宮古島発のフェアトレードショップ&カフェ、「おきなわ雑貨市場わとわと」に行ってみませんか?
旅先で見つけたお土産品があなたの日常に加わった時、それに触れるたびに宮古島の景色や人を思い出すに違いありません。
宮古島のパイナガマビーチ近くのおきなわ雑貨市場わとわなら、そんな出合いが待っているはず。
木の香りが心地良い店内に並べられた鮮やかな布小物や、雑貨や器、ガラス製品、どれも人の手が作り出す温かみと作り手達の思いに満ち溢れています。
宮古島発のフェアトレードショップ&カフェ、「おきなわ雑貨市場わとわと」外観
「わとわと」の意味は、「和と輪と」です。その意味の通り、宮古島から今、ヒトとモノがとつながり和となり、輪となって広がろうとしています。

島の灯火となるようなフェアトレードショップに集まる雑貨

木の扉を開けてすぐに迎えてくれるのが、色とりどりの琉球ガラスと、ぽってり厚みがある沖縄の焼物やちむん。中央のテーブルに並ぶのは、蔵元から直接買い付けてきた波佐見焼や有田焼の陶器達。
色とりどりの琉球ガラス
ぽってり厚みがある沖縄の焼物やちむん
正面の棚一面に並ぶのは、見ているだけで楽しくなるようなカラフルな布小物達。色鮮やかなバッグやポーチ、南国らしいお魚をモチーフにしたフェルトのマスコット、コースターや鍋敷きなど、どれも驚くほどのお手頃価格です。
実はこれらは宮古島の福祉作業所で制作されたものなのです。だからといって特別にコーナーを設けるわけでなく、すべてが同列に並べられています。
見ているだけで楽しくなるようなカラフルな布小物
障がいとともに生きる方々が手作りする商品も、沖縄の伝統工芸品も、すべてにひとしく光を当てているのが、おきなわ雑貨市場わとわとです。すべての作り手が明るい未来を感じられること目指して、おきなわ雑貨市場わとわとは、今年5月に誕生しました。

おきなわ雑貨市場わとわと誕生までのお話

実は、おきなわ雑貨市場わとわとは、障がい者支援を行う地元の福祉事業所の株式会社ビザライによって運営されています。
社長の勝連さん
株式会社ビザライは福祉事業を始めて3年目のまだまだ若い会社です。社長の勝連さんは福祉の勉強をしてきたわけでも、福祉関連の仕事をしていたわけでもありません。不動産会社の営業マンでした。
その職場で障がい者を雇用していた縁で支援学校を訪れた時に、彼らの未来は明るいのだろうか?そんな疑問に突き当たります。
月桃やアダン、島の素材を生かした石鹸や民芸品
勝連さんは、まず仕事があることが未来につながると考え、就労継続支援A型夢工房を設立。月桃やアダン、島の素材を生かした石鹸や民芸品を作ります。しかし、彼らの作るものは価格も安く、また障がい者が作ったものだから買う、そんな世の風潮に疑問を持ちます。もっと幸せを求めていい、もっと障碍者が真ん中に立っていい、そんな思いから、2年の構想期間を経て、おきなわ雑貨市場わとわとが生まれます。

買うことによって役立つということ

「福祉は日常にある。誰だって助けたいという気持ちがあってそれを共有していくことでつがれると」と、勝連さんはいいます。
それは、消費活動もそうだといいます。だけど、「同情では決して買ってほしくない」と勝連さんは続けました。だからこそ、クオリティを求め同列に並べ、だからこそ、障がい者にもわとわとに置きたいという目標が生まれ、今では石垣島や大阪の福祉施設からも質の高い商品が集まってきています。
可愛い窓
写真は、ライター砂川がおきなわ雑貨市場わとわとで買い物したもの達です。どれもかわくて、縫製も丁寧で、気が付いたらこんなにも買い込んでいました。お値段は、パッチワーク柄の布バッグは1,500円、ポーチは各800円、ジンベイザメのマスコットは300円、夢工房の定番商品の月桃石鹸は200円です。
ライター砂川がおきなわ雑貨市場わとわとで買い物したもの達
同情でも何でもなく、毎日をちょっとうれしくしてくれるような小物との出合いいにすっかり心は満たされているのです。

アイスクリームにかき氷、わとわとのカフェスペース

おきなわ雑貨市場は、店内にはカフェスペースもあり、地元でも人気のスポットです。
カフェスペース
黒糖やシママースのちんすこうバニラなど、沖縄テイスト溢れるフレーバーがそろったアイスクリームはテイクアウトもできます。キッチュで爽やかなのどごしのポッピンドリンクもドライブのお供に、近くのパイナガマビーチ やトゥリバービーチに足を伸ばすのもいいですね!
沖縄テイスト溢れるフレーバーがそろったアイスクリーム
ゆっくり店内でイートインなら、かき氷がおすすめです!定番の苺氷、ぜんざい、黒糖、シークワーサーの定番メニューはもちろん、スタッフさんが考案したトロピカルフルーツをふんだんに使ったかき氷がおいしい!トロピカルフルーツをふんだんに使ったかき氷
おきなわ雑貨市場わとわとで、お気に入りの雑貨や宮古島のお土産品を探すのも良し、アイスクリームやドリンクをテイクアウトしてビーチに行くも良し、どれも和と輪とがつながり広がる日々の始まりです!

スマートポイント

おきなわ雑貨市場わとわとの、アダンの葉の草履や月桃のコースターや枕などの天然素材を使用した民具も人気のお土産品です。島内の福祉施設で作られており、とても丁寧な作りになっています。

おきなわ雑貨市場わとわとは、国道390号線沿い、空港から車で約15分のアクセスです。パイナガマビーやトゥリバービーチも近く、立ち寄りやすい立地にあります。

マンゴーやパッションフルーツ、メロンなどトロピカルフルーツをふんだんに使った、わとわとオリジナルのかき氷はとても贅沢な逸品です。夏ならマンゴーかき氷をぜひ!

J-TRIP沖縄ツアー
ライターアイコン

ライターのオススメ

おきなわ雑貨市場わとわとに行くたびに、すっかり買い込んでしまう砂川です。贔屓目なしで満足の行く商品にきっと出合えますよ。

Writer : 砂川葉子

執筆記事一覧>>

岐阜県出身、宮古島諸島のどこかの小さな島に在住。農業と民宿業、島興し業と並行してライター業にも携わる。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の沖縄定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 沖縄のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
沖縄ツアーを探す 沖縄フリープラン 沖縄ファミリープラン 沖縄カップルプラン