ぬれちんすこう1
沖縄のお土産の定番といえば、ちんすこうですが、石垣島では人気急上昇中のちんすこうがあります。それが『ぬれちんすこう』です。

今回は販売店の石垣島特産品センター本店へおじゃましました。

ユーグレナモールの中央に位置する公設市場2Fにあります。
ぬれちんすこう2
ぬれちんすこう3
ぬれちんすこう4
*石垣島特産品センターは本店以外にも空港店があります。

独特の食感のちんすこう

ちんすこうといえば、硬くボソボソしているイメージが強く、沖縄の定番お土産であったとはいえ、その昔は苦手な人も多かったかと思います。ですが、最近のちんすこうはチョコチップが練りこまれていたり、塩ちんすこうであったり、進化したちんすこうが人気になっています。その中でも独特の食感を持ったちんすこうが登場しました!
ぬれちんすこう5

通常、約170度の温度で30分程オーブンで焼き上げる工程を、あえて低温でじっくり大事に焼き上げたという、このちんすこうは、生チョコならぬ生ちんすこうと言われ、この生タイプのちんすこうは、しっとりとした新食感のちんすこうに仕上がっています。

中でも、よりしっとり感が味わえる黒蜜をかけて食す「ぬれちんすこう」が人気で、石垣島新空港開港にともない、テレビで取り上げられ、一躍、人気急上昇!放送直後には石垣島特産品センターで1日600個売れた日もあるそうです。
ぬれちんすこう6

実食!!

実際に購入したものを家に持ち帰り食べてみます。低温でじっくり大事に焼き上げたというちんすこう、はたして普通のちんすこうといったいどのくらい違うものなのか
ぬれちんすこう7
波照間黒糖の黒蜜がついてます。
ぬれちんすこう8
ぬれちんすこう9
まずはそのまま一口
ぬれちんすこう10
やさしい甘みとしっとりとした食感。後からほんのりくる岩塩のマイルドな塩味が、相乗効果で甘みを引き出し、上品な甘みへと昇華させます。

次は黒蜜をかけていただきます。
ぬれちんすこう11
黒糖の風味香る黒蜜が、よりしっとりとした食感を与え、口の中で一体となり更なる旨味の次元へと導きます。

更にもう一口。
ぬれちんすこう12
あと引く美味しさです。

店員さんオススメの個性派土産たちを一挙公開!

他にもオススメのお土産を店員さんに聞いてみました。
ぬれちんすこう13

「バナナケーキ」

ぬれちんすこう14

「エンジェルブラウンケーキ」

ぬれちんすこう15
ぬれちんすこう16

「黒糖泡盛カステラ」

ぬれちんすこう17

「泡盛ゼリー」

ぬれちんすこう18

「ハブ油」

そして最後にプチエピソードを絡め紹介されたのがコチラ
ぬれちんすこう19
先島ハブの本皮「金運の皮」店員さん曰く、なんでもこの「金運の皮」を購入されたお客様から後日、「宝くじを買ったら当たった!」との電話がかかってきたとか。上手くまとめていただきました。

実際店内は豊富な商品ラインナップで、他にも気になる商品があちらこちらに。友人知人へのお土産以外にも、お気に入りの自分用お土産を見つけるのも楽しいかも。
ぬれちんすこう20
ぬれちんすこう21
むれちんすこう22

スマートポイント

石垣島特産品販売センターは空港店もありますが、やはり品揃えは本店のほうが充実しているとのこと。 確実にほしいお土産は本店で購入しておいたほうが無難でしょう。

お車でおこしの場合、蔵元駐車場がオススメです。ユーグレナモールに近いだけでなく、1時間100円と格安です。  http://4sq.com/b1JArd 

J-TRIP沖縄ツアー
ライターアイコン

ライターのオススメ

原田シェフのちんすこうは、ぬれちんすこうの他にも、生ちんすこう、紅芋ちんすこう、黒胡麻ちんすこうもあります。どれもしっとりとした食感が特徴です。是非いろいろ試してみてください。

Writer : takeshi yamakawa

執筆記事一覧>>

2014年移住、「石垣島Creative Flag」に選出されたのを機に「GREEN*OBSTACLE」なるものを立ち上げ、活動中。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の沖縄定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 沖縄のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
沖縄ツアーを探す 沖縄フリープラン 沖縄ファミリープラン 沖縄カップルプラン