札幌でいち早くスペシャルティコーヒーを提供しはじめた専門店の一つ、横井珈琲。本店は市内西区発寒(はっさむ)の住宅街にありますが、2015年に札幌駅直結のショッピングモール「パセオ」に、2号店がオープンしました。
カプチーノ
コーヒー豆の販売はもちろん、カフェスペースが広くとってあり、ラテアートがかわいいカプチーノや、スイーツ、オープンサンドなどフードメニューも充実。キッズ用ドリンクもあるので、親子で立ち寄るお客さんも。
オープンカフェ空間
地下街の通路に面したお店は、ゆったりしたオープンカフェ空間。札幌駅でちょっと時間が空いたときや、ひと休みしたいときにぴったりのお店です。しかし、それだけではありません。奥深いコーヒーの魅力に、ひきこまれるお店なんです。

味わい豊かなフレンチプレスは、たっぷりカップ2杯分

横井珈琲パセオ店では、「フレンチプレス」という器具でコーヒーをいれています。挽いた豆を容器に入れ、お湯を注いで4分ほど蒸らして出来上がり。ペーパーフィルターを通さないため、コーヒーに含まれるオイル成分が残り、豊かな味わいが魅力。
フレンチプレスコーヒー
メニューの「フレンチプレスコーヒー」を注文すると、容器ごと提供されるので、たっぷり2杯分楽しめます(ブレンド490円〜)。冷めにくいので、ゆっくり飲めるのもうれしいところ。
カフェラテ
そのほか、カプチーノやラテも人気です。写真はふわふわミルクの優しいカフェラテ。ガラスのカップがかわいいですね。お店で使っている食器やコーヒー器具は販売もしています。
オリジナルマグカップ
写真は、横井珈琲20周年を記念したオリジナルマグカップ。数量限定の販売です。

良質なコーヒーと、北海道スイーツは相性抜群!

コーヒーのおともには、焼き菓子やケーキがおすすめ。こちらのスイーツは、札幌のお隣、江別市にある「ガトー・ド・ノポロ」という人気の洋菓子店が、横井珈琲のコーヒーに合わせて、特別に作っています。
コーヒーとスイーツ
スペシャルティコーヒーの繊細な味と、素材を大切にしたケーキは相性抜群。一緒に食べるとよりおいしく、幸せになれます。後味すっきりで、いつまでも食べていたい…と思うほど。
ロールケーキ
小麦粉、玉子、ミルク、バターなど、スイーツの材料は選りすぐりの北海道産を使用。とくに素材のよさがストレートに伝わるロールケーキは、口のなかに優しい甘さが広がり、納得の味わいです(単品432円、本日のコーヒーとセットで800円)。

コーヒーの新しい発見を広げる、頼もしいお店

オーナーの横井力さんをはじめ、スタッフのみなさんは、当然ながらものすごくコーヒーに詳しいので、どんなコーヒーが飲みたいか迷ったら、気軽にご相談を。コーヒー豆は常時20種類ほど扱っていて、その日のおすすめは試飲もあります。これまでにない、新しい味に出合えるかもしれません。
迷った時はスタッフに相談
お店で飲んで気に入ったら、お土産にするのもいいですね。不動の人気ナンバー1は、看板商品の「横井珈琲ブレンド」。ナッツやハチミツの風味が感じられ、ほんのり甘さも感じるさわやかな味。
横井珈琲ブレンド
「生ハムなどのお肉の加工品や、ナッツやドライフルーツ、ナチュラルチーズに合うコーヒーもあるんですよ。ぜひいろいろな味の出合いを試してみてください」という横井さん。
オーナーの横井力さん
札幌駅直結で、気軽に、しかし奥深く、コーヒーを堪能できる横井珈琲パセオ店。駅の近くに来たときは、ちょっと足を伸ばして、素敵な発見をしてみませんか?

スマートポイント

高品質なスペシャルティコーヒーを、手軽に堪能できます。いろいろなタイプの豆があるので、どんなテイストが飲みたいか、スタッフの方に相談しましょう。

お腹が空いているときは、ドライフルーツ&ナッツサンドや生ハムサンドとコーヒーのセットメニューがおすすめです(690円)。

フレンチプレスの2杯分を飲む時間がないときは、カップで出てくる「本日のホットコーヒー・アイスコーヒー」(389円)をどうぞ。

ライターアイコン

ライターのオススメ

コーヒー豆の種類が多すぎて悩むときは、「華やか/フルーティ」「さわやか」「まろやか」「コク/深み」の区分を目印に選ぶのもいいですよ。

Writer : 石田 美恵

執筆記事一覧>>

札幌出身。料理本編集者として東京の出版社に勤めたのち札幌にUターン。海藻と羊肉、鮭、お寿司が好きです。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン