* menu
閉じる

グルメグルメ

那覇のオフィス街でモーニング!
カフェのオハコルテベーカリー

writer : miya-nee(みやねえ)

2018.01.22

オハコルテメニュー
2016年6月にリニューアルした那覇市泉崎にある「オハコルテベーカリー」は、朝7時30分から営業するカフェ&ベーカリー。店内にベーカリーを構えて焼き立てのパンを提供している。

パンを主役にしたライフスタイルを提案するオハコルテベーカリー

外観
那覇市泉崎周辺のオフィス街には、週末に利用できるカフェがなかったため、週末でも朝食が食べられる店をと、カフェ&ベーカリーの営業をスタートした。

「デザインを通して暮らしと食を考え、DIYを通して広めて行く」ことをコンセプトに掲げ、ここ沖縄でパンを主役にしたライフスタイルを提供している。
店内
オハコルテベーカリーを運営するチューイチョーク株式会社が内装のデザイン・設計を手がけ、「10年経っても、かっこいいデザインや素材で」と味わいのあるナチュラルテイストに仕上がっている。

カフェ内にベーカリーを持つ、那覇市の「オハコルテベーカリー」

焼き立てパンが並ぶケース
ベーカリーでは焼き立ての手作りパンを提供している。いつでも焼き立てを食べてもらいたいからと、パンの種類は少しずつ変わっていくそうだ。
ブリオッシュクリーム
お総菜パン
ショーウィンドウ
デリやパンは、テイクアウト可能。ドリンクとパンを購入すれば、イートインもできる。

ランチならフォカッチャが、14時以降ならフォカッチャ、カットバゲット、カンパーニュがおかわり自由。(一部のメニュー除く)。オハコルテベーカリー専用にセラードコーヒーでオリジナル配合してもらった珈琲豆で入れるコーヒーは、ホットならおかわり自由だ。

食事メニューを紹介しよう!種類の多いフレンチトースト

フレンチトーストおおうえ農園のレモンとシュガー
カフェのスイーツにも使用している広島県おおうえ農園のレモン半個を豪快に絞りかけて食べる「フレンチトーストおおうえ農園のレモンとシュガー」。
レモンをギュッ!と絞ったフレンチトースト
グラニュー糖たっぷりのフレンチトーストがとても甘そうに見える。しかし、レモンをギュッ!と絞ってたっぷり加えると、甘さと酸味が中和した絶妙なおいしさになる。
フレンチトーストチリビーンズとハーブソーセージ
本日のデリ1品とサラダが添えられ、フレンチトーストの上にチリビーンズやハーブソーセージをトッピングした「フレンチトーストチリビーンズとハーブソーセージ」。

お食事用のフレンチトーストだから、小腹が空いた時にも重宝する1品である。

ハンバーガーとは呼ばないこだわり!新メニューの「ハンバーグサンド」

元々メニューにあったメインディッシュの「スモーキーハンバーグ」をハンバーガーにアレンジできないかと開発された「ハンバーグサンド」。

パンに合うハンバーグを開発した後、ハンバーグに合うバゲッドの開発に乗り出した。バンズの開発には2〜3カ月を要し、アイデア自体は1年以上も前からあったという。
ハンバーグサンド
カリッとしたバンズの表面には、香ばしい白ゴマ。肉肉しいハンバーグの上にはオリジナルのデミグラスソースとマッシュルームがのっている。

この店ではバンズが主役だから、ハンバーガーではなく「ハンバーグサンド」と呼ぶことにこだわりを持っている。
存在感のある具材
バンズもハンバーグも、そして炒めた玉ねぎやマッシュルームも存在感があり、全てが揃って「ハンバーグサンド」の味を表現しているバランスの良さ。

やはり一番のパンチはパンの存在か!?と思えるほど、表面がカリッと香ばしいバンズ。店頭販売してないため、カフェメニューとして楽しんでほしい。

2017年4月、半年に1度、自社発行している「MENU BOOK」を自社のデザイン制作でタブロイド紙風にリニューアル。惜しみないサービス精神でカフェメニューのレシピを公式サイトで公開しているので、ぜひチェックしてみよう。

新鮮野菜や食材を中心に販売する「パントリー」

野菜や食材を中心に販売しているパントリー
オハコルテベーカリーの料理を自宅でも再現しやすいようにと、カフェメニューに利用している野菜や食材を中心に販売しているパントリー。
減農薬やオーガニックの野菜
野菜はできるだけ、減農薬やオーガニックのものを販売したいところが、すべての材料をオーガニック食材で!というと高価になるので、ハードルが上がってしまう。だから、沖縄県内外の農家さんから日常使いできる新鮮野菜も仕入れて販売している。
広島県おおうち農園のレモ
広島県おおうち農園のレモンも販売されていて、値段は1個270円(2017年10月現在)。やや高級なレモンだが、広島産のおいしいレモンを味わってみてほしい。
何年経過しても味のある雑貨類
おしゃれな瓶に入った調味料や輸入菓子も販売
何年経過しても味のある雑貨類も販売中。コーヒーと紅茶用のマグカップは、オハコルテのオリジナルもあり、おしゃれな瓶に入った調味料や輸入菓子も販売している。

食卓をパンで彩り、日常使いできるライフスタイルを。

自宅でもパンを主役にした食事を楽しんでほしいからと、この店ではパンだけでなく、料理の食材やキッチングッズなども販売し、トータルで食卓をコーディネートできるようになっている。また、カフェの料理を自宅でも再現できるよう、オハコルテベーカリーの公式サイトではカフェメニューのレシピを公開している。

オハコルテベーカリーが目指す世界観の根底にあるのが、食卓やライフスタイルのデザインを通して、人々が心地良い暮らしや自分らしい暮らしをDIYするキッカケを提供すること。
オハコルテのロゴ入り小袋
パンは、オハコルテのロゴ入り小袋に入れてくれる。かわいいイラストだから、手土産にも喜ばれるパンに早変わり。

イートインでも、テイクアウトでも、自分のスタイルに合わせて利用できるから、便利で小粋なカフェ&ベーカリーだ。

スマートポイント

  • 駐車場がないため、近くのコインパーキングに駐車。居心地良すぎて長居してしまうので、昼間は何時間停めても「最大○円」と書かれた駐車場を利用するのが良さそう。
  • レジ横ではパンやデリを販売中。惣菜パンやスイーツパン、バゲットや食パンなど豊富な品揃え。訪れる時間帯によってパンの種類が少しずつ変わるのでいろいろとお試しあれ。
  • フルーツタルト専門店「オハコルテ」は、牧港、松尾、小禄、空港店、泉崎店の5店舗があり、その内、「イートイン」可能なのが、港川、泉崎、小禄点の3店舗(2017年10月現在)。

ライターのおすすめ

朝7時30分オープンから朝食が食べられるカフェ。朝食限定のお得な「トーストセット」は500円(税別)でドリンク付き。フレンチトースト系以外、モーニング、ランチ、デイナーで一部メニューが変わるので時間帯を変えて来店してみては。

miya-nee(みやねえ)

JTBの元ツアーコンダクター。現在はライターをはじめとして、Web講師、カメラマンなどと多岐にわたる仕事に取組む。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索