* *

おみやげおみやげ

SMART SPOT

パイプラインアンティークスで
大人のヴィンテージを楽しもう

「センスがいい服」って、どんなものでしょう?
ある人にとっては高価なハイブランドであったり、別の人とっては最新流行の服であったり。

いずれにせよ、どんな服であろうとその人らしい着こなしができていれば、センスがいいことになるのではないでしょうか?

オレンジの服
ビビッドなオレンジ色が目をひくこのワンピース。今から約40年前に作られたものです。アメリカの西海岸周辺で着られていたと思われるこの服は、はるばる海を越えて沖縄に到着。今は次に着てくれる人を待つ日々です。
貝殻の模様
遠目にはわかりにくいですが、この模様、何と貝殻。

このような細部まで遊び心満載の洋服。何と合わせればいいのか…と迷いそうですが心配ご無用。自由に、好き勝手に着てしまえばいい!と教えてくれるのが「パイプラインアンティークス」。自分らしく、センス良く着こなすためのヒントが見つかるお店なんです。

ライター : 仲濱淳

2016.12.23

まるで宝箱!おもしろくてかわいいヴィンテージが所狭しと並ぶ

ヴィンテージショップ「パイプラインアンティークス」は、店名通り、宜野湾市のパイプラインと呼ばれる道沿いにあるお店です。

店内

このお店では、1960年代~80年代の古着を中心に、バッグ、靴などの服飾品や、コップ、雑貨などの小物類まで幅広くそろうのが特徴。

店主:上田克子さん
「何屋さんっていうカテゴリーが特になくて。中途半端な店なんです(笑)」と笑うのは、店主の上田克子さん。
とはいえ、古着の種類はとても豊富。上田さんご本人も、とてもおしゃれに古着を着こなしています。

カラフルな古着
陳列された古着はどれもカラフル。一枚一枚めくって服を選ぶのは、まるで宝探しをしているよう。

1960~80年代のアメリカの古着がいっぱい!

鮮やかなマゼンタの服

これは、1960年代のアメリカのビンテージドレス。かなり鮮やかで派手な模様なので、なかなか着るのに勇気が必要だと上田さんに伝えると……「長すぎると思ったら、裾を切ってシャツのように着ればいいのよ。デニムに合わせてもいいかも」

なんと大胆な提案!しかし、そのようにアレンジを加えて、自分流に着こなすことこそ、古着の楽しみ方なんでしょう。

レモンイエローのドレス
レモンイエローが美しいドレス。これもやはり70年代ごろのアメリカのもの。手ごろな値段の市販のドレスは似たようなデザインや色のものが多いので、結婚式などで隣りの席の人と何となくドレスがかぶることも…。しかしこのドレスなら、きっと誰とも被らず、おしゃれに!

メンズ服も個性豊か

パイプラインアンティークスには女性ものだけでなく、男性の洋服も多くそろっています。中でも、Tシャツのラインナップは個性豊か。
イエスと書かれた服
こちらのTシャツは「イエス」という70年代を中心に活躍したイギリスのロックバンドTシャツ。ファン垂涎の一品だそうですが「女の子がオーバーサイズで着てもかわいいかも」と上田さん。要所要所で着こなしのアドバイスをくれるのがうれしいですね。

レーザージャケット
鹿の角でできたボタン
こちらは、かなり男っぽいレザージャケット。ボタンが鹿の角でできていたり、刺繍がほどこしてあったり、かなりこだわって作られているのがわかります。このような凝ったテイストのジャケットも、古着だからこそかなりリーズナブルに買うことができます。

映画女優のようなシューズがずらり

おしゃれは足もとから。ファッションの決め手となるのは、やはりシューズです。パイプラインアンティークスでは、非常にきれいな状態のヴィンテージシューズがたくさん見つかります。

カラフルな靴
カラフルな色使いが楽しいパンプス。かなり個性的な色使いですが、さまざまな色が使われているからこそ、意外とどんな色の服とでも相性がいいとのこと。デニムにも合いそうですね。

高級ブランドの黒い靴
フランスの高級ブランド「シャルル・ジョルダン」のビンテージシューズ。シックなブラックでヒールは低めなので、使い勝手がよさそう。クラシカルで上品なラインはヴィンテージならでは。

アメリカのサンダル
ヒールが特徴的なデザイン
ヒールが特徴的なこちらのサンダルはアメリカのもの。パーティー文化が根付くアメリカには、このように華やかなデザインの靴が多いそう。着こなしのアクセントになりそうなサンダルです。

雑貨類も豊富!

パイプラインアンティークスが扱うヴィンテージは、洋服だけではありません!雑貨類も豊富なんです。

綺麗な青色のポットとカップ
いまだに使えることはもちろんですが、インテリアとして飾っていても絵になりそう。
プロレスラー人形
いかにもアメリカンなプロレスラーの人形まであります!子どもより大人が喜びそうなオモチャですね。

流行に流されない。自分の好きなものを知っているのが大人

男女の洋服
「40歳過ぎて大人になったら、流行の服を追うのではなくて自分に本当に似合うものを見つけて、着ていてほしい」
と、上田さんはいいます。
若い頃はファストファッションで毎年変わる流行を追うのもまたよし。いろいろと冒険してこそ、大人になってようやく自分に似合う、自分らしい洋服を着こなせるようになるもの、と。

ここには、確かに個性的なアイテムが多いです。だからこそ、自分に似合うスタイルを知る大人であれば、うまく、スマートに着こなせるのでしょう。もちろん、ファッション冒険中の若い人も試す価値あり。

パイプラインアンティークスには、流行にとらわれない、自分流のおしゃれができるヒントがたくさん詰まっています。
外観

スマートポイント

  • お店の場所はパイプライン沿い、宜野湾市の「Jimmy's(ジミーズ)」というスーパーマーケットの裏手。車で行く際は、Jimmy'sを目的地にするとわかりやすい。
  • 服飾品は靴だけでなく、バッグやアクセサリーも豊富にそろう。どれもとても状態のよいヴィンテージ。
  • メンズ、レディースだけでなく、キッズの古着もそろうので、家族連れにもおすすめ。

おすすめポイント

探せば探すほどおもしろいものがどんどん出てくるお店。古着は一点ものなので、びびっとくるものを見つけたら即買いがおすすめ。1万円前後で買えるものが多いので、安心です。

仲濱淳

沖縄の観光誌とウェブマガジンで、ひたすら情報を
かき集めてきた感覚を駆使して、旅に即効で役立つネタをお届けします。

スポット詳細

ツアー検索

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索