場の途中付近にあります。
湖畔に浮かぶ温泉付きホテル

写真提供:ホテル網走湖荘

入口を入ると右手に入浴券等自動販売機があります。こちらでタオル等も購入できます。手ぶらでも安心です。
入浴券等自動販売機

リゾートホテルの雰囲気を味わえる設備が嬉しい!

大浴場は2階にあります。エレベーターを使用することもできますが、折角の温泉ホテルなので、館内のリッチな雰囲気を味わいながらゆっくりと歩いて浴場へ向かいましょう。
大浴場
右側は「彦星の湯」男湯です。左側が女湯の「織姫の湯」となっています。
織姫の湯脱衣所は派手さはありませんが、ドレッサーなどの設備にも気配りが感じられます。さらに昔懐かしいぶら下がり健康器や簡単なエクササイズマシンなども設置されています。入浴前にひと汗かいてみるのも良いかもしれません。
ドレッサー
健康器具
脱衣所には100円リターン式のコインロッカーも完備されているので100円玉を用意していきましょう!
100円リターン式コインロッカー

手足を伸ばして至福の時を広々浴槽で

宿泊客以外にも日帰り温泉を楽しむ人が多く訪れる網走湖荘の温泉。内湯は、広々としてなみなみと温泉が注がれる大きな浴槽が一つと、二つの浴槽があり、その他にサウナや水風呂もあります。
内湯

写真提供:ホテル網走湖荘

温泉が注がれる浴槽
ゆったりと配置された内湯浴槽の脇には漂う湯気に身をまかせながら腰かけて休めるスペースもあります。
織姫の湯には「美人誕生洞」と銘打ったサウナが。温泉に入ってサウナに入って。お風呂から上がった後の鏡に映る自分の姿が楽しみですね! 美人の方はさらに美人に、そうでない方もきっとそれなりに…。なお、効果には個人差があるようです…。
サウナ

樹木に囲まれた四季を感じる露天風呂

四季を感じさせていくれる露天風呂
露天風呂を囲む樹木の移ろいが、四季を感じさせてくる露天風呂。岩や木が程よく配置されたあずまや風の屋根もあり、雨や雪の日でも快適に楽しめます。また、お天気の良い日の夜には浴槽から少し身を乗り出して空を見上げると満天の星空を楽しむことができるかも。
あずまや風の屋根もある露天風呂

写真提供:ホテル網走湖荘

入浴後には日帰り入浴専用入口脇にあるテーブル付の椅子や和風テイストな畳の腰掛もあり、入浴後のリラックスタイムに利用したいですね。
入浴後の休憩ルーム
和風テイストな腰掛
通年楽しめる博物館網走監獄やオホーツク流氷館見学、秋のサンゴ草。冬の流氷観光やワカサギ釣りなどのあとでも網走湖畔温泉を楽しんでみませんか。日帰りでもたっぷり楽しめますよ!

スマートポイント

市民にもこよなく愛されているこの温泉は、筋肉痛や関節痛、疲労回復などにも効果があるといわれています。しばし旅の疲れを癒すにはぴったりです。

日帰り入浴は宿泊客のチェックイン時間前である午後1時~午後3時がおすすめです。午後1時ころなら広いお風呂を貸し切りで入浴できるかも。

ホテル周辺は知る人ぞ知る道内屈指の水芭蕉群生地です。見ごろはGW頃。高原までいかずともその可憐な姿を楽しめます。

ライターアイコン

ライターのオススメ

春は水芭蕉、夏は水面に映える若葉、秋は紅葉、冬は結氷した氷上でのワカサギ釣り。一年を通じて楽しめる網走湖を堪能してください!

Writer : 大空北斗

執筆記事一覧>>

広大な北海道をビール片手に列車に揺られる。そんな汽車旅が至福の時です。車窓という名のスクリーンをお届けします。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン