皆さんは、飛行機の中でもぐっすりと眠れる方ですか?
「うまく眠れない」という悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
旅先で最大限に楽しむために、飛行機では体力温存!
あまり眠れず、到着してからホテルで眠ってしまい、
旅の一日を無駄にしてしまったなんてことがないように、
機内でぐっすり眠れる方法をご紹介します。
飛行機で快適に寝るために

事前に準備しておきたいこと

座席の指定

静かにゆっくり眠りたいという方は、窓側の席を選びましょう。
隣の座席の人がトイレに行くときに起こされる心配もなく、
また通路の人の往来を気にせず眠ることができます。

快適に過ごせる、眠れる席の選び方はこちらを参考にしてください。
「フライトを一層快適に。 混雑しない時間帯、座席は?」

2

服装

快適に眠るための服装
機内は気圧が低くなり、胃腸に溜まったガスが膨張するため、
ピッタリした服だと窮屈に感じることがあります。
そのため、できるだけ体を締めつけない、
ゆったりとした服装が良いでしょう。
ジャージのようなリラックスパンツがおすすめですが、
ジーンズなどのタイトなものは腰回りを締め付けて
血行不良に繋がる恐れもあるので要注意です。
また飛行機の中は冷房が強く感じることがあるので、
自分で温度調整ができるよう
1枚羽織るものを用意しておきましょう。
機内ではブランケットが用意されていますが、
それを借りても寒い席がありますので、
羽織るものがあると安心です。

前日の睡眠

人間には「体内リズム」というものがあります。
どれだけ睡眠に適した環境であっても昼間の時間には
熟睡できないのはそのためです。
そこで、体内リズムを前日から調整すると良いでしょう。
フライトの時間から逆算して前日の睡眠をコントロールすることを
オススメします。

あると便利な睡眠グッズ

アイマスク

アイマスク

機内が明るい時間帯には光に触れる量を抑え、
体内リズムを調整することができます。
消灯時間でも常時うっすらと明かりがついていたり、
機内販売サービスの往来があるので、落ち着かない場合は
アイマスクを使って自身で睡眠環境を整えることはとても重要です。

耳栓

耳栓

アイマスク同様、体内リズムを調整するのに効果的です。
雑音を防いで自身の世界に入り、心地良い眠りをキープすることができます。

音楽

耳栓をしても周囲の音が気になるという方は、
ヘッドホンやイヤホンで音楽を聴くのも有効的です。
歌詞がついた曲だと言葉を意識してしまいがちなので、
波の音やリラクゼーション系の楽曲がオススメです。

ブランケット

機内にブランケットが用意されていることを知らない方も多いです。
CAに頼めばブランケットを持ってきてくれます。
快眠の手助けとなるので気軽に利用しましょう。

枕/ネックピロー

ネックピロー
「ブランケットが用意されていることは
知っていたけど、枕もあることは知らなかった」
という方も多いと思います。
頭の下に置くも良し、腰の後ろに当てるも良し。
ただし、枕の数は限られていますので、
自分の首に合ったネックピローを
持参するのもオススメです。
空気を入れて膨らませるタイプのものは
コンパクトで持ち運びに便利です。

スリッパ

ずっと靴を履いたままでは足が締め付けられて
寝苦しいという方も少なくありません。
そこで機内でリラックスするためにも、スリッパを持ち込んで
履くと良いでしょう。

寝るときに試してみたいこと

座席の移動

原則は航空券に記名されている人以外が
勝手にその席に座席ることはできません。
なので、空席がある場合も勝手に移動するのはマナー違反です。
しかし、席に余裕のあるときは空いている座席に移動させてもらうことは
可能ですので、CAに「席を移動してもよいですか?」と尋ねてみましょう。

酔い止めを飲む

酔い止め薬には基本的にカフェインが含まれていて
眠くならないようになっていますが、
カフェイン含有量の少ないものを選んで飲むと、30分~1時間で眠くなります。

ストレッチで血流を良くする

ストレッチで安眠

手のひらをグーパーグーパーと開いたり
閉じたりする指先の運動や
足首をまわす運動など、
機内でも座ったままできるストレッチが
オススメです。
血流が良くなり、
快眠へと導かれるでしょう。

事前の計画や準備が快眠の決め手となります。
飛行機でぐっすり休み、到着後すぐに旅行をエンジョイできるよう、
カラダの準備も万全に!