十勝の豚丼北海道・十勝の名物である「豚丼」。たくさんのお店がある中、特におすすめな名店ばかりを集めてみました。ほっかほかの炊き立てご飯と相性抜群な「厳選豚+秘伝のタレ!」北海道へ行った際には、足を運ぶべき名店揃い♪お腹を空かせて是非!ご覧ください。

ぱんちょう

鰻丼よりうまい!十勝を代表する豚丼発祥の名店

今や、十勝の名物料理となった豚丼。その「発祥の店」として全国に知られているのが「ぱんちょう」です。甘辛いタレをまとったロース肉はやわらかく、肉の脂・ご飯・タレ、それぞれの甘みが絶妙に絡み合い、上品でふくよかな味わい。ここの味を知らずに、十勝の豚丼は語れない!帯広を訪れたら、一度は味わいたい豚丼です。お持ち帰りもできますよ。

スポット名 ぱんちょう
住所 北海道帯広市西1条南11丁目19番地
営業時間 午前11時〜午後7時
豚丼のぶたはげ

リピーター続々!駅からすぐソコ♪病みつき注意の絶品豚丼

JR帯広駅・改札を出てすぐの場所にある、老舗・帯広はげ天の姉妹店「豚丼のぶたはげ」。「北海道産のかみこみ豚」という、数パーセントしかない希少な豚ロースを惜しげもなく使用するという豪快さも人気の理由。ジューシーで柔らかい豚肉は、コクのある秘伝ダレと相性抜群で、極上の旨さを醸し出しています。注文して豚丼ができあがるまで約5分と最速なので、旅行中時間がない人にもおすすめ。行列が出来ていても問題ありませんよ。

スポット名 豚丼のぶたはげ
住所 北海道帯広市西2条南12丁目9 JR帯広駅エスタ帯広西館
営業時間 午前10時~午後8時(L.O.午後7時30分、テイクアウトは7時45分)
はなとかち

手間暇かけて、丁寧に。みんなから愛される豚丼専門店

休日のお昼には、200~300人と行列が出来ることも珍しくない豚丼専門店「はなとかち」。その人気の理由は、北海道産の豚肉や米など素材のよさ、自家製のタレ、丁寧な「焼き」の技術にあります。お店特製のタレを何層にも重ねて塗ることで、香ばしさと深みのある味が完成!また、豚丼の中央に乗せられている「山わさび」がアクセントとなり、いい仕事をしてくれています。

スポット名 はなとかち
住所 北海道帯広市大通南12丁目2-4 佳ビル1階
営業時間 午前11時〜午後7時
※午後3時〜6時は中休み(日曜日・祝日は通し営業)
ぶた丼のとん田

有名人も訪れる!並んでも食べる価値アリ「ぶた丼のとん田」

食べログ北海道ベストレストランや、ミシュランガイド北海道の掲載店にも選ばれている人気のお店である「ぶた丼のとん田」。時間帯に関係なく行列ができるので“並ぶのは当たり前”と思っていた方がいいでしょう。豚丼といえば、ロース肉が主流ですが、バラ肉・ヒレ肉と、3種類の丼ぶりがあるというのも魅力の一つ。地元の人はもちろん、わざわざ遠くから訪れる旅行者もいっぱいな名店に注目です。

スポット名 ぶた丼のとん田
住所 北海道帯広市東10条南17丁目2
営業時間 午前11時〜午後6時(仕込み分がなくなり次第閉店)
豚飼い屋 十勝の豚丼

豚のオブジェが目印♪女性一人でも気軽に入れるモダンなお店

「豚飼い屋 十勝の豚丼」の店内は、洋画が飾られたモダンな雰囲気。ひとり、グループ、更に乳幼児用のいすもあるので、赤ちゃん連れにもおすすめです!背脂をカットしてオリジナルのたれに付け網焼きした豚丼には、肉質が柔らかいことで知られる十勝産ケンボロー種の生ロース肉を使用。ヘルシーで胃にもたれず、何枚でも食べられると地元の人たちにも好評♪普段はお肉が苦手という人もリピーターになるお店です。

スポット名 豚飼い屋 十勝の豚丼
住所 北海道帯広市西18条南3丁目26-16
営業時間 午前11時30分~午後2時30分(L.O.午後2時15分) 、
午後5時30分~8時30分(L.O.午後8時15分)
新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン