赤れんがテラス

赤れんがテラスでのんびり
ワクワクとおいしいを満喫

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

札幌を代表する観光スポット・北海道庁旧本庁舎。2014年、駅前通りから旧庁舎へ続く北3条広場とともに誕生したのが赤れんがテラスです。オフィスと商業施設が一体となったビルは落ち着きと華やかさが同居する新しい空間。人気のカフェや、個性派雑貨店などが並ぶほか、赤れんがの庁舎を眺められる展望室や、開放的な公共スペースもありおしゃれな雰囲気の中で買い物やひと休みの時間を楽しめます。札幌駅と地下鉄大通駅を地下でつなぐチカホとも直結しているので、アクセスのよさは抜群。道庁を眺めながら、ステキな時間を過ごしませんか?

Point1

「都心の中庭」でほっと一息

赤れんがテラスのコンセプトは「札幌の中庭」。赤れんが敷きの並木道である北3条広場と趣を合わせるようにビル内にもレンガや木材などをふんだんに使い温かで居心地のよい雰囲気を作りだしています。1階から4階まで吹き抜けのアトリウムがあるほか全面ガラス張りのテラスからは日の光が差し込み「中庭」らしい解放感を味わうことも。夏には、北3条広場にオープンカフェが登場し、赤れんが庁舎を間近に感じながら、おしゃれなティータイムも過ごせます。

Point2

話題のグルメが一堂に

地下1階、地上5階の赤れんがテラスには、オフィスと商業施設が混在。飲食店や雑貨店など幅広い業種の27の店舗が軒を連ねており、地元民と観光客が共に過ごせる温かい空間になっています。注目したいのはやっぱりグルメ。札幌のみならず北海道で話題の店が集まっているためおいしいもの好きには見逃せません。人気の味をいろいろ楽しみたい欲張りさんにはバルテラスがオススメ。地元民御用達の名店6店舗のメニューを一か所で味わうことができ、お腹と心を満足させてくれます。

Point3

赤れんが庁舎を見渡す心地良い眺め

景色を満喫できる共用スペースが充実しているのも赤れんがテラスの特徴の一つです。全面ガラス張りのアトリウムテラスや回廊テラスからは札幌都心を見下ろせます。また、ギャラリーを併設する5階の展望スペースからは道庁赤れんが庁舎を眺めることも。前庭の木々からぴょこんと頭を出す道庁の姿は、地上から見上げるのとは、また違った味わい。チカホ直通とアクセスもよいので気軽に立ち寄るにも便利ですよ。道庁観光とセットでじっくり楽しむのもOK。多くの人に体感してほしい、札幌の新名所です。

[お車ご利用の場合]

車一般道利用 新千歳空港から44.1km 1時間10分、国道 36号線経由。
          
高速道路利用 新千歳空港駅から48.5 km 所要時間 59分 高速代金1300円
道央自動車道:千歳IC~北郷IC利用。
北郷IC降りてから国道274号線経由。

[公共交通機関ご利用の場合]

電車⇒新千歳空港駅(JR快速エアポート)~札幌駅(1070円、約37分)
札幌駅から徒歩5分 所要時間:45分

バス⇒新千歳空港~札幌駅前 北海道中央バス(1,030円、約70分)
札幌駅前から徒歩5分  所要時間:44分

[タクシーご利用の場合]

1時間30分
新千歳空港からの予想運賃:12,500円~16,000円(一般道利用の場合)

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン