波照間島

突き抜ける“ハテルマブルー”と
眩い星空が魅力の日本最南端島

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

八重山諸島にある日本最南端の有人島が、「波照間島」です。面積は12.73km²、14.8km、石垣島から南西63kmに位置します。北回帰線がすぐ近くを通り、夏至には太陽はほぼ真上に上り、また冬から春には南十字星を見られる日本で唯一の場所としても知られています。

Point1

八重山屈指の「ニシ浜」

一番の魅力は、波照間島の西北岸に広がる白砂のロングビーチ「ニシ浜」です。“ハテルマブルー”と呼ばれる独特な蒼さは、八重山屈指の美しさともいわれています。無料のシャワーやトイレを完備していますが、監視員は不在。そのため、遊泳やシュノーケリングは自己責任の元、十分注意を払って行いましょう。そして、運が良ければ、ウミガメと出合えるかもしれません!

Point2

荒々しい南東部も見所たっぷり

これに対して南東岸の「高那崎」は、高さ10数メートルもの断崖絶壁。荒々しい景観が数キロにわたって連なります。また、崖の上にある「星空観測タワー」では、望遠鏡やプラネタリウム(2016年7月現在、ともに故障で使用不可)が設置される他、夜は星空ツアーも行っています。またその隣には、「日本最南端平和の碑」と、日本復帰前に手作りされた「日本最南端の碑」が建立されています。

Point3

幻の泡盛「泡波」を嗜む

波照間島の特産品といえば、何といっても泡盛「泡波」です。製造元はメイン集落にある「波照間酒造所」ですが、個人経営による少量生産に付き、流通はほとんど島内のみ。そのため、“幻の泡盛”と呼ばれています。島内では、売店や宿で購入できる他、居酒屋などでも注文できます。

[お車ご利用の場合]

石垣空港から石垣港離島ターミナルまで2.5km、9分。

[公共交通機関ご利用の場合]

バス⇒石垣空港バスターミナルバス停~石垣港離島ターミナル(540円、約20分)
高速船⇒石垣港離島ターミナル~波照間島:波照間港(3,090円、約60分)
所要時間:1時間20分

[タクシーご利用の場合]

30分
石垣空港から石垣港離島ターミナルまでの予想運賃:2,770円~3,890円(一般道路利用の場合)

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の沖縄定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 沖縄のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
沖縄ツアーを探す 沖縄フリープラン 沖縄ファミリープラン 沖縄カップルプラン