沖縄本島から南西に約290kmに位置する離島の宮古島はエメラルドグリーンの美しい海に囲まれた島です。

夏になると様々なマリンスポーツを楽しむことができます。

今回はその中でも沖縄では宮古島でしか楽しむことができない神秘のパンプキン鍾乳洞探検ツアーへ参加してきました!
神秘のパンプキン鍾乳洞探検ツアー

プロに任せて安心・安全のツアーへ

宮古島の有名な景勝地「東平安名崎」を望む
スタート地点の保良泉(ボラガー)ビーチからは宮古島の有名な景勝地「東平安名崎」を望むことができます。

鍾乳洞のある洞窟へは潮の引いた海沿いを歩いて向かいます。

潮位の関係で行けない日や行けない時間帯があり、その判断は素人では難しいため、ツアーに参加するのが一般的です。

今回は宮古島でシーカヤックをはじめ、鍾乳洞ツアーを主催しているショップ、カヤックやまちゃんのオーナー山本さんにツアーガイドをお願いしました。

ツアースタート!道なき海を歩いて目的地へ!

水深20cmゆっくり歩く
この日はスタートした時間が最も潮が引く時間を過ぎていて海が満ちてきていたこともあり、水深20cmくらいあるところをゆっくりと歩いて向かいました。
水着、ラッシュガード以外はレンタル装備できる
ちなみに装備としては水着、ラッシュガード、ライフジャケット、マリンブーツが必要になり、水着、ラッシュガード以外はレンタルすることができます(ツアー代金に含まれます)。

いよいよ中へ!そこには驚きの景色が!

洞窟の入り口
しばらく歩くと洞窟の入り口へとたどり着きました。
入る際は一言「お邪魔させて頂きます」と唱えてから入る
洞窟内は昔から神聖な場所と言われている事もあり入る際は一言「お邪魔させて頂きます」と唱えてから入ります。

入り口付近は水深が深くなっており足が着かないので泳いで中に入ります。ライフジャケットを着けているので溺れる心配はありません。

そして中に入り、目の前に現れたのは大きな大きな丸い鍾乳石の数々!
かぼちゃのような大きな丸い鍾乳石の数々
まるでカボチャのような形をしているのでパンプキン鍾乳洞と呼ばれています。

このパンプキン型の鍾乳石の上からは止めどなく水が滝のように流れています。

この水は宮古島に降った雨が地中に浸透し琉球石灰岩の地層を通り、染み出てきたものです。
何年もの年月を経て形づくられたのが、この鍾乳石。
地中に浸透した雨水と石灰岩の成分が分離して何年もの年月を経て形づくられたのが、この鍾乳石。

鍾乳石を観察しながら奥へ進んで行きます

日の光が入らない洞窟内は真っ暗なので懐中電灯を持って奥へと進んで行きます。
段々畑のようになっている所
いくつも天井から垂れ下がっている鍾乳石
天井から地面までつながったもの
つららのようにいくつも天井から垂れ下がっている鍾乳石や天井から地面までつながったもの、段々畑のようになっている所もあります。

これらの鍾乳石は1年に約1mm程度しか成長しないと言われておりここまで大きな鍾乳石が出来上がるのには何百年もの年月が必要ということがわかります。

そんな自然の壮大さ、美しさを目の当たりにして感動と共に、これから先も大切に守って行かなければならないと思ったのでした。

見ての通り水が溜まっている穴があったり極端に天井が低くなっている所が数多くあります。

真っ暗な上、足場が悪く、非常に歩きづらくなっているので十分注意して歩くようにしましょう。

当たり前のことですが鍾乳石を折ったり持ち帰ったりすることのないようお願いします。

泥パックでお肌ツルツルに!?

しばらく進んで行くと行き止まりになりました。

その周辺をよく見てみると、そこに泥のような物が付着しています。
海泥(通称クチャ)化粧品として多く使われる
これは海泥(通称クチャ)と言い、化粧品として多く使われています。

このクチャをパックするとお肌がツルツルになるらしいとのことで早速試してみることに。
海泥(通称クチャ)でパック
効果には個人差があると思いますが、私自身の肌はツルツルになったような気がしました。なるかどうか、ぜひみなさんも確かめてみてくださいね!

気分は修行僧

先ほど進んできた方向と反対側を歩いて入り口へと戻るのですがその途中、他のどこよりも激しく水が流れ出ている所がありました。
雨が降ったあとは、ものすごい勢いで水が流れ出るところ
ガイドの山本さんはここを母の泉と呼んでいるそうで、雨が降ったあとは、ものすごい勢いで水が流れ出ているそうです。

まるで滝のようなので、滝業ならぬ鍾乳業をしてみました。
滝業ならぬ鍾乳業
山水のように凍てつくほど冷たくはありませんがそれなりに冷たかったので修行気分を味わえました。

最後はジャンプで海へ飛び込み

入り口にあった大きなパンプキン型の鍾乳石の上へと戻ってきました。
入り口にあった大きなパンプキン型の鍾乳石の上
最後はここからジャンプをして海へ飛び込みます。

飛び込みをするなんて何年振りでしょうか。

童心にかえった気分で楽しめるかと思いきや意外と高さがありドキドキしましたがここは勇気を振り絞ってジャーンプ!!
勇気を振り絞ってジャーンプ
ライフジャケットを着けていれば沈むことなく浮いてくるので安心です。

驚きと感動の連続でツアーが終了

洞窟から出たら、入った時と同じように一言「お邪魔しました」と言い、一礼をします。

来た時よりも潮が満ちて、水深が少し深くなっていたので帰りはシュノーケリングをしながら洞窟を後にしました。
洞窟を出たら「お邪魔しました」と言い一礼
これでツアーは終了です。

約2時間30分のツアーでしたが盛りだくさんの内容で、あっという間に時間が過ぎ、普段見る事ができない景色の数々は、どれも新鮮で驚きと感動の連続でした。

沖縄県内で鍾乳洞を見ることができる施設はいくつかありますがこの様に探検家になったような気分で楽しむことができるのは宮古島のここだけです。

この夏、貴重な体験をしにちょっと足を伸ばして離島の宮古島へ遊びに来てみませんか?

スマートポイント

観光スポットとしても人気のある東平安名崎を海から望むことができる

東平安名崎が近いのでツアー終わりに立ち寄ることができる

東平安名崎にある灯台は一般公開されており、上まで登ることができる。ただし、大人(中学生以上)に200円を基準とした寄付金が求められる。

J-TRIP沖縄ツアー
ライターアイコン

ライターのオススメ

海沿いを歩き、洞窟内に泳いで入り、探検家になった気分で楽しめるのは沖縄の数ある離島の中でも宮古島のここだけです。何年もかけて自然が作り出した造形美を目の前で見る事ができるのは貴重だと思います。

Writer : ほりかわくみ

執筆記事一覧>>

初めての訪問時に魅了され、そのまま宮古島に移住し十数年が経過。趣味の写真を活かし島の良さを最大限に伝える。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の沖縄定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 沖縄のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
沖縄ツアーを探す 沖縄フリープラン 沖縄ファミリープラン 沖縄カップルプラン