ニセコマウンテンリゾートグラン ヒラフ

国内で海外旅行気分
ニセコのヒラフエリア

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

今や世界屈指のリゾート地「ニセコ」。夏はラフティングを中心とした大自然を満喫するさまざまなアクティビティを中心に多くの観光客で賑わいます。冬のヒラフは2000年代中盤頃からオーストラリアを中心とした外国人観光客が訪れるようになり、極上のパウダースノーを求め世界各国から毎年沢山の人が訪れます。ひと口に「ニセコ」と言ってもさまざまなエリアがありますが、その中で最も賑わいを見せるのがヒラフ。新しい宿泊施設や飲食店などが続々オープンし、今やその勢いに目が離せません。

Point1

ヒラフで最高のリゾートステイを

ヒラフの大きな特徴は「街全体」がリゾートエリアだということ。エリア内は数多くの宿泊施設、飲食店、ショップ、温泉が軒を連ねます。ヒラフでの宿泊はホテル、コテージはもちろんですが、コンドミニアムが豊富にあるのが特徴です。驚くような高級住宅での滞在は格別です。飲食店の数も豊富で、ニセコエリアのなかでも断トツのバリエーション!海外で食べるような大きなハンバーガーやピザ、イタリアン、フレンチ。蕎麦、うどん、お寿司や居酒屋などの和食系、カフェやバーなど。ヒラフでは型にとらわれない自由なリゾートステイを満喫できます。

Point2

大自然を満喫するグリーンシーズン

夏のニセコは大自然を満喫するためのアクティビティが豊富。定番はラフティング。大きなゴムボートを使って緑覆いしげる自然の川を下り、爽快感抜群です!他にも乗馬や釣り、トレッキング、ゴルフなど数え切れないほどの楽しみ方があります。そして、その拠点としてオススメなのがこのヒラフエリア。思う存分自然を満喫した後は、コンドミニアムやコテージでBBQをするのも良し、ホテルでゆっくりディナーも良し、温泉につかるも良し。ヒラフで過ごす休日は最高な時間が約束されています。

Point3

スノーシーズンはまるで海外!?

真っ白な世界に包まれる冬は夏とはまったくと言っていいほど雰囲気が変わるヒラフ。パウダースノーを求めて海外からたくさんの人が訪れます。すれ違う9割の人が外国人と言っても過言ではありません。お店のメニューや看板も英語ばかり!(もちろん日本語もあります)。どこに言っても英語が飛び交っているので気分はまるで海外旅行。スキーやスノーボードを持った人やウェア姿のままの人など沢山の人が街中を歩いている雰囲気には世界のスノーリゾートであることを実感します。

[1][4][5]提供写真:Niseko  Promotion Board
[2][3]提供写真:NAC niseko adventure centre

[お車ご利用の場合]

車一般道利用 新千歳空港から112 km 115分、国道276号線経由。
  

車高速道路利用車高速道路利用 新千歳空港から130km 所要時間120分
道央自動車道:新千歳空港IC~、高速白老IC利用。
白老IC降りてから道道86号線経由。

[公共交通機関ご利用の場合]

電車⇒新千歳空港駅(快速エアポート)~(乗換え)小樽駅(函館本線)~倶知安駅
倶知安駅からシャトルバス20分   所要時間:3時間10分(2,940円)   

バス⇒新千歳空港ターミナルバス停~ニセコマウンテンリゾートグランヒラフバス停 (約4,000円、約150分)(各社スキーバス)   
ニセコマウンテンリゾートグランヒラフバス停から徒歩2分   所要時間:2時間30分

[タクシーご利用の場合]

タクシー⇒3時間50分<br>  
新千歳空港からの予想運賃:32,300円~41,300円(一般道利用の場合)


新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン