サッポロファクトリー

全天候型で一日中楽しめる
商業施設サッポロファクトリー

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

札幌市中心部にあるサッポロファクトリーは、約150のラインナップを持つ複合商業施設。明治初期、サッポロビールの前身となる日本人が手掛けた国内初のビール工場跡に建てられました。地下から4階分まで吹き抜けになった全天候型のアトリウムでは、冬に飾られるジャンボクリスマスツリーが有名。通年イベントも多く行われるほか、ショッピングやグルメ、映画、クラフト制作体験など一日中楽しめるスポットです。

Point1

開拓使の時代をしのばせる煙突とレンガ館

地下鉄大通駅から東西線で一つ目の「バスセンター前」が、最寄り駅のサッポロファクトリー。サッポロビール園や大通公園などを循環するバスを利用するのも便利です。サッポロビールの前身である開拓使麦酒醸造所の面影は、サッポロファクトリーのシンボルとなる煙突や「レンガ館」に現在も残されています。レンガ館にある「開拓使麦酒醸造所」は見学無料。当時の味を再現したビールを250円で飲めるスポットもあります。

Point2

北海道クリエイターの逸品やグルメ、映画も

サッポロファクトリーは、明るい日差しが降り注ぐ巨大なアトリウムを囲むように、1条館~3条館、レンガ館、フロンティア館の建物が回遊通路で結ばれた造り。吹雪のような悪天候時も、快適にショッピングや食事、映画などが楽しめます。レンガ館では、アーティストやクラフト作家の作品を展示販売する「クリエイターズステージ」で、一つだけのお気に入りを手に入れるのも楽しみ。

Point3

ワクワクする製作体験やイベントも通年開催

バラエティーに富んだライブやイベントも開催しています。なかでも有名なのが、トドマツの木を使ったアトリウムのジャンボクリスマスツリー。盛大な点灯式は、クリスマスシーズンを告げる冬の風物詩にもなっているほどです。レンガ館のお店や教室では、とんぼ玉やジェルキャンドルなどの製作体験、フェルト小物作り、マグカップなどの陶芸体験も好評。サッポロファクトリーは、たくさんの思い出作りができる人気のスポットです。

[お車ご利用の場合]

車一般道利用  新千歳空港から55km 約90分、国道274号線 経由。

[公共交通機関ご利用の場合]

電車⇒新千歳空港駅~札幌駅 (1,590円、約40分)
札幌駅から徒歩3分
さっぽろ駅~地下鉄大通駅 (200円、約1分)
地下鉄大通駅~バスセンター前 (200円、約1分)
バスセンター前から徒歩3分   所要時間:52分

[タクシーご利用の場合]

1時間30分 
新千歳空港からの予想運賃:12,800円~16,400円(一般道利用の場合)

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン