2015年。錦糸のように続く時のフローで、また新たな年が始まりました。
私は、というと、JTRIPでの活動が始まりました。
ホームグラウンドに選んで早7年、「沖縄を好きになった」理由
という命題の元、改めて私と沖縄の有機的・必然的なよすがに、
想いを巡らせてみました。
沖縄のビーチ
皆さん、初夢見られましたか? 私は見たけど忘れました(笑)。
でも見続けてますよ、夢。常に。
これ「常夢」って呼んでます(初夢に対して)。
ということでテーマは「夢」。私の“夢”の物語は、
イマまさにココ沖縄の地で現在進行形、です。
フクギ並木
かつて。通奏低音のごとく染み付いていた、漠然とした違和感。
“ココではないどこか、イマではないいつか”という、根拠の無い否定。
ガキの頃、“ぜってーならねー”と豪語していた「リーマン」として、
大学卒業後約17年間生きてきた私のメンタルは、
果たしてそんなものだった。
泳ぐウミヘビ
“世界を歩く”若者だった。中2の夏、人生初の“世界”で
アメリカの田舎にホームステイ。多感なハイティーン時代には
カナダ留学、大学時代は欧州を散策し、社会に出てからはさらに、
NYで美術館巡り、アラスカでサーモンをフィッシュオン!
ヒマラヤトレッキングもなんのその。そんな私がいつしか辿り着いたのは、
(世界ではなく)沖縄だった。「ココか!」を直感。
転職を機に、2008年9月移住を決めた。
森にいるヤンバルクイナ
ところで。“表現者”であることを夢見ていた私は、
東京で13年の出版業界、沖縄でも4年半広告業界で、
編集、撮影、デザインなど表現の現場に携わり多くの仕事を
世に送り出して来た。3人兄弟の次男で、兄は芸術家、
弟も東京でアートセンターを主宰するなど、
それぞれ表現の世界に身を置いている。
が、沖縄に移住した私はといえば、あいかわらずリーマンで、
(出版物や広告媒体というプロダクツ以外では)具体的な、
そして自らの名による「作品」は残しておらず、
表現者と呼ぶには程遠し…。沖縄という“ココ”と出逢ってなお、
“イマではないいつか”という茫漠とした迷いが、ゆらめいていた。
海でボートを漕いでいる人
さて。沖縄に魅入られ過ぎて、世界が遠くなっていた私は、
ある時旅の達人M氏との出逢いをきっかけに、
世界への渇望がはたと蘇る。ベトナム縦断、台湾一周、
仕事ではグアム取材も呼び寄せた。そうだった。やはり世界は、
多様な価値観と、ワンダーなインスピレーションに満ちていた!
しかし。リーマンであるが故に“世界を歩く”のは容易でなし…。
そんな折、アートプロデューサーI氏と邂逅。
「自らの魂を開放せよ(喝!)」という、思いがけない
心のビンタを頂戴し、「イマだ!」と脱サラを決意。
遂に、フリーランスとして、自らの名で表現する道を選んだ。
山羊と木
かくして。「世界を歩く」+「表現者」という、2つの本質が調和。
それは、長い間模索していた“ココとイマ”の解でもあった。
現在私は「世界一周プロジェクト」を画策中。世界中のネタを、
「世界を歩く表現者・小川研」というフィルターを通し、
何かしら「作品」として世にアウトプットする構想だ。
表現者の本質とは、世界にコミットすることに他ならない。
私は大マジで信じている。
この計画が、世界の“ココではないどこか、イマではないいいつか”に迷う、誰かの夢のエッジに触れることを。
これが私の「常夢」である。
黄色の花
思うに、夢を語る際、大切なのはインスピレーションに
忠実であることです。己の本質に敏感に、常にイメージを抱き、
信じ続けること。そうした夢には、
ココ沖縄では大いなる力が働いてくれたりします(知らないうちに)。
私の場合、(もちろん最後にアクションするのは自分ですが)、
とりとめもなく断片的に散っていた様々なヒントを
ドンピシャな出逢いで紡いでくれ、奥底に眠る知られざる
ポテンシャルを引き出してもらいました。
そう。私にとって沖縄とはまさに、夢の叶う奇跡の島なのです。
さあ、今日もはりきって夢を見ようじゃないですか!
あ、昼寝じゃないですよ(笑)。
沖縄の海と空

J-TRIP沖縄ツアー

Writer : 小川研

執筆記事一覧>>

世界を歩きまくって醸成されたオンリーワンのフィルターを媒介し、沖縄情報を立体的に熱(苦し)く伝える。

あわせてよみたい記事
新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の沖縄定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 沖縄のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
沖縄ツアーを探す 沖縄フリープラン 沖縄ファミリープラン 沖縄カップルプラン