* menu
閉じる

伊良部大橋

無料で渡ることができる
日本で一番長い橋

writer : 編集部

2015.12.10

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

2015年1月31日開通。宮古島の平良港トゥリバー地区から伊良部島の南東部にある長山を結ぶ全長3,540mの橋。無料で渡ることができる橋としては日本最長。総事業費は約365億円。旧伊良部村の建築要請から40年、着工してから10年の歳月を経て完成。

Point1

最大の魅力は橋から見る海の景色

伊良部大橋の最大の魅力は、なんと言っても橋の上から眺められる伊良部ブルーの海の景色。透明度の高い海は、水深によって変化する青のグラデーションが美しく、
橋を渡っている間の時間も飽きることなく楽しませてくれる。

Point2

伊良部大橋の全体を見るなら

伊良部島の一番の高台にある観光スポット「牧山展望台」。ここからは伊良部大橋のほぼ全体を眺めることができ、宮古島や池間島、来間島などの島々の風景や伊良部島周辺の海が一望できる。伊良部大橋からも近いので、ぜひ合わせて訪れてほしい。

Point3

伊良部大橋と夕日の観賞スポット

宮古島の伊良部大橋入り口近くにある「トゥリバービーチ」。ここは夕日の観賞スポットとして有名で、時期によるが伊良部大橋の向こうに沈む夕日を眺めることができる。伊良部大橋のシルエットと夕焼け色に染まる海の景色を見ながら過ごすのもおすすめ。

スポット詳細

アクセス

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索