飛行機を予約するときに悩む座席クラス。
「ゆったりと飛行機に乗ってみたいけど、ファーストクラスは料金が高くて手が出ないな・・・」という人にオススメなのが、JALの「クラスJシート」です。

クラスJってなに?

クラスJとは、JAL国内線のファーストクラスと普通席の中間クラスの座席です。
JALの座席クラス
各クラスの座席比較

クラスJを普通席と比べると?

1.足が伸ばせる

シートピッチが普通席より約18cm広くなっています。
広めのシートピッチ
JALのクラスJ横から見たイメージ

2.気兼ねなく肘置きが使える

シート幅が3cm大きくなり、肘置きの幅が18cmと約3倍!
隣の人と肘置きの取り合いや譲り合いにならず、気兼ねなく使えます。

3.圧倒的なゆったり感

人間工学に基づいた体の負担を減らすオリジナルリクライニング方式を採用。
体に優しい構造になっています。
レッグレストとリクライニングを使うとさらにゆったりくつろげます。

サービス面の比較

1. 迅速なドリンクサービス

普通席より優先的に機内ドリンクが提供されます。

2. 機内ドリンクの種類が多い

普通席にはない月替わりジュースや日本茶も用意されています。

3. ドリンクのおかわりがしやすい

客室乗務員が空いたカップを下げる際におかわりを尋ねてくれます。
こちらから呼びおかわりを依頼する必要がありません。

4. クラスJ専用ブランケット

ブランケットがクラスJ専用のものになります。

5. マイルがたまる

クラスJを利用すると、区間マイルの10%が加算されます。

6. 着陸後スムーズに降りることができる

座席が普通席より前方に設置されているので、スムーズに降りることができます。

コスパの比較

気になるクラスJの料金ですが、ファーストクラスの場合は普通席料金のプラス8000円とすこし高めですが、クラスJはなんとプラス1000円!
座席の広さやサービスにも普通席と比べて大きな差があるので、コスパはかなり高め!
実際、クラスJは大変人気で、JALの国内線に乗るときはクラスJしか乗らないという人もいる程です。

普通席で予約をしていても当日クラスJの座席が空いていればプラス1000円で変更も可能なので、チェックイン機や受付カウンターで変更を確認してみましょう。

一方、ANAにはクラスJのような中間クラスの設定がなく、LCCの場合は座席クラスが統一されているため、ちょっぴり贅沢な飛行機の旅を楽しみたいときにはJALのクラスJが絶対オススメです。