* *

グルメグルメ

SMART SPOT

[伊良部島]目の前が海!
ソラニワホテルアンドカフェ

沖縄の離島、宮古島の隣にある伊良部島。

2015年に宮古島と伊良部島を結ぶ
伊良部大橋が完成したことで
大変アクセスがしやすくなりました。

そんな伊良部島の海が見える好立地に
ソラニワホテルアンドカフェがあります。

伊良部大橋を渡り、突き当たりを左折。
海岸線をまっすぐ進むこと、車でおよそ3分。
ソラニワ看板
この白い2階建ての建物がソラニワホテルアンドカフェです。

店の大きな看板が出ているのと、周囲には何もないので
迷う事なく到着することができます。

島には海が眺められるカフェ、
通称「海カフェ」がいくつかありますが
その中でもソラニワホテルアンドカフェは
人気のお店の一つです。

ライター : ほりかわくみ

2016.06.19

どの席からも海が眺められる店内全てが特等席

店内に入ってすぐ、
まず目に飛び込んできたのがこの景色。
店内
大きな窓から見えたのは
青々と茂った芝と周囲を覆う木々の緑、
そして伊良部島の海を象徴する濃紺の水平線が
遮るものもなく、遠くまで一望することができます。
テラス席
海からの風を感じながら過ごせるテラス席は2席。
オープンしたらまっ先に埋まってしまう人気の席なので
ここに絶対座りたい!という人はオープン直後に
来店されるのをおすすめします。

そしてもうちょっと高い目線から海の景色を
楽しみたいという人におすすめなのが2階の席。
2階席
テーブル席
テーブル席が6席あり、ゆったりと座ることができます。

もちろんどの席からも外の景色が堪能できますが
やっぱり窓に一番近い席がおすすめです。

シンプルだけどおしゃれでとても落ち着きのある店内

1階にはテーブル席以外にもカウンター席があり
1人でも気軽に来店することができます。
カウンター席
5席ありますが、隣との距離もほど良くあり
狭さを感じることはありません。

背もたれとひざかけのある大きな椅子は
体を委ねることができ、ゆったりくつろぐことができます。
大きな本棚
後ろには壁一面に大きな本棚があり
沖縄に関する書籍や小説、文学書、写真集など
さまざまなジャンルの本があるので
料理が出てくるまでの時間も退屈することはありません。

メニューの目玉は宮古牛ハンバーグ

ランチの営業は11時半からで
15時までがフードの提供時間となっています。

フードメニューは5種類あり
そのうち三つはレギュラーメニューで
二つは週替わりで出されているとのこと。

その中でもソラニワホテルアンドカフェで
最も人気があるのが宮古牛のハンバーグ定食です。

「でき上がりの時間まで15分ほど時間がかかります」
とメニューに書かれたハンバーグは、
時間をかけてオーブンでじっくり焼いているという。

待っている間、ハンバーグの焼いている
香ばしい香りが店内に漂い食欲をそそります。
ハンバーグ
そして出てきたハンバーグをひと口食べてみると
とってもジューシーで中がふんわりしています。

一見、脂っこいかな?と思いましたが、そんなことはなく
お肉の旨味が詰まったおいしい肉汁に箸が止まりません!

またデミグラスソースが肉に良く合い
付け合わせの野菜との相性もばっちりです。

これ以外のフードメニューは
島で獲れた魚や島野菜を使ったものがありました。

二つの希望を満たしてくれる海カフェ

ちなみに15時以降はカフェタイムとなり
コーヒーや紅茶などのソフトドリンクをはじめ、
マンゴーを使ったスイーツやドリンクなども楽しめます。

この日、うかがったのはお昼の営業が始まったころでしたが
オープン前からすでに外で待っている人が何人かいました。

そしてオープンしてからもひっきりなしにお客さんが訪れ、
あっという間にテーブル席がいっぱいに。

それもそのはず。
やっぱり沖縄や南の島に来たのなら
美しい海の景色とともにおいしい料理を食べて満たされたい
という気持ちはみんな同じですからね。
広い芝生
そんな両方の希望を満たしてくれる
ソラニワホテルアンドカフェ。
料理
伊良部島に訪れたらぜひ立ち寄ってほしい
おすすめ海カフェのひとつです。

スマートポイント

  • フードメニューは+100円で大盛りにしてもらえます。
  • 人気店なので混雑を避けたい場合はオープンしてすぐの時間帯がおすすめ。
  • テラス席は2席しかなく、すぐに埋まってしまうのでテラス席がいい場合も早めの来店がおすすめ。

おすすめポイント

カフェの隣にオーシャンビューの宿泊施設を併設。この眺めをもっとじっくり堪能したいという人は、宿泊施設を利用してみてはいかがでしょうか。

ほりかわくみ

初めての訪問時に魅了され、そのまま宮古島に移住し十数年が経過。趣味の写真を活かし島の良さを最大限に伝える。

スポット詳細

ツアー検索

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索