[来間島]長間浜沖縄・宮古島の海は言葉を失うほどの美しさです。透明度抜群の海に生きるサンゴや熱帯魚達…この自然を私達の手で守り続けるために、海遊びのマナーはしっかりと!公の海水浴場になっていないビーチでは、安全に注意して楽しみましょう。

与那覇前浜ビーチ

人生で一度は見ておきたい東洋一美しい海

東洋一美しいといわれる与那覇前浜ビーチは宮古島を代表するビーチのひとつ。全長7kmにも及ぶ白い砂浜と、水平線まで続く青いグラデーションの海がとても美しい人気の観光スポットです。遠浅で比較的波が穏やかな海は、砂遊びや海水浴向き。どこを切り取っても美しい風景が見られるこのビーチは、家族連れにおすすめの穴場です。

スポット名 与那覇前浜ビーチ
住所 沖縄県宮古島市下地字与那覇1199-1
砂山ビーチ

空と海と砂浜の三重奏!沖縄らしい海の風景を見るならココ!

観光パンフレットに必ず載っている砂山ビーチは、沖縄の離島、宮古島にある美しいビーチの中でも、観光客に人気のスポット。砂の山を乗り越えた先に、青く澄んだ海と白い砂浜の絶景を望むことができます。こちらではアーチ状の洞窟で写真撮影したり、白いパウダー状の砂浜を素足で歩いてみるのがおすすめ。公共の海水浴場ではないので、天候や海の状態などに十分注意の上、遊泳は自己責任で。帰りは急な砂の山を登るので、水分補給を忘れずに!

スポット名 砂山ビーチ
住所 沖縄県宮古島市平良荷川取
吉野海岸

サンゴ礁に囲まれたシュノーケリングの穴場

宮古空港から車で約40分。色とりどりのサンゴ礁や熱帯魚が多い吉野海岸は、沖縄・宮古島の東海岸で人気のシュノーケリングスポットです。約500mにわたって広がる穏やかな海とビーチは、子連れの海遊びやシュノーケリング初心者におすすめですが、水深が極端に浅くなる干潮時は、サンゴを踏みつけてしまう危険性があるので、海に入るのは控えましょう。また、こちらは海水浴場ではないので、泳ぐ際はすべて自己責任で!

スポット名 吉野海岸
住所 沖縄県宮古島市城辺字吉野
新城海岸

潜らなくても目の前に珊瑚や熱帯魚が…

新城海岸は宮古島の東部、城辺(ぐすくべ)という地域にあるビーチ。宮古島のビーチの中でも、一番シュノーケリングにおすすめのビーチです。遠浅の海では、潜らなくてもすぐ目の前にカラフルな珊瑚礁が広がり、スズメダイやクマノミなどの熱帯魚にも出合えます。夏場は海水浴を楽しむ観光客で賑わいますが、昼を過ぎると崖の向こうに太陽が隠れてしまうので、泳ぐなら午前中からお昼過ぎまでの間がベスト。崖下にあるビーチへ下る道からの眺めは、ぜひ写真に収めてほしい景色です。

スポット名 新城海岸
住所 沖縄県宮古島市城辺字新城
真謝海岸

観光客も訪れない穴場中の穴場に行ってみよう!

インターネットや観光情報誌でもあまり紹介されていない真謝海岸は、観光客も滅多に訪れない穴場スポット。真謝漁港を挟むようにして両側にビーチがあります。どちらのビーチでもシュノーケリングは楽しめますが、サンゴ礁や熱帯魚が見たいという方は北側がオススメ。大潮の時は、潮の流れが強くなるので泳ぐ際は十分に注意。潮の満ち引きにも注意しましょう!

スポット名 真謝海岸
住所 沖縄県宮古島市平良字西原
パイナガマビーチ

優しさの詰まった人気ビーチ

宮古島の市街地から一番近いパイナガマビーチは、夏の昼間は海遊びを楽しむ観光客で賑わう人気スポット。市街地という便利な場所にありながら、美しい景色を眺めてのんびり過ごすことができます。他のビーチとは違い一部バリアフリーになっている所もあり、お年寄りや車椅子の方でも気軽に景観を楽しめるような優しい作りになっています。

スポット名 パイナガマビーチ
住所 沖縄県宮古島市平良字下里
イムギャーマリンガーデン

絶景も堪能したいイムギャーマリンガーデン

宮古空港から車で18分。宮古島の南海岸にあるイムギャーマリンガーデンは、シュノーケリングスポットとして大人気。砂浜と岩山に囲まれた静かな入り江が特徴の海浜公園です。サンゴ礁が広がる海の中では、クマノミを観察することも。安全確保の為、ライフジャケットとマスク、フィン、シュノーケルを着用の上楽しみましょう。こちらでは、泳ぐだけじゃなく展望台や遊歩道から眺める絶景もおすすめです。

スポット名 イムギャーマリンガーデン
住所 沖縄県宮古島市城辺
八重干瀬

日本最大級のサンゴ礁を満喫するならココ!

