旧相馬邸

明治期の函館の面影を残す
趣深い豪邸・旧相馬邸

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

旧相馬邸は、元町公園のほど近くにある、ひときわ壮麗な豪邸。この和洋折衷の函館らしい邸宅を建てたのは、函館屈指の豪商といわれる相馬哲平です。和室と洋室が入り混じった邸内は、欄間に床、家具やトイレの便器に至るまで、贅を凝らした造りになっていて、思わずため息がもれるほど。さらに、2階の窓からは、函館湾が見渡せる絶景が楽しめます。豪華な邸宅を観覧しながら、相馬家の功績も学んで、函館の歴史に触れてみよう。

Point1

和洋折衷の邸宅は堂々とした佇まい

旧相馬邸は、1908(明治41)年に相馬家の初代当主・相馬哲平が建てた和洋折衷様式の木造建築です。瓦葺きの屋根や正面玄関など和を感じさせるしつらえと、内装も外壁も洋風に造られた部分が融合して、函館らしく異国情緒漂う雰囲気。洋風外壁の窓枠や柱には細やかな彫刻が施され、細部にまでこだわって造られたことが伝わってきます。庭も含めて敷地は約570坪。すみずみまで贅を極めた建物は、どこを見ても感嘆のため息がもれるほどです。

Point2

職人の技が随所に光る優美な造り

邸宅に入ると、内部はさらに贅を尽くした造り。黒檀や紫檀、杉など建材が一級品なだけでなく、欄間や寄木の床など、あらゆる細工に職人の緻密な技も感じられます。ほかにも、さまざまな形をした釘隠しや大きな一枚ガラスなど、細かなところまで見どころがいっぱい。忘れてはいけないのが、美しい庭と海を見下ろす窓からの絶景です。どこをとっても隙のない優雅さに、戦前に活躍した豪商の桁違いのスケールを感じてしまいます。

Point3

相馬哲平は北海道有数の豪商

豪華絢爛な邸宅を建てた相馬哲平は、江戸末期、商人で成功することを誓って函館に上陸。幕末の混乱期に、米穀商をはじめて富を得ると、金融業へと商売を移して、一代で北海道屈指の豪商になりました。晩年、手にした財産を公共事業に投じ、函館の発展にも貢献しました。邸内のパネルなどでは、相馬家の功績も学べます。隣接する土蔵ギャラリーで北海道や函館の歴史資料を目にしたり、邸内のカフェでほっとひと息つくのもいいですね。

[タクシーご利用の場合]

20分
函館空港からの予想運賃:3,000円~3,800円(一般道利用の場合)

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン