* menu
閉じる

グルメグルメ

コシの強い熟成麺と熟成味噌が
味の決め手!札幌ラーメン武蔵

writer : 石田 美恵

2017.11.27

コシの強い中太の縮れ麺、コクのあるスープ、たっぷりの炒め野菜。これぞ札幌ラーメンの王道!と納得の人気店の一つが、札幌市白石区にある「札幌ラーメン武蔵」です。JR白石駅から車で約10分、2kmほどの距離なので、満腹になったら帰り道は腹ごなしに歩いてもいけますよ。
武蔵のラーメン
お店には、「この麺が食べたくて!」と通い続ける熱烈なファン多数。また、20年近く北海道物産展に出店を続けていて、全国にファンが広がっています。その人気は、武蔵ならではのゆるぎない信念と、それを受け継ぐ息子さんたちのチームワークによって支えられています。札幌ラーメンを食べるなら、ぜひ一度ご賞味あれ。

自慢の特注&完熟麺は、麺そのものに深い旨味あり

「札幌ラーメン武蔵」は、道内の多くのラーメン店に麺を卸す「西山製麺」に勤めていた職人・和島實さんが、1990年に独立開業したお店です。かつてはすすきの「元祖さっぽろラーメン横丁」にも出店していましたが、現在は白石本店のみ。
武蔵店舗
店舗は国道から少し入った住宅街にありますが、大きな看板があるので、わかりやすいはず。

武蔵の特徴は、なんといっても黄金色に輝くコシの強い「熟成麺」にあります。この麺は、西山製麺工場で「武蔵専用製麺機」を使い、最高品質の小麦粉をオリジナルブレンドで製造したもの。これらはすべて和島さんのオーダーです。
オリジナル麺
完成後、工場の熟成庫に2、3日保管され、さらにお店に到着してから夏は4、5日、冬は1週間から10日ほど寝かせます。すると、最初は白っぽかった麺が、だんだんと濃いあめ色に変わって弾力が増し、麺そのものに独特の旨味が感じられるようになるのです。
手作り麺
麺の味を堪能したい人は、ゆで時間短めの「かため」オーダーがオススメ。通常は1分30秒ゆでますが、「25秒」と指定する常連さんもいるそうですよ。

一番人気はじっくり寝かせた「熟成味噌」

人気のメニューは、「熟成味噌」と「熟成辛味噌」(各820円)がツートップ。特製こい口醤油や昔風醤油、塩などもありますが、約8割の人が味噌を注文します。写真は定番の熟成味噌。こちらの味噌もメーカーに特注し、製造後最低2ヵ月は寝かせ、熟成具合を見ながら半年ほどおくことも。
味噌ラーメン
ゴマとニンニクがいい香り! ラードで炒めたモヤシや玉ネギも、食欲を刺激します。
まろやかなスープ
スープを一口すすると、味噌のまろやかなコクがゆっくり広がっていきます。そんなに脂っこくなく、でも物足りない感じはせず、まさに丁度いい絶妙なおいしさ。
弾力ある麺
麺は、とにかく弾力があって、ちりちり縮れているので、口のなかが麺でいっぱいになります。うーん、これこそ武蔵! 街中から少し離れていますが、わざわざ足を伸ばす甲斐があります。
炙り焼き豚丼
サイドメニューの定番は「炙り焼豚丼(山わさび添え)」(310円)。ほかにも丼メニューはありますが、9割以上のお客さんが「炙り焼豚丼」を注文するほどの人気ぶり。爽やかなわさびとチャーシューがよく合います。

のれんを守るのは、三兄弟プラス1の弟子四人

武蔵には、現在メインとなる職人さんが五人いて、その日お店で誰が鍋を振っているかを、「のれんの色」で判別できます。創業者で社長の和島實さんは白のれん、一番弟子の長男、孝則さんが青、次男の啓太さんが赤、三男の大輔さんが茶、そして、三兄弟以外で初めてのれんを受け継いだ玉置将太さんが緑。
赤いのれん
盛り付ける
写真は「赤のれん」なので、次男の啓太さんですね。「父から受け継いだ基本を守りながら、新しい味にも挑戦していきたい」と話す啓太さん。中学生のころからお店の掃除や皿洗いをしてきたので、「うちのスタイルは身体で覚えました」とのこと。
緑ののれん
他の人ののれんは、店内にしまってあります。お客さんのなかには、お気に入りの職人が決まっている人もいて、電話で確認する人もいるとか。ちなみに啓太さんは「自分ではよくわかりませんが、キッチリした性格のラーメンだそうです(笑)」。
武蔵店内
テーブル席
いつもピカピカに磨かれた厨房、すっきり居心地よいカウンターとテーブル席など、和島さん家族やスタッフのみなさんの心意気が随所に感じられる武蔵。札幌ラーメンの奥深さを知る一杯を、存分に味わいましょう。
額縁

スマートポイント

  • お店の公式サイトに掲載しているクーポンを印刷して持参すると、一人につきラーメン1杯100円引きになります。印刷をお忘れなく!
  • 平日のランチタイム(午前11時〜午後2時)は俵おにぎりが無料です。ごはんを少し食べたいけど、ライスを頼むには多すぎる、という人にぴったりのうれしいサービス♪
  • 麺のゆで加減から、ラードの分量、ネギ抜き、メンマ抜きなど、お好みに合わせてカスタマイズは自由自在。「できることは何でもやります」とのことなので、ご希望があれば相談してみましょう。

ライターのおすすめ

とにかく麺がおいしいので、じっくり味わってください。お土産用も販売しているので、この感動をぜひ自宅にも持ち帰りましょう。焼きそばや冷やし中華にしても美味なんですって!

石田 美恵

札幌出身。料理本編集者として東京の出版社に勤めたのち札幌にUターン。海藻と羊肉、鮭、お寿司が好きです。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン