* *

グルメグルメ

SMART SPOT

青空の下で森林浴できる散策路
「畑まち」のカフェ・レストラン

糸満市の観光地・沖縄県営平和祈念公園から1km先にある、八重瀬町の『「畑まち」のカフェ・レストラン』は、大きなガジュマルの木と亜熱帯植物に囲まれた約3500坪の広い敷地内にあります。

ライター : miya-nee(みやねえ)

2017.02.23

看板を間違えると、パーラーにたどり着く

大きなガジュマルの木
駐車場に到着すると、目の前には大きなガジュマルの木。レストランらしき建物が見えず、よく見ると目立つ看板があります。
畑まちのパーラー看板
看板には「畑まちのパーラー」との文字。カフェだと思って来たけれど、パーラーなのかなと思って歩くこと15秒。
広い屋根付きテラス席のあるパーラー
広い屋根付きテラス席のあるパーラーにたどり着きます。
建物入り口のメニュー
建物入り口のメニューを見ると、沖縄ぜんざいをメインに数種類のかき氷があり、特に650円の「黒糖アイスのミルクぜんざい」が気になります。

しかし、私がお目当てにしてきたランチメニューがありません。パーラーの店長さんに確認すると、「レストランはもう少し先ですよ。笑」と教えてくれました。

ガジュマルの木に囲まれた3500坪の敷地

斬新にクロスした木々
斬新にクロスした木々をくぐり抜けて再び散策路を歩き出すと、徒歩60秒ほどで「畑まち」のカフェ・レストランにたどり着きます。が、しかし……
ジャングルのようでいて整然と手入れされた庭
散策路の途中、罠が待ち構えていました。ジャングルのようでいて整然と手入れされた庭は、あちこちに茂る木が気になって目に止まり、ついでに足も止まってなかなかレストランまでたどり着けません。
休憩所
楽しい気分にさせてくれる休憩所は、沖縄の森林浴ができる公園のよう。高級そうな陶器の休憩席もあり、木漏れ日の中で優雅に読書したい気分になります。

小さな子ども連れならば、レストランへとたどり着く前に子ども達が散策路で遊び始める危険地帯にもなりそうです。
レストランの建物
レストランの建物が見えてくると、近づくにつれてあることに気づきました。それは、レストランの目の前にも駐車場があったこと。
レストラン真横の駐車場
レストラン真横の駐車場を利用すれば、間違ってパーラーにたどり着くこともなければ、散策路を歩く必要もなかったのです。

もしかすると、散策路の存在にすら気づかない可能性があります。つまり、小さな子ども連れの方は、こちらの駐車場をご利用いただくと、いろんな意味で安心です。

「畑まち」のカフェ・レストランの店内へ!

カフェ・レストランの入り口
カフェ・レストランの入り口で、お目当てのランチメニューを発見しました。一気に気分が高揚して食欲がわいてきます。
販売されているパン
店内に入ると、入り口のレジでパンを販売しているではありませんか。ランチで提供しているパンはすべて自家製パンとの情報を入手しました。こ、これは期待大!
店内
店内はわりと広く、しかし席の間隔を広めに取っているため、席数は約40席とやや少なめ。窓越しに外の景色が見えるので、窓側席は人気のようです。

実はこのレストラン。隣接する高齢者向け住宅・デイサービスセンター「花庭(カナァー)」を運営する社会福祉法人「転生会」が経営しているため、入り口や店内に段差がなく、トイレもバリアフリーに対応しています。
席の間隔を広めに取った店内
車椅子でも利用できるようにと、席の間隔を広めに取り、ベビーカーの持ち込みも可能。外の散策路も駐車場からレストランまでまったく段差がなく、道幅を広めに設計しているのも目的はバリアフリーだったのです。

「畑まち」のランチを実食!全メニューにドリンク付き

畑まちのランチ
ライスか自家製パンをチョイスして、ドリンク付きの「畑まちのランチ」は、お替わり自由のサラダとスープが付いて1,680円(税込)。ライスやパンもお替わり自由というから大食漢や子ども連れにはうれしいサービスです。
畑まちのランチのアップ
ワンプレートに盛りつけられた海老フライとヒレカツ、デミグラスソースの手作りハンバーグ、白身魚と野菜の甘酢炒め(中華風)。

手前の小鉢の「自家製もずくの佃煮」がやけにおいしく、軽めに盛られたライスをおかわりしたい衝動に駆られましたが、自分の食欲を何とか制して我慢、我慢。
自家製もずくの佃煮
なんでしたら、入り口のショーウィンドウに自家製焼き菓子と一緒に並んでいる瓶詰めの「自家製もずくの佃煮」を購入できます。
カレイとごろごろの野菜黒酢あんかけ
中華風の「カレイとごろごろの野菜黒酢あんかけ(1,280円税込)」は、野菜がごろごろしているだけでなく、カレイの骨まで若干ごろごろ。オシャレな中華ランチをコース気分で味わえます。
畑まちの野菜カレー
こちらもごろごろと野菜の彩り豊かな「畑まちの野菜カレー(800円税込)」は、少しスパイシーな味。

店長さん曰く、「うちは、カフェというよりもレストランのイメージ。パスタやパンケーキなどのしゃれたメニューがないのでね。笑」とのこと。

しかし今後は、ランチメニューをリニューアルする予定だとか。「カレイとごろごろの野菜黒酢あんかけ」や「畑まちの野菜カレー」などを食べられるのは、今のうちかもしれません。

スイーツセットは「プラス200円」で

スイーツセット
デザート3種盛りの「スイーツセット」はすべて自家製だそう。プラス200円で食べられるので、これは注文しない手はないでしょう。
休憩用のテラス席
カフェ・レストランの入り口には、休憩用のテラス席があり、食後にここでゆっくりくつろぐのも良さそうです。

社会福祉法人「転生会」の職員から募集して名付けられた店名の「畑まち」。花や緑に囲まれた自然とともにランチも満喫できる赤瓦屋根の「畑まち」のカフェ・レストランで、のんびりとくつろぎのひとときをお過ごしください。
「畑まち」のカフェ・レストラン外観

スマートポイント

  • 全メニューにコーヒー、または紅茶(アイス or ホット)のドリンク付き。ライス(or パン)はお替わり自由。スイーツセットはプラス200円です。
  • 自家製パンや自家製焼き菓子は、テイクアウト可能。
  • 週末の土・日曜日限定でディナーも営業中。

おすすめポイント

沖縄の花や木々の自然を堪能できる庭が見事な「畑まち」のカフェ・レストランは、ゆっくりと時間を取って訪れたい場所。平日でも混雑する時間帯があるため、要事前予約を!

miya-nee(みやねえ)

JTBの元ツアーコンダクター。現在はライターをはじめとして、Web講師、カメラマンなどと多岐にわたる仕事に取組む。

スポット詳細

ツアー検索

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索