* menu
閉じる

観光観光

SMART SPOT

沖縄の9つの世界遺産は
一日ですべて巡れるのか?

沖縄には「琉球王国のグスク及び関連遺跡産群」として2000年に登録された、9つの世界遺産があります。首里城や斎場御嶽など、とにかく有名な遺跡が目白押しなのですが、皆さんは沖縄観光の際に、こういう疑問を持たれたことはないでしょうか?

「沖縄の9つの世界遺産って、
一日で全部巡れるの??」 と。

ありますよね?いや、あってくれないと困ります。
私は沖縄に住み始めて5年ですが、ずっとこれが疑問だったんです。
なので、行ってきました。沖縄の九つの世界遺産を、一日で。

ライター : 山上学

2017.12.29

9つの世界遺産を巡るルート
・① 斎場御嶽(南城市)
・② 首里城(那覇市)
・③ 園比屋武御嶽石門(那覇市)
・④ 玉陵(那覇市)
・⑤ 識名園(那覇市)
・⑥ 中城城跡(中城村)
・⑦ 勝連城跡(うるま市)
・⑧ 座喜味城跡(読谷村)
・⑨ 今帰仁城跡(今帰仁村)
まとめ&感想

まずはルートとルールを決めよう

ルートは、那覇空港を出発して、基本的に南から北上していくイメージ。効率が一番良さそうだし、今帰仁城跡まで行ってしまうと疲れがハンパない。座喜味城跡の時点で時間的に無理そうだったら、もうあきらめて帰るもんねー。
そういう軟弱な思考で選んだルートは、以下の通り。

9:00 那覇空港(那覇市) → ① 斎場御嶽(南城市) → ② 首里城(那覇市) → ③ 園比屋武御嶽石門(那覇市) → ④ 玉陵(那覇市) → ⑤ 識名園(那覇市) → ⑥ 中城城跡(中城村) → ⑦ 勝連城跡(うるま市) → ⑧ 座喜味城跡(読谷村) → ⑨ 今帰仁城跡(今帰仁村) → ゴール

この順番に決定です。

次に、ルール。

車での移動はすべてナビに従い、それぞれの遺跡への、到着時間と移動距離を計測します。
また、世界遺産の観光まですると、絶対に時間が足りません。なので観光はいっさいせず、写真のように入口に置いてある「世界遺産」と書いてある石碑のみを撮影して回ります。

今帰仁城跡の石碑

ゴールは、沖縄の世界遺産の中で一番北にある「今帰仁城跡」。最終入場時間の18時までに着けるかどうかを調べることにしました。
さあ、無事にゴールできるのでしょうか??

那覇空港

出発は午前9時の那覇空港

午前9時、那覇空港での証拠写真です。

那覇空港 時計とライター カメラのセルフ撮影モードというのを使ってみたのですが、明らかに私でも時計でもなく、うしろのおっちゃんにピントが合ってしまうという奇跡。

自撮りなので、お許しください。

そしてここでは、時計が9時を指していることだけ確認いただければ、それでOK!

空港前 走行距離を0に設定したメーター

さっそく車に乗り込み、走行距離を0に設定。今日は、最終的に何㎞走ることやら…。

那覇空港から斎場御嶽へ

9時ちょうどに那覇空港を出発。 ナビに斎場御嶽と入力して、出てきたルートは以下の通り。

ナビに表示された斎場御嶽へのルート

あれあれ?てっきり高速道の空港線を使って行くのかと思いきや、明治橋を右折して与那原まで下道で行き、海沿いを通るルート。それ本当に早いのか?と疑問を持ちつつも、とにかくしゅっぱーつ!!

このころは、元気でしたね、いろんな意味で。

東海岸南部の知念半島へ南下

那覇空港を北上し、明治橋を東へ曲がり、国場川沿いに国道329号をぐいぐい 進む。

そのまま与那覇交差点を越え、再び国道331号へ合流し、東海岸南部の知念半島へ南下。 そのあたりの画像。とても南国っぽい。

左側に見える海

知念半島を南下している時は、左側にずっと海が見えます。 太陽と風が気持ち良く、ドライブには最高の場所です。

斎場御嶽130m先の看板

知念半島をぐるりと回ったあたりで「斎場御嶽130m先」の看板。 さあ目的地は近いぞ。

広い交差点

この広い交差点が目印になります。

左に曲がると駐車場、右が斎場御嶽。 昔は御嶽の前まで車で行けたのですが、今は不可。車はちゃんと駐車場に停めましょう。

斎場御嶽

斎場御嶽の石碑の場所は?

最初の目的地、斎場御嶽(の駐車場)に到着! 時間は午前9時50分。

斎場御嶽駐車場の看板と知念岬への案内標識

知念岬も絶景ポイントなのですが、今回は時間がないので行けませんでした。 時間のある人はぜひ、斎場御嶽とセットで訪れてほしいスポットです。

斎場御嶽関連の案内看板

矢印だらけで、もう何がなんだか…。

券売所

駐車場の目の前にある券売所へ。ここで入場券を購入しておかないと、御嶽の入口では売っていませんので、ご注意を。

チケットを購入する自動販売機

チケットは自動販売機で購入します。大人200円、小人100円。

斎場御嶽入口

斎場御嶽入口。この道をひたすらまっすぐ進むと斎場御嶽に着きます。

斎場御嶽に向かう道

けっこう距離がありますが、めげずに道なりに進みます。途中にお店などがあり、ぶらぶら歩くのも楽しいですよ。

斎場御嶽の入口

道の突き当りの建物が、斎場御嶽の入口。

以前まで駐車場だった場所

入口の右側は、以前まで駐車場だった場所。今は使えないので、気を付けてくださいね。

南城市 緑の館・セーファ

駐車場到着が9:50。そこでチケットを買って、ぶらぶら歩いてきたら、もう10:04。

建物に入ってすぐの部屋

建物に入ってすぐの部屋で、斎場御嶽の説明VTRが流されています。

斎場御嶽の説明VTR

理解が深まるので絶対に見たほうが良いです。 が、今回は時間がないので、写真だけ。

「世界遺産」の石碑

建物を出たら、すぐ目の前に「世界遺産」の石碑。これだ、これを撮影して、次の世界遺産へ移動するのだー。

石碑とライター

撮影してくれた関係者さんから「この石碑の三角形の部分は、斎場御嶽の 「三庫理(さんぐーい)」をイメージしたものなんですよ」と、いいこと教えてもらいました。

ただ、今日はこれ以上先に進まないので、三庫理は見られないですけど。

あと、指を1本立ててるのは「1か所制覇!」の意味。これがあと8回もあるのかと思うと、なんだか気が遠くなってきました。

三庫理へ向かう道

この先に進めば、久高島が見え、噂の三庫理にも行けるのになあ。 しかし、今日の目的は別にあるので、泣く泣くUターン。

出口の看板

石碑からUターンしたら、すぐに出口。あまりに短い滞在時間に涙。入場料は200円だが、それでも複雑な心境に。

出口

入場して5分で帰ります。悲しい。

しかも、受付に「取材終わりました」と伝えたら「あれ?さっき入ったばっかりなのに…」と、とっても怪しまれる始末。

本人は悲しくて、周囲からは怪しまれて、いいとこなし。

① 斎場御嶽
到着9:50 出発10:18 滞在時間は28分。

スポット名 斎場御嶽
住所 沖縄県南城市知念久手堅270-1
営業時間 9時~18時(最終入場17時30分)
定休日 休息日として旧暦の5月と10月の年2回(それぞれ3日間)
このスポットの詳細を見る

斎場御嶽から首里城へ

さて、そそくさと車に戻って、次に目指すのは沖縄で最も有名であろう世界遺産 首里城へ。

ほぼ来た道を戻り、那覇ICの前を通って首里城へ向かうルートのようです。

ナビに表示された首里城へのルート

今回も、けっこう距離がありますね。

南風原の交差点

南風原の交差点。ここで首里方面へ向かっていきます。

那覇IC前

那覇ICの前を通り…

首里城公園の駐車場

首里城公園の駐車場に到着。駐車料金は320円。

地下駐車場の全景

首里城公園の地下駐車場の全景。いつ見てもデカいなあ、地下なのに。

走行距離が50.2㎞と表示されているメーター

この時点で、時間はすでに11時12分。走行距離は50.2㎞。 9か所あるうちのまだ2か所目に到着しただけという事実に、少し焦り始める。

守礼門口

駐車場は地下2階。

エスカレーター

エスカレーターで首里城(と書いてある世界遺産の石碑)を目指します!

首里城

2つ目の世界遺産に到着!

修学旅行生

建物を出たら、いきなりの修学旅行生と遭遇。これって首里城っぽいですね。 その先に見えるのが、守礼門。

守礼門

守礼門。最近改修されて、キレイになりました。

石碑

担当者に案内していただき、石碑へ。 意外や意外、実は首里城には「世界遺産」と書いた石碑はありませんでした。

古いほうの石碑

実は石碑は二つあります。「こっちのほうが古いんですけど、どっちを撮影されますか?」との質問が担当者から。

手前の石碑とライター

もちろん手前の石碑で記念撮影。だって古いほうは藪の中にあって、ハブとか出てきそうなんだもん。

これで2か所制覇!!

でも、ここまで来て首里城を見ないというのは、悲しいというか切ないというか…。このあたりから「何やってんだろ?」という心の葛藤が芽生え始めた気がします。

② 首里城
到着11:12 出発11:22 滞在時間は10分。

スポット名 首里城
住所 沖縄県那覇市首里金城町1-2
営業時間 8時30分~18時(12月~3月)、~19時(4月~6月、10月~11月) 、~20時(7月~9月)
※入館券販売締切は閉館時間の30分前
定休日 7月の第1水曜日とその翌日
このスポットの詳細を見る

次は、園比屋武御嶽石門へ… >

1 2 3

山上学

JTRIP Smart Magazineライター。兵庫県出身、2012年より沖縄在住。

ツアー検索

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索