旭川の醤油ラーメンは、札幌の味噌、函館の塩と並び北海道を代表する味。その歴史を支えてきた一店が、蜂屋です。
蜂屋のラーメン
特徴でもある焦がしラードを加えたスープは、香ばしく、見た目からは想像できない後味のよさ。繰り返し食べに来たくなる常習性のある味わいです。
五条創業店
個性的な飲食店がひしめく「5・7小路ふらりーと」に暖簾を構える、五条創業店で、原点の味をまずは味わってみませんか?

旭川ラーメンの起源、ここにあり! 老舗の味を守り続ける

創業は1947(昭和22)年。ラーメンが、庶民の食べ物としてまだまだ浸透していなかった戦後まもなくに、その歩みをはじめました。創業者が中華そばをヒントに、改良を繰り返して完成させた味は、いまや北海道の味覚として知られる旭川ラーメンの基礎を作り上げたのです。

時代に流されず、創業からのレシピを守り続ける老舗。五条創業店の店長を務める石母田(いしもだ)修一さんは、「元祖の味を届けるという気概は、常に持っています」と話します。
スタッフの皆さん
店内
原点ともいえる味を求めて、店には市民だけでなく、観光客も多く詰めかけます。麺好きはもちろん、地元を代表する味を楽しみたい人は、ぜひとも足を運んで、原点といえるしょうゆ味(750円)を堪能しよう。

Wスープと焦がしラードが生み出す香ばしい一杯

焦がしラードを加えた香り高いスープ
特徴はなんといっても、独特の焦がしラードを加えた香り高いスープです。
ラードにじっくり火を入れて作る焦がしラードは、まるで醤油のような黒い色。当然、それが入ったスープも、深い色をしており、一見味が濃くこってりしているようにも見えます。
豚骨とアジのだしで作るWスープ
ところが、一口スープをすすってびっくり。深い旨みと香りが口の中に広がった後には、すっきりとした味わいだけが残ります。この後味のよさは、豚骨とアジのだしで作るWスープ。豚骨ならではのコクと、アジのあっさりとしただしが組み合わさって、バランスのよい旨みが生まれます。

「スープまで楽しんでいかれるお客さんも少なくありません」と石母田店長。思わず、追加でライスを注文して、最後の一滴までスープを味わいたくなるおいしさですよ。焦がしラードは量の調節も可能。こってり系がお好みの人は、ぜひ多めと注文してみよう。

こだわりの自家製麺が、スープの旨さをさらにアップ!

スープのおいしさを、さらに引き上げてくれるのが、自家製の麺。加水率の低い中太のちぢれ麺は、のびにくく、モチモチとしていて、スープの旨みや香りとよく絡みます。
のびにくく、モチモチの麺
驚くのは、季節や気候に合わせて、加える水の量やゆで時間を微妙に変えていること。石母田店長は、「湿気の多い夏場でも、乾燥した冬でも、同じ仕上がりになることが大切。環境に合わせながら、一番いい状態の麺になるように、製造のときも調理のときにも心を配っています」と、そのこだわりを語ります。
麺を茹でる石母田店長
チャーシューもメンマもすべて自家製。味を守りながら、一つひとつ丁寧に作り込まれた一杯は、それぞれが互いの旨さを引き立て合って、最後の一口まで、おいしく食べられるように考え抜かれているのです。

静かに店の歴史を伝える、伝統のアイスクリーム

しょうゆラーメンとともに、店の歩みを味で伝える密かな名物が、はちみつアイスクリーム(300円)です。実は、店名の由来も、このメニューに隠れています。
はちみつアイスクリーム
創業者は、当初、ラーメンなどを扱う食堂のほかにアイスクリーム店も開業していました。そのアイスクリーム店の店名が「蜂屋」。それが、いまも屋号として残っているのです。ハチミツをたっぷりと使って作るこのアイスクリームは、上品な甘さと、ハチミツ特有のさわやかな香りが楽しめ、口の中をさっぱりと整えてくれます。
アイスクリーム
地元を代表する老舗・蜂屋。本店は、JR旭川四条駅の程近くにあり、製麺とスープの仕込みを行う工場を併設しています。焦がしラードなど、伝統のレシピが生み出す独特の味を楽しみたいと、どちらの店にも、観光客を含め多くの人が足を運びます。頑なに味を守る一杯は、期待いっぱいに暖簾をくぐった人たちの気持ちを、裏切らないおいしさです。

スマートポイント

JRの駅から徒歩約10分。買い物公園にも近いのでアクセスは良好です。常盤公園も徒歩圏内なので街歩きの途中に立ち寄るにも便利。

焦がしラードの量だけでなく、麺の硬さも調整してくれます。注文のときに自分の好みを伝えよう。

乾麺(1食324円)、生麺(2食810円)それぞれのタイプのお土産ラーメンも用意しているので、購入すれば旅先の味を家でも再現できます。

ライターアイコン

ライターのオススメ

香ばしい焦がしラードの旨みが、後をひく味です。ぜひ、味わってほしいのははちみつアイスクリーム。素朴で懐かしい味のするシンプルな甘さで、ラーメンの締めにもぴったり。

Writer : 金子 美里

執筆記事一覧>>

フリーランスライター。地元情報誌の編集として勤めたのち独立。現在は観光情報誌や旅行雑誌などに執筆。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン