* menu
閉じる

お土産お土産

北海道ドライブで人気!道の駅
花ロードえにわでお土産買いも

writer : タカハシアキコ

2017.11.13

新千歳空港から車で札幌へ向かって約30分、国道36号線沿いの「道の駅花ロードえにわ」は、ガーデンのまちとして知られる恵庭市にあり、北海道でも高い人気を集めている道の駅です。
花と道の駅
恵庭名産のえびすかぼちゃを使ったスイーツやソフトクリーム、約60種類のパンのほか、休憩や食事ができる吹き抜けのコンサバトリースペースは、ガラス越しに花馬車のオブジェなどが眺められて気分もほっこり。
花馬車のオブジェ
花にちなんだグッズや、地元の特産品などのお土産買いも見逃せません。春から11月までは花と緑の直売所「花野菜(かのな)」で、地元農家さんが丹精込めて育てた野菜や果物、お花を見るのも楽しいですよ。

花馬車のオブジェやウォーターガーデンも楽しめる道の駅

道の駅花ロードえにわは、新千歳空港から札幌までのおよそ中間地点、国道36号線沿いにあります。予約制で無料見学・試飲ができるサッポロビール北海道工場や、動物とのふれ合いを楽しめるえこりん村、植物性の成分がお肌に優しいモール温泉の恵庭温泉ラ・フォーレなどを巡りながら行くのもいいですね。
のどかな景色
個性的なオブジェ
春から秋の季節は敷地内が花々に彩られ、多目的広場の散策路には6月下旬から9月中旬まで花のゲートや花馬車、ふくろうの木など素敵なオブジェが迎えてくれます。ちょっとメルヘンな気分になって、花馬車の前で写真を撮るのも旅の素敵な思い出に。すぐそばの漁川(いざりがわ)から水路が引かれ、水遊びができるウォーターガーデンは4月下旬から9月までのオープン。夏になるとたくさんの子どもたちでにぎわいます。
えびすかぼちゃソフト
そんな景色をガラス越しに眺めながら食べたいのが、地元の名産を使った「えびすかぼちゃソフト」(300円)。地元のえびすかぼちゃ100%のフレークを練り込んだソフトクリームに、フレークそのものをトッピング。やさしいかぼちゃの甘さが効いていて、独特のクセもなく「かぼちゃはちょっと……」という人も、ペロリと食べちゃいますよ。

大人気! かぼちゃプリンパンとメロンパンは外せない

レストランと無料休憩所を兼ねた「コンサバトリー」は、その名の通り温室やサンルームのようなガラス張り。屋内でも外につながっているようで、日差しもたっぷりと注ぎ込みます。座席も多くゆとりがあって、寒い日や悪天候の日でも、ほっこりと過ごせますよ。
コンサバトリー
開放的な店内
花ロードえにわの建物は横に長くなった造りで、右側にあるコンサバトリーから見ると、左に向かって、名物ジンギスカンオム焼そばが食べられる「フード工房 コンサバートリー」、「ベーカリー工房 カリンバ」、そして情報コーナーや展示コーナー、ショップ、トイレと続いています。
ベーカリーショップ
いつもドライブ客が押し寄せる「ベーカリー工房 カリンバ」では、焼きたてパンが奥の工房から売り場に次々と運ばれてきます。約60種類のなかからどれにしようかと目が迷ってしまったら、やはり道の駅花ロードえにわ限定のパンがおすすめ!
お勧めのパン
左から、見た目も可愛らしいオレンジ色の「かぼちゃメロンパン」、白い粉糖がかかった「かぼちゃプリンパン」、そして角切りのりんごがジューシーな「りんごパン」、どれも150円です。かぼちゃプリンパンは、ふんわりパンのなかに入った、程良い甘さのかぼちゃカスタードとメープルシロップが絶妙の相性! 月に1万個以上売れることもあるという、人気ナンバーワン商品です。
かぼちゃのプリンパン

お土産にしたい、かぼちゃスイーツや花モチーフのグッズ

道の駅花ロードえにわのショップは、花にちなんだグッズがいっぱい。瓶に入った植物見本のハーバリウムやドライフラワー、アロマキャンドル、お花をモチーフにしたキーホルダーやブローチなども人気です。
花にちなんだグッズ
恵庭にちなんだ絵柄が美しい、三色のようかんもおすすめ。オレンジ色のものは、かぼちゃを練り込んだようかんに、恵庭市の花であるすずらんをあしらっています。特産のえびすかぼちゃが入ったクッキー、パイ、かりんとうなども、日持ちがするのでお土産にぴったり。ご当地キャラのキュートなすずらんの妖精、かりんちゃんのクッキーもぜひ!
鮮やかなようかん
えにどら
中身のバタークリームと生地に、かぼちゃフレークを練り込んだ「えにどら」(160円)は、ふんわりとした食感で洋菓子好きにも喜ばれそう。年代も幅広い人に使えるお土産なので、迷ったらコレ! 道の駅に入ってすぐ、手に取りやすいコーナーにあります。
お土産に最適

まるで市場? 北海道の農産物が並ぶ直売所は発送もOK

ショップ近くの情報コーナーでは、恵庭周辺の観光や道内の交通情報が検索できるパソコンが設けられています。建物内には観光協会の窓口もあるので、こちらで尋ねてみるのもいいですね。
観光情報案内所
札幌など近郊からドライブで来る人たちがお目当てにしているのが、道の駅に併設された、花と野菜の直売所「花野菜(かのな)」。直売所のなかでも規模が大きく、収穫シーズンには地元で取れた農作物がたくさんお安く並びます。
様々な農作物
かぼちゃは、名産のえびすかぼちゃ以外にも、色や形がユニークな種類もあって、見比べるのも楽しいもの。メロンやとうもろこしなど、好きな物を取り合わせて発送できるコーナーもあるので利用してみてはいかが。オープンは4月上旬から11月下旬までです。
恵庭にはガーデンカフェや隠れ家カフェなどもあって、町並みや個人のおうちにも花がいっぱい。道の駅花ロードえにわを拠点に、花と緑のまちを道産子気分でゆっくりと巡ってみてはいかがでしょうか。

スマートポイント

  • 建物入ってすぐの情報&展示コーナーには、テーブルやいすもあるのでトイレの待ち合わせや、観光スポットのチェックに便利。時間がないときはソフトクリームをサッと買って、こちらで食べるのもいいですね。
  • 花ロードえにわには、恵庭のコミュニティFM「e-niwa(いーにわ)」のスタジオもあります。大きなガラス越しにライブで放送が見られるかも。
  • ショップ8760(花ロード)には、恵庭の姉妹都市、ニュージーランド・ティマル市の食品を売っているコーナーもあります。

ライターのおすすめ

ガーデニングの素敵な町並みを巡るなら、道の駅にあるレンタサイクル「花ロードレンタちゃり」(1回200円)がおすすめ。漁川の河川敷を走るのも気持ちがいいですよ。期間は6月~10月末日まで。

タカハシアキコ

北海道移住歴20年。亜熱帯の血を持つ寒がりライター。お手ごろで魅力的なモノやスポットを発掘すべく歩き回っています。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン