少しだけおしゃれをして、キラキラと光る海を眺めながら、ゆっくりとランチを楽しむ。誰もが憧れるリゾートホテルでの優雅な食事のひと時。
観光客だけではなく、地元久米島人も、そんな非日常体験を味わいに足を運んでいる、人気のリゾートホテルをご紹介します。

海カフェでクジラを探そう

今回お邪魔したリゾートホテルは、サイプレスリゾート久米島。
サイプレスリゾート久米島
サイプレスリゾート久米島外観
全室オーシャンビューで、久米島随一といわれるサンセットを部屋から見ることができる、とても人気の高いホテルです。
そのサイプレスリゾート久米島内にある海カフェが、「サイプレスカフェ」
サイプレスカフェ
大きな窓からは、ホテルのプールが見渡せ、その先に広がる青い海が、南国リゾート気分を盛り上げてくれます。
1~2月の時期は、この広い海のどこかで泳いでいるクジラを目撃することもあるそうです。
食事を楽しみながら、クジラやサンセットを鑑賞出来るのは、久米島のリゾートホテルの中で、サイプレスリゾート久米島だけ。とっておきの席を探してみませんか。

グランプリ受賞の車海老ドッグ

車海老の生産量が、日本一の久米島。サイプレスカフェのスタッフが胸を張ってオススメしているのが、2012年に島内のホテルや飲食店10店舗が参加し自慢の車海老ドッグを披露し競い合った「久米島車海老ドッグコンテスト」で、見事グランプリを受賞した車海老ドッグプレート1,300円(税サ込・珈琲又は紅茶付き)
車海老ドッグプレート
車海老ドッグ
運ばれた瞬間、「わぁぁー!」と、満面の笑みで歓声を上げてしまうことでしょう。
久米島の海洋深層水を使用したパンに、車海老2尾と車海老のすり身入りのフライがドーンとパンからはみ出て整列しています。カリカリの車海老は、もちろん頭からどうぞ。すり身のフライもプリプリとした歯ごたえで食べ応え十分、甘めのパンとの相性も抜群です。

そして、こちらもスタッフのオススメメニュー、ガーリックシュリンプ 1,800円(税サ込・珈琲又は紅茶付き)
ガーリックシュリンプ
サクサクの車海老を噛めば、ジュワーっとジューシーな車海老の旨味が口いっぱいに広がります。「まさに、幸せとはこのこと」思わず顔が緩みます。
車海老が7尾入っているこのひと皿。この幸せの感覚を贅沢にも7回味わうことができるんです。
ぜひ、久米島が誇る車海老料理をご賞味下さい。

パスタは、久米島そば

もう一つ、とっておきのメニューがこちら
あぐーミートパスタ(1,300円税サ込・季節のスープとサラダ・珈琲又は紅茶付き)
あぐーミートパスタ
沖縄県産あぐー豚の挽き肉を使用し、ピリッと少し辛みのあるオイル系パスタ。
パスタをイメージされた方は、きっと驚かれると思います。
このおしゃれなパスタ麺の正体は、実は久米島そば。ここでしか食べることのできない島グルメです。

お子様連れには、童子(わらばー)プレートもありますよ。オムライス・エビフライ・ハンバーグ・チキン・ポテト・スープ・デザートと子どもが大好きな食べ物が全部乗っている夢のようなプレートです。

キュンとなるスイーツの魅力

食事の後のお楽しみといえば、目でも楽しませてくれるスイーツ。
スイーツメニューの中でも一番人気がこちら。
ベリーベリーパンケーキ
ゆし豆腐のベリーベリーパンケーキ(1600円・税サ込)

見ているだけで、very very Happyな気分になれる、沖縄ならではの食材「ゆし豆腐」を混ぜ込んだパンケーキ。このゆし豆腐は、久米島の比屋定豆腐を使用、一般的なパンケーキよりもしっかりとした弾力のある生地になっています。パンケーキの上には、季節に合わせ数種類のフルーツが踊り、黒糖シロップがかかっている生クリームがたっぷりとトッピングされています。

子どもも楽しめるリゾートホテル

ホテルのレストランで提供する料理は、島食材が多く使われています。
サイプレスリゾート久米島の広い敷地内には、サイプレス農園と呼ばれる自家農園があり、無農薬野菜の栽培をしています。タイミングが合えば、収穫したばかりの自家製野菜を食べることができるかもしれません。
サイプレス農園看板
サイプレス農園
畑の近くには、家族連れに嬉しいミニ動物園のようなコーナーがありました。
子ども達が喜ぶかわいいヤギさん達にも会えますよ。こちらも探してみてくださいね。
ヤギさんに餌をあげる子供

スマートポイント

ホテル内の売店で人気の高いシークワーサー/サクナ/秋ウコン/の3種類から選べるホテルオリジナルのスペシャルドレッシング。上質で豊かな食と暮らしを提案しているサイプレスリゾート久米島。久米島産の素材を中心に、化学調味料・香辛料・保存料未使用の体にも優しいドレッシングは、朝食でも味わうことができます。大切な人へのお土産にいかがでしょうか。

サイプレスカフェの奥に併設されているのがrestaurant凪(なぎ)-Calmeカルム-とBar蛍。restaurant凪では、ディナータイムに、コース料理が食べられます。中でも、すべて久米島の食材を使用した「球美皇膳」(くみこうぜん)は、ホテルスタッフのイチオシ。又、女性に嬉しい洋風マクロビオティックと和風身土不二和膳の2種類から選べるマクロビメニュー(3日前までに予約)もあります。

シェフが腕によりをかけたオードブル3,240円(税込)~やお祝いケーキ2,500円(税込)~の注文も承っております。前日までにご予約ください。

J-TRIP沖縄ツアー
ライターアイコン

ライターのオススメ

夏季営業中、ホテル内で食事をされた方は無料でホテルの屋外プールを利用することも可能です。又、ガーデンでのバーベキューも期間限定でOPENするそう。オールシーズン楽しめるリゾートホテルです。

Writer : 糸数麻美

執筆記事一覧>>

東京出身。元旅行代理店カウンター勤務。島で唯一のベビーシッターが、魅力いっぱいの久米島をご案内します。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の沖縄定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 沖縄のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
沖縄ツアーを探す 沖縄フリープラン 沖縄ファミリープラン 沖縄カップルプラン