層雲峡

3万年前にできた迫力の峡谷美
四季を通して楽しめる層雲峡

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

国立公園としては日本最大、「大雪山国立公園」内に位置している「層雲峡(そううんきょう)」。周囲は2,000m級の山々に囲まれ、川沿いに約24kmもつづく峡谷が美しい。四季によって、ガラリと表情を変える渓谷美を一目みようと、一年中たくさんの人が訪れる人気観光地となっています。また、北海道有数の温泉地でもあり、大小約15件の温泉宿が立ち並びます。旭川市から北見市をつなぐ国道39号線沿いに面しており、道央方面〜道北方面へ旅行の際には外せない観光スポットなのです。

Point1

美しい峡谷風景と日本一早い紅葉

層雲峡の代名詞でもある峡谷風景。その荒々しく切り立った景観は、いまから約3万年前、大雪山の噴火により形成されたもの。長い年月をかけ、草木が凝灰岩を覆い、なんとも美しい自然景観をつくり出しています。とくに秋は”日本一早い紅葉”が見られると有名で、麓では10月中旬頃から、温泉街からロープウェイやリフトに乗り「黒岳」へ向かうと、早くも9月から見ごろを迎えます。峡谷を取り巻く四季の美しさは、まさにグランドキャニオンならぬ”ホッカイドウキャニオン”と呼ぶにふさわしい場所なのです。

Point2

大迫力! 落差約100mの2本の滝

「層雲峡」の名前は、かつてこの地がアイヌ語で「ソウウンベツ(滝の多い川)」と呼ばれていたことに由来しています。現在でも大小いくつもの滝が流れているのですが、中でも見どころは「日本の滝百選」にも選ばれている「銀河の滝」と「流星の滝」。断崖絶壁から流れ落ちる落差約100mの滝は大迫力。国道39号線に入口案内の看板も立っているのでわかりやすく、駐車場も綺麗に整備されています。
また、駐車場背後にある斜面を登ると、「双爆台」と呼ばれる展望台があり、2つの滝を同時に眺めることもできるのです。

Point3

冬の一大イベント「氷瀑まつり」

層雲峡温泉はカナダの山岳リゾートをモデルに整備されており、欧米風のオシャレな雰囲気を醸し出している温泉街。その温泉街をベースに、冬〜春の長いスキーシーズンや、残雪を眺める夏の登山、日本一早い秋の紅葉、そしていよいよ冬になると一大イベントの「氷瀑まつり」の開催です。流れる滝は凍りつき「氷瀑」となり、7色の光が氷の建造物を照らし、幻想的な光景を作り出します。
もちろん宿では質の良い温泉にゆっくりと浸かりましょう。大雪山の麓「層雲峡」の大自然は懐が広いのです。

[1][3][5] 提供写真:層雲峡観光協会
[4] 提供写真:大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ

[お車ご利用の場合]

車一般道利用 旭川空港から72.9km 1時間25 分、道道39号線経由。

[公共交通機関ご利用の場合]

バス⇒旭川空港~旭川駅 旭川空港線 (620円、約35分)
旭川駅~層雲峡 層雲峡・上川線 (2,100円、約115約)
所要時間:2時間30分

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン