旭川平和通買物公園

全国初の歩行者天国!
旭川平和通買物公園

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

JR旭川駅前から、約1キロにわたって続くメインストリート、平和通買物公園(通称・買物公園)は、1972年に誕生した全国初の常設歩行者天国です。この道は戦前、陸軍の第7師団に通じるため「師団通」と呼ばれていましたが、戦後、平和への願いを込めて「平和通」と改名されました。現在は、デパートや飲食店、商店がズラリと並び、市民や観光客でにぎわいます。また、彫刻のまち旭川らしく通りのあちこちに彫刻があり、毎年2月には「氷彫刻世界大会」も開催。四季を通して楽しめる買物公園は、旭川での買い物はもちろん、お散歩コースにもぴったりのスポットです。

Point1

個性的なお店がズラリ120軒

買物公園には、現在、約120の店舗があります。歴史を感じる店からオープンしたての店まで、いろいろな顔が並び、ぶらぶら歩くだけでも楽しい時間を過ごせます。たとえば、歩行者天国になる以前からある「おもちゃのたもちゃん」は、創業から約70年、ご主人が一代で築いた名物店です。店の外までおもちゃがあふれ、全国のファンが掘り出し物を求めてやってきます。あなたもぜひ、お気に入りの1軒を見つけてみませんか。

Point2

彫刻にも季節が感じられます

旭川市内には、たくさんの野外彫刻がありますが、買物公園にも6つの彫刻が設置されています。どの彫刻も歩行者天国にさりげなく馴染み、市民に愛されていることがわかります。その証拠に、冬になると「サキソフォン吹きと猫」という彫刻のおじさんの首に、かわいいマフラーが巻いてあったり、すぐ隣に雪だるまが置かれていたり…。彫刻のまちの、冬ならではの景色です。

Point3

氷の彫刻は、光輝く夜もオススメ

毎年2月上旬、「旭川冬まつり」と同時開催の「氷彫刻世界大会」は、買物公園が会場。このイベントは、氷彫刻の大会として、国内でただ一つの公式世界大会です。個人戦と団体戦があり、世界各地から職人たちがやってきて、技を競い合います。前半3日間はその製作風景を見ることができ、後半3日間はそのまま作品を展示。繊細な氷細工は、息をのむほどの美しさです。日光があたる昼間もキレイですが、ライトアップされる夜間も見応えがあります。

[お車ご利用の場合]

旭川空港から16.4 km 所要時間35分、道道294号線経由。

[公共交通機関ご利用の場合]

バス⇒旭川空港(空港連絡バス)~旭川駅前(620円、約40分)

[タクシーご利用の場合]

40分 
旭川空港からの予想運賃:4,800円~6,100 円(一般道利用の場合)

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン