金森赤レンガ倉庫

絶対寄りたい金森赤レンガ倉庫
歴史ある港町の風情を感じよう

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

ベイエリアに位置する金森赤レンガ倉庫は、函館を訪れたなら、絶対に外せない観光名所です。函館湾に面して並ぶレンガ造りの倉庫は、明治期に建てられたもの。時代を経た落ち着きと温かみのある建物は、港町として発展してきた函館の歴史を感じさせてくれます。倉庫群と海の景色は格好の記念撮影スポット。倉庫内は、カフェやレストラン、地元の洋菓子店、土産物店などが50軒ほども並び、さまざまな楽しみ方ができますよ。

Point1

海に面して並ぶ情緒あふれる倉庫群

函館のランドマークともいえる金森赤レンガ倉庫。レンガの倉庫群が並ぶベイエリアの様子は、港町の風情たっぷり。この雰囲気を味わいに、年間約120万人の人が訪れます。その数は、函館観光に来る観光客の約6割を占めるという人気ぶり。クルーザーや、かつて青函連絡船として活躍した摩周丸が浮かぶ景色も情緒にあふれ、どこをとっても記念撮影にはぴったりの風景です。ライトアップされた夜の倉庫もロマンチック。とくに毎年12月に行われるクリスマスファンタジーの期間は、ベイエリアで幻想的なイルミネーションを楽しむことができます。

Point2

食べて、買って、遊べる多彩な店

倉庫内にも楽しめるスポットがいろいろ。一帯は、大きく四つのエリアに分けられていて、特徴も異なります。運河をまたぐエリアは「BAYはこだて」。雑貨店やギャラリーがあるほか、渡り廊下から運河が見渡せます。「金森洋物館」はセレクトショップやカフェなど20を超える店舗に加え、サンタの消印付きの手紙が送れる郵便局も。飲食店が中心の「函館ヒストリープラザ」には、ベンチでのんびりできるスペースを用意。「金森ホール」は、イベントや結婚式などを催す会場になります。

Point3

函館の歴史を語るレトロな倉庫群

金森赤レンガ倉庫の建物は、明治時代に函館の豪商・渡邉熊四郎が建てたもの。金森洋物店を立ち上げ、輸入雑貨や船の道具などを商って財をなした熊四郎は、1887(明治20)年、港で倉庫業をはじめました。一度は大火によって消失した倉庫ですが、1990(明治42)年に再建され、100年以上たったいま、お洒落な商業施設として活躍しています。倉庫に描かれた「曲尺」に「森」のマークは、金森洋物店の商標。まっすぐな曲尺は、商売に駆け引きは不要という熊四郎の信念を表しているといわれています。ショッピングや食事を楽しみながら、建物に刻まれた函館の歴史も感じられるオススメスポットです。

[お車ご利用の場合]

車一般道利用  函館空港から9.5km 約25分、国道278号線経由。

[公共交通機関ご利用の場合]

バス⇒函館空港バス停~函館国際ホテルバス停(410分、約9分)
函館国際ホテルより徒歩約8分
所要時間:17分

電車⇒函館空港バス停~函館駅前バス停(410円、約20分)
函館駅(函館市電2系統 谷地頭行)~十字街駅(210円、約5分)
十字街駅から徒歩約5分
所要時間:30分

[タクシーご利用の場合]

20分 
函館空港からの予想運賃:2,900円~ 3,500円(一般道利用の場合)

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン