ヒグマを飼育していることで知られる昭和新山熊牧場は、100頭近くのヒグマたちが愛嬌たっぷりの姿を見せてくれる人気スポット。とくに、春に生まれたばかりのこぐまが遊びまわっている姿は、思わず「かわいい!」と声に出てしまうほど。
昭和新山熊牧場
大人のヒグマたちは芸達者でおねだり上手。餌を見せると手を振ったり、手を合わせて「ちょうだい、ちょうだい」とアピールしてくるところがなんとも愛らしいです。加えて、かわいいだけじゃない迫力あるくまの生態を間近で観察できる「人間の檻」もぜひ体験しておきたいスポットです。
人間の檻

キュートな子ぐまにメロメロ!

洞爺湖の南、有珠山ロープウェイにほど近い場所にある昭和新山熊牧場。チケット売り場のある入場口からすぐのところに設置されている「くまの幼稚園」には、春に生まれたばかりの子ぐまたちが飼育されています。
くまの幼稚園
滑り台で遊んだり、プールに飛び込んだり、じゃれあって相撲をとったりと、無邪気でぬいぐるみのように愛らしい姿は思わず頬がゆるんでしまうこと間違いなし! 5月ごろまで1日3回ミルクタイムがあるほか(子ぐまの成長によって期間が異なります)、季節によって、子ぐまの移動が見られることも。開催情報はホームページか、お問い合わせの上ご確認ください。
あそぶクマたち

かわいいおねだりにキュン!

園内にいるヒグマたちは「くまの小学校(1~2歳)」、「くまの中学校(3~4歳)」、「くまの高校(5~8歳)」、「大牧場(9歳以上)」など、年齢別の檻に分けられています。小学校・中学校のくまたちは元気いっぱい。水遊びをしたり、じゃれあっていたりします。まだまだ子どもですが、体は大きいので、じゃれあいには迫力を感じられます。
園内のヒクマ
どのくまたちもおやつが大好き! 入口に売っているクッキー(1袋100円)や、壮瞥町内の農家から直接仕入れているリンゴ(例年9月~翌年4月までの期間限定、収穫状況によって期間は異なります)を見せると、2本足で立って手を振ったり、手を合わせておねだりする姿は愛嬌たっぷりです。おやつのキャッチも上手なので、熊たちが取りやすいように投げてみましょう!
二本足で立つヒグマ

目の前に熊!? 大迫力を味わえる「人間の檻」

「大牧場」横の階段を下りると、ガラス張りの部屋から目の前で大人のヒグマを観察できる「人間の檻(特別観察室)」があります。この部屋のガラスの上部にはエサ投入口があるので、熊牧場入場口か園内の自動販売機、または「人間の檻」室内にある自動販売機でエサを購入しましょう。
エサの自動販売機
エサを投入口に入れると、餌を食べようと大人の雄ぐまが急接近! 牙が見えるほど大きく口を開く熊の姿は迫力満点で圧倒されるほど。鋭い爪や牙、大きな体など、ヒグマの全身を細部までじっくり観察できる機会は、なかなかありません。
こちらをのぞき込むヒグマ

小さなアライグマに癒されて

園内ではヒグマに加え、アライグマも飼育しています。チケット売り場のある入場口近く、「くまの幼稚園」から通路を挟んで向かい側に「アライグマ牧場」があります。基本的に夜行性の動物なので日中は寝ていることが多いようですが、数頭で寄り添って寝ている姿はとってもキュート。大きなくまたちの迫力を存分に感じた後に見ると、癒されること間違いなしです。
アライグマ

ここだけで買える熊グッズがずらり

チケット売り場のあるフロアには、おみやげやオリジナルグッズが並ぶ売店があります。ここでは昭和新山熊牧場オリジナルのTシャツや、熊油を配合した美容クリームに加え、北海道みやげとして有名な木彫りの熊や、「クマ出没注意」のステッカーといった、くまにちなんだ商品がずらり。
熊油
美容効果抜群といわれるオリジナル馬油や、癒し効果のあるラベンダーグッズなどが並んでおり、見ているだけでも楽しめます。フロア内には休憩所もあり、周辺地域の観光案内パンフレットが用意されているので、一休みしながら旅の計画を確認するにもピッタリです。
様々なグッズ

スマートポイント

おねだり姿が愛らしい! 昭和新山熊牧場のヒグマたち 昭和新山熊牧場のホームページには、入園料が10%OFFになる割引クーポンがあります。お出かけの前に忘れずにチェックしておきましょう。

昭和新山熊牧場は有珠山・昭和新山のすぐ近く。徒歩で楽々回れる距離なので、観光の際は3カ所同時に回って自然をとことん満喫するのがおすすめです。駐車場は共有なので、追加料金はかかりません。

「くまの高校(5~8歳)」の横には、牧場きってのエリートくまたちが芸を磨いている「芸の養成所」があります。芸達者な彼らは様々なポーズをとってくれるので、ぜひおねだりの姿に注目してみてください。

ライターアイコン

ライターのオススメ

なんといっても、コロコロとしたこぐまたちは必見!思わず抱きしめたくなるかわいらしさです。また、「芸の養成所」もおすすめです。私が餌をあげたときは、座りながらY字開脚を披露してくれました。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン