* menu
閉じる

グルメグルメ

読谷で新鮮なお魚を食べるなら!
いまいゆ料理とおいしいお酒「はりゆん」へ

writer : 島袋景子

2016.09.22

「いまいゆ」とは、沖縄の方言で「とれたての新鮮なお魚」のこと。「沖縄のお魚はおいしいの!?」と、よく県外の友人達に聞かれます。沖縄のお魚は耳慣れない名前がついていたり、青やオレンジなど鮮やかな色をしていて、味が想像しづらいですし、沖縄料理にお魚のイメージもあまりないですよね。しかし!四方を海に囲まれた沖縄。実は!(よく考えてみれば当たり前のことですが…)豊富で新鮮な海産物が採れるのです。今回は、読谷村で、そんな「いまいゆ」とおいしいお酒を楽しめるお店を紹介します!
はりゆんのれん

きっと明日もはりゆんどー!

東京で和食の修行をした沖縄出身のオーナーシェフの管田勝之さんが5年前に沖縄本島西海岸に位置する読谷村にOPENした「はりゆん」は観光客だけでなく地元の人にも愛される人気店。お店の名前「はりゆん」には「どんな時も皆様の心が晴れやかでありますように。きっと明日もはりゆんどー!(晴れる)」という、食事でお客さんの心を晴れやかにしたいという想いが込められています。
沖縄本島を縦に貫く国道58号線の伊良皆交差点から少し入った所にあり、西海岸のドライブ途中、観光客でも立ち寄りやすい場所にあります。入口ではシーサーがお出迎え。
外観

いち押しは、漁港直送の鮮魚料理!

お店のいち押しは、近郊で採れた新鮮なお魚料理。毎朝、お店近くの都屋漁港や提携している海人から直接仕入れるお魚は鮮度抜群です。時期や天候によって仕入れられるお魚も変わってくるので、その日の仕入れに合わせて毎日おススメメニューが替わります。
カウンター席
鮮魚料理やお酒に合うお料理はもちろん、定番の沖縄料理やお寿司、デザートもあり品数豊富です。沖縄そばやフライ定食、メイン料理が選べる「はりゆんの晩御飯セット」(メイン料理1品+ごはん+あら汁+おしんこ+もずく酢+プチデザート+ソフトドリンク)などもあるので、お食事をしっかり楽しみたい人にもおススメです。お酒も泡盛だけでなく、日本酒や焼酎、オリジナルカクテルも豊富にそろっているので、吞兵衛さんも満足すること間違いなし。

刺身は厚く、贅沢に!

魚料理
今回いただいたのは、お刺身の盛り合わせとアーサのてんぷらとゴーヤーチャンプルー。お刺身の盛り合わせは、その日のおススメが5種類盛られてきます。新鮮でプリプリ!そして、贅沢な厚切がとってもうれしい!
お刺身盛り合わせ
新鮮な刺身
アーサのてんぷらもサックサクで口の中に磯の香が広がります。
アーサーのてんぷら
ゴーヤチャンプルーも、地元で採れたゴーヤと地元のお豆腐屋さんのお豆腐を使ったこだわりの一品です。
ゴーヤチャンプルー
お野菜やその他の食材もできるだけ地元の食材を使っているという「はりゆん」。
近くの農家さんが「これ使って~!」と、食材を持ってきてくれたり、海人から魚についての専門的なことを教えてもらったりと、生産者との直接のつながりから学ぶこと、得ることも多いとのこと。
地元に愛されている様子が伝わってきました。

太っ腹ランチも魅力的!

お品書き
お店の人気のもう一つの理由が、太っ腹のランチメニュー。1日5食限定のちらし寿司セットはもずく酢と味噌汁がついて、なんと500円!
海鮮丼や天丼などの丼メニューには日本そば(小)やもずく酢、本日の小鉢がついて1,000円以内で食べられます。日本そばのお出汁は、和食出身のオーナーシェフの管田さんが、都屋漁港から仕入れたミジュン(鰯)から出汁をとるこだわり様です。
ランチメニューは17時までオーダーOKとのこと。旅行中、いろいろと回って気が付けばランチ時間を過ぎていて、ランチ難民…!という時も「はりゆん」なら夕方までお得でおいしいランチがいただけます。

昼間から飲みたい人、歓迎!でも、代行は18時からです。

ご案内
お店に張られていたポスターに書かれた「代行は18時からです」の文(笑)と「オリオンドラフト生 250円 2時~6時」の案内。そう、ここはりゆんは、ランチタイムとディナータイムの間の休憩時間がなく、お昼間から飲めてしまうのです!しかも、生ビール1杯250円というお得な価格設定…。たまには、昼間から飲むのもいいですよね!(でも、代行は18時からなので、ドライバーの確保をお忘れなく)
店内

写真=内間直子 Photos:Naoko Uchima

スマートポイント

  • 海や天気の状況で仕入れられるお魚が変わってきます。お目当てのお魚が食べられるかは、運次第!?
  • 「カーエー」に「ヤマトビー」…?メニューに書かれた魚の名前がわからなかったら店員さんに聞いてみて。親切に教えてくれます。
  • 広々とした個室があります。前もって予約すれば個室も利用可能です。

ライターのおすすめ

今はやりの千ベロプラン(ドリンク3杯+料理1品)を発見。近くに住んでいたら通ってしまいそうです…

島袋景子

ウチナンチュもナイチャーも観光客も、沖縄には“笑顔”が溢れている。そんな“笑顔”に出会える情報をお届けします。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索