* menu
閉じる

季節特集季節特集

冬を温かく照らす、あさひかわ
街あかりイルミネーション

writer : 石田 美恵

2017.11.22

12月初めから3月中旬まで寒さの続く旭川の夜。街は「あさひかわ街あかりイルミネーション」の温かい光に包まれます。街を彩るのは、約20万個のイルミネーション。会場は、JR旭川駅前から続く「平和通買物公園」「緑橋通り」「昭和通り」の3本の通りと、「七条緑道」「常盤ロータリー」の合計5エリア。
イルミネーション
キラキラオブジェ
ちょっと厚着をして、きらめく夜の街歩きにでかけましょう。寒さもきっと気にならなくなる、はずです! 

街あかりのスタートは、ナナカマドのイルミネーション

JR旭川駅を背にして、右手に見えるのが「緑橋通り」。街路樹としてナナカマドが植えられ、そのほとんどにイルミネーションがついています。オレンジ色の温かな光りが、どこか懐かしい景色。
街路灯
そもそも、あさひかわ街あかりイルミネーションは、1995年の冬に「緑橋通り」のナナカマドに灯りをつけたのがはじまり。「冬の夜を明るくしよう!」と道沿いの商店や会社がメンバーになり、いまよりずっと小さな規模でスタートしました。それがだんだん広がって、2000年から本格的に現在のスタイルに。
樹のイルミネーション
枝をよく見ると、先のほうだけ赤い光が光っています。これは秋になると赤く色づくナナカマドのイメージ。ナナカマドは旭川のシンボルツリーなんですよ。

メインの平和通買物公園は、シックな色と光が華やか

一番明るく華やかなのは、駅前の中央から続く「平和通買物公園」エリア。こちらは両サイドの街路樹に、青や紫の灯りが輝いています。通りにはお店がたくさん並んでいるので、寒くなったら逃げ込めるので安心ですね。
平和通買物公園
雪の結晶の形をしたライトもあります。冬の澄んだ空気のなかだと、きらめきがいっそう鮮やか。
雪の結晶
かわいい雪の滑り台も登場。不思議な動物たちが、街あかりを盛り上げています。
雪の滑り台
かわいい仕掛け
「平和通買物公園」の全長は約1km。ちょっと長いかな、と思うかもしれませんが、ブラリと散歩するにはちょうどいい距離です。日本初の歩行者天国で、冬ならではの景色を楽しみましょう。

星空のイルミネーションで思い出づくり

「平和通買物公園」の1本隣は、旭川一の繁華街、「さんろく街」のある「昭和通り」。こちらには赤と青の「ツインピラー」がそびえています。このモニュメントはさんろく街のシンボルで、街あかり期間以外も点灯中。
ツインピラー
幻想的な光
石焼きいものお店が出ていたり、昔ながらの光景が楽しいエリアです。
焼き芋屋さん
そして、3本の通りを貫くように伸びる「七条緑道」には、金色に輝く光のトンネルが。上を見上げると、まるで満天の星空です。
光のトンネル
光の夜空
それぞれのエリアによって表情が違う、冬限定のあさひかわ街あかりイルミネーション。ロマンチックな旭川の思い出に、お出かけしてみませんか?

スマートポイント

  • 「平和通買物公園」は、毎年2月上旬に「氷彫刻世界大会」の会場になります。期間中はイルミネーションと相まって、さらに美しい光景に出合えます。
  • 記念写真を撮るときは、三脚があるとキレイに撮影できます。スマホなどの「夜景モード」も便利。
  • 晴れた夜はイルミネーションがクッキリして美しい景色ですが、雪がしんしんと降る夜も、幻想的で思い出に残ります。

ライターのおすすめ

「七条緑道」までいくと、周りにお店や街灯が少なくなるので、イルミネーションがひときわ目立ち、キラキラ空間に浸ることができます。ぜひがんばって、こちらまで足を伸ばしましょう!

石田 美恵

札幌出身。料理本編集者として東京の出版社に勤めたのち札幌にUターン。海藻と羊肉、鮭、お寿司が好きです。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン