全国的に厳しい暑さにみまわれる8月。1年を通して過ごしやすい気候の沖縄とはいえ、照りつける陽射しは本州とは比べものにならない強さです。一年でもっとも賑わいを見せる沖縄の夏。気温・服装・持ち物などなど、ストレスフリーで沖縄旅行を満喫できる情報をお届けします。
《 8月とにかく安く沖縄旅行に行きたい!お得なパッケージツアーはこちら 》
与那覇前浜ビーチ

旅行で気になる気候を徹底分析!8月の沖縄もこれで安心!

夏真っ盛りを迎える8月の沖縄の気温は、平均気温が28.7℃、平均水温が30℃です。暑さがますます厳しくなる季節ですが、沖縄にとっては観光のハイシーズン。1年を通して最もにぎわい、青い海と青い空を思う存分楽しめる季節です。
最低気温は26.6℃、最高気温は31.5℃と、7月より若干低め。これは台風の影響によるもので、平均降水量が240.5ミリと7月より約100mmも多いので、体感的には蒸し暑く感じるかもしれません。
意外にも最高気温が35℃を超える猛暑日は少なく、つねに海からの風が吹いているので、暑いながらも極端に暑すぎるということはないでしょう。
台風がこなければ天候も安定しているので、マリンレジャーが満喫できます。

・8月上旬の気温

平均気温は28.8℃、1日の最高気温は平均31.6℃、最低気温は26.6℃です。2016年8月1日の朝の気温は30.2℃、昼は29.0℃、夜は30.5℃でした。

・8月中旬の気温

平均気温は28.7℃、1日の最高気温は平均31.5℃、最低気温は26.6℃です。2016年の8月15日の朝の気温は29.5℃、昼の気温は32.3℃、夜の気温は30.0℃でした。

・8月下旬の気温

平均気温は28.6℃、1日の最高気温は平均31.4℃、最低気温は26.5℃です。2016年8月31日の朝の気温は28.3℃、昼の気温は29.6℃、夜の気温は28.8℃でした。

・紫外線

陽射しが強い8月は紫外線対策がかなり重要。薄曇りだからといって油断は禁物です。

・台風

8月に台風が沖縄に接近した平均数は、過去5年間で2.2個。上陸しなくても何らかの影響を受けています。残念ながら8月は、台風の影響は避けられないと考えておいた方がいいかもしれません。

気温に合った服装と持ち物!南国の夏もこれで完璧!

・観光中の服装と持ち物

気温が高い8月の服装は、Tシャツやノースリーブに短パンという軽装で大丈夫ですが、肌の露出が多いとまともに太陽の陽射しを浴びることになり、余計に暑く感じるかもしれません。日焼け止めクリームをぬった上に、風通しのよい長袖のシャツを羽織るのがポイントです。この羽織りものは、冷房が効きすぎた建物の中でも大活躍してくれるので、1枚あるととても便利です。
紫外線対策、日焼け対策としては、サングラスや帽子、日傘などが効果的。絶対に日焼けしたくない方は、効果の高い日焼け止めクリームを、まめにぬりかえるのがオススメです。汗をかいた時のために着替え用のTシャツや、タオルなどを準備しておくのもいいですね。
特に子ども連れでの旅行の方は、子どもの紫外線対策、熱中症対策もしっかりと!こまめな水分補給と塩分補給で真夏の沖縄旅行を楽しみましょう。

・海で遊ぶ時の服装と持ち物

8月の沖縄の海は、1年で最も海水温が高い月。どこのビーチも海遊びを楽しむ人であふれています。砂浜では沖縄県民がビーチパーティー(BBQ)を楽しむ姿が多く見られ、沖縄の夏を感じられます。
ここでも重要なのが紫外線対策!
日焼け止めクリーム、サングラスは必須アイテムです。水着の上からTシャツやラッシュガードを着用して、海水浴やマリンレジャーを楽しむのが理想的です。肌がひりひりして夜眠れないという悲しい結果にならないように、しっかり紫外線対策に取り組みましょう。
また、ギラギラの太陽に照らされた砂浜を素足で歩くのはとても危険です。足の裏が火傷するほど熱いので、サンダルやマリンシューズの準備もお忘れなく!
ちなみに、沖縄の陽射しの怖さを知るうちなーんちゅの海での服装は、長袖に半ズボン、半ズボンの下にはくるぶし辺りまであるスパッツを履き日焼け対策をしているんだとか。ぜひご参考に!
ラッシュガード

8月の沖縄は台風さえこなければ旅行するのにベストシーズン

マリンレジャーはもちろん、島の至るところで開催される夏祭りも楽しみの一つです。
沖縄の夏祭りは参加型が多いのが特徴。ただ見るだけじゃなく実際に参加すれば、より思い出深い沖縄旅行になりますよ。地元の方にとっては先祖を供養するお祭りもあります。マナーをしっかり守って楽しみましょう。

tonikaku