宮古島の北方約5〜15kmの海域に位置する八重干瀬は、大小100以上の干礁からなる日本最大級のサンゴ礁群。沖縄一の透明度を誇る海はダイビングスポットとして有名ですが、気軽に楽しめるシュノーケリングもおすすめです。ツアーに参加して、生きいきとしたサンゴや色とりどりの熱帯魚達が住む海を満喫するのも◎。大潮の干潮時には、海面より上に姿を現すサンゴ礁も楽しめます。

スポット名 八重干瀬
住所 沖縄県宮古島市平良
[池間島]フナクス(ブロックビーチ)

穴場だったビーチが今や人気観光地に!

通称ブロックビーチと呼ばれるフナクスは、宮古島と橋でつながる池間島にあるビーチです。10年ほど前までは、地元の人だけが利用する秘密のシュノーケリングスポットでしたが、今や観光客で賑わう観光スポット。琉球石灰岩の岩盤がむき出しになった岩場からは、グラデーションが美しい池間ブルーの海を遠くまで一望できます。サンゴの大規模な白化現象が見られるようになったこの海では、フィンや手でサンゴを折ってしまわぬようご注意を!

スポット名 [池間島]フナクス(ブロックビーチ)
住所 沖縄県宮古島市平良字池間
[来間島]長間浜

プライベート感たっぷりのビーチをご堪能あれ

白い砂浜と青い海の水平線がどこまでも広がる長間浜は、海際からほんの2.3m先にサンゴ礁が広がるシュノーケリングスポットですが、台風の風向きによって砂が大移動。砂の下の地形がむき出しになっている所では、マリンシューズの着用がおすすめです。人影もまばらな自然のままの美しいビーチでは、プライベート感がたっぷり。ただ、公共の海水浴場ではなく集落からも離れているので、安全には十分注意して遊んでくださいね。

スポット名 [来間島]長間浜
住所 沖縄県宮古島市下地字来間
[伊良部島]渡口の浜

[伊良部島]青い海と白い砂浜が魅力のビーチを満喫!

伊良部大橋から約5キロ。幅およそ50m、長さ800mに天然の砂浜が弓状に広がっている、青い海の美しさと白く細かいパウダー状の砂浜が特徴的なビーチです。浜の西側と東側に入口があり、両方に飲食店を兼ねた施設があり、マリングッズのレンタルも行っている。夏には多くの海水浴客でにぎわっている。公の海水浴場ではないため監視員などはおらず、波や潮が入り込みやすい地形になっている場所もあるので、海水浴は、事故責任の上。

スポット名 [伊良部島]渡口の浜
住所 沖縄県宮古島市伊良部字伊良部1352-16
[伊良部島]佐和田の浜

約200年前の岩が不思議な光景を作る浜

遠浅の白い砂浜、青い海が続く佐和田の浜は、夏になると観光客や地元の人で賑わう観光スポット。約200年前の地震による大津波で打ち上げられた岩が今も残り、ちょっと不思議な光景を見ることができます。サンゴ礁がなく魚もあまりいない触れ合い広場のビーチは、波打ち際の海遊び向け。小さなお子さん連れのファミリーや、シュノーケリングがあまり得意じゃない人におすすめです。

スポット名 [伊良部島]佐和田の浜
住所 沖縄県宮古島市伊良部字佐和田1725-2
[下地島]中の島ビーチ

断崖絶壁の穴場ビーチ

断崖絶壁に囲まれた中の島ビーチは、シュノーケリングやダイビングの穴場スポット。サンゴのカケラが敷き詰められた浜ではサンゴ観察も楽しめます。クマノミをはじめカマスの群れなど、沖縄ならではの魚やサンゴがいっぱいの海では「餌付禁止・立たない・蹴らない・触れない・歩かない」が決まり。一人ひとりの心がけで、沖縄の豊かな自然を守りましょう。

スポット名 [下地島]中の島ビーチ
住所 沖縄県宮古島市伊良部佐和田
J-TRIP沖縄ツアー
新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の沖縄定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 沖縄のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
沖縄ツアーを探す 沖縄フリープラン 沖縄ファミリープラン 沖縄カップルプラン