国内外の観光客に人気のスポット「北きつね牧場」があるのは、北見市留辺蘂(るべしべ)町の温根湯温泉郷。目の前を流れる無加川を挟んだ向かい側には、水族館が人気の道の駅 おんねゆ温泉があります。
国内外の観光客に人気のスポット「北きつね牧場」
1983年開園で、現在飼われているキタキツネは約60匹。動物園と違って放し飼いにされているので、柵なし状態で間近に見られるのが一番の人気の理由です。
柵なし状態で間近に見られる牧場

アプローチから出口までキツネ満載!

女満別空港から約1時間半のドライブ。道の駅 おんねゆ温泉から川を渡ったすぐの場所。赤い屋根に大きく「北きつね牧場」と書かれ、誰の目にも「あそこ!」とわかるシンプルさです。外壁に描かれたキタキツネのイラストや稲荷神社の鳥居など、キツネ感満載の外観が圧倒的です。
キツネ感満載の外観
入口横では星柄パンツとマントを身に着けたスーパーフォックスくんが、満面の笑みでお出迎え。なかに入ると右に休憩所、左にお土産コーナーがドド〜ンと広がります。チケット売り場は入口の正面。手前右側の壁には愛らしいキタキツネの写真が飾られています。
スーパーフォックスくん

警戒心が解ければ、シャッターチャンスも!

牧場内では遊歩道に沿って見学。一歩入った瞬間から、痛っ!というほど感じるキツネたちの熱い視線。こんなに注目されたこと、人間界じゃ体験したことないってくらい、見られてる感、満載!な体験ができます。
マイペースなキタキツネ
ごあいさつも兼ねて「仲良くしようよ!」と近づくと、そそくさと背中を向けて、つれない素振り。かと思うと、足を止めて見返り美人風に振り返って、こちらをチラ見。マイペースぶりはまるでニャンコ、つぶらな瞳はどこかワンコ似。そこがなんだかカワイイ♥キツネなのです。
木陰で佇むキタキツネ
近づくとほぼ確実に逃げてしまいますが、警戒心が解ければ顔アップのシャッターチャンスが訪れる可能性も! じっくり粘って、カワイイ瞳をカメラに納めしましょう!
犬に似たつぶらな瞳

オリジナルグッズの豊富さはビックリもの

牧場出口に続くお土産コーナーには温根湯温泉の特産品や銘菓のほか、キタキツネグッズが「こんなにっ!」と驚くほど揃っています。キツネをモチーフにしたピンバッチやストラップ、Tシャツなどのオリジナルグッズもふんだんで、売り場面積は温根湯温泉モノより広いくらいです。
牧場出口に続くお土産コーナー
お土産品に混じって子ギツネの写真などが飾られた「ミニギャラリー」や、牧場のアイドルたちを紹介する掲示板などもあるので、こちらも見逃さずにチェックを。
子ギツネの写真などが飾られた「ミニギャラリー」
牧場生まれの子以外に、留辺蘂町界隈で保護された子ギツネもすくすく育つ、北きつね牧場。60匹のキツネを間近に見られる場所は北海道でもまずないので足を運んで、愛らしい表情に心をほっこりさせてみましょう。
キタキツネのスナップ写真

スマートポイント

牧場の一番奥には「北きつねのなる木」があります。運が良ければ2〜3匹木に登っているかも!

4〜5月頃に夏毛に替わり、ほっそりスリムに変身。ふんわりモフモフの冬毛姿は11月頃から。冬の雪景色のなかでのモフモフ姿もオススメです。

6月上旬以降には、その年に誕生した子ギツネが公開されます。マルマルふくふくの子ギツネを写真に撮って、スマホの壁紙に!

ライターアイコン

ライターのオススメ

キツネたちを驚かさないように、ゆっくりのんびり歩いて見学。カメラを向けると逃げてしまうので、アップを狙いたい方はズームレンズや望遠レンズの準備も。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン