全国的にも著名なワイン醸造家が造った、まるで絵画のように美しいワイナリーが余市郊外の丘の上にあります。四季折々の花が咲き乱れる庭に、周囲の傾斜地に広がるブドウ畑…。建物1階にはショップとミシュランガイド一つ星に選ばれたレストラン、地下には自家栽培を中心にすべて余市産ブドウだけを使う醸造所があります。試飲、醸造所見学もでき、夢のようなひと時が過ごせますよ!
美しいワイナリー
ワイン&グラス

ワイン造りと余市への情熱あふれるオーナー夫妻

札幌から車で約1時間20分、余市からなら約10分ほど、余市郊外の小高い丘の上に立つのがオチガビワイナリーです。オーナーは、ワイン通の間では知らない人がいないほど著名な醸造家、落希一郎さん・雅美さんご夫妻。「余市を日本一のワインの町にしたい」との思いを込めて、2013年にオープンしました。
ご夫婦
落さん夫妻が目指すのは「日本一素晴らしいワイナリー」。ドアを開けた瞬間から、その言葉にふさわしい素晴らしい空間が広がります! ショップは木のぬくもりを生かした上品で落ち着きある造り。ここには地下の醸造所で造られた自社ワインがずらりと並んでいます。
自社ワインがずらり

愛らしい花たちに囲まれた庭でのテイスティングに感激

ワインはぜひ試飲をしてお気に入りを見つけましょう。おしゃれなカウンターで3種540円の試飲ができる「カウンター試飲」と、庭のテーブルでオススメ4種のワイン+おつまみを1,620円で試せる「ガーデンテイスティング」とがあります。
ワイン+おつまみ
噴水の周りを取り巻くように花々が植えられたイギリス風庭園でのテイスティングは優雅で最高の気分。初夏から秋にかけてはバラも見事です。まるで絵画の世界のなかで過ごしているかのようにハッピーな気持ちになれますよ。
イギリス風庭園

お皿の上の芸術品! 本格的フレンチの味わいにもウットリ

レストランも気になります! 何しろこちらは「ミシュラン・ガイド北海道2017」にも掲載されたフレンチの名店。「レ・ディシプル・ド・オーギュスト・エスコフィエ(=現代フランス料理の礎を築いたとされるオーギュスト・エスコフィエの正統な弟子)」の称号を持つシェフ・泊谷智史さんが、ひと手間もふた手間もかけて厳選された北海道素材の美味しさを引き出します。
シェフ
メニューはコースのみ。内容はその時々で変わりますが、上品な味わいの白身魚・八角をトウモロコシのヒゲで包んでカリッと揚げたり、ジューシーな和牛ローストの下にカキの燻製が隠れていたりと、お味はもちろん、見た目の美しさも心をワクワクさせてくれるサプライズ感もとびっきりなのです。
白身魚のフライ
牛のコース料理

ワインファン必見! 驚きと感動が詰まった醸造所見学

大人気なのが、レストランでのコース料理と醸造所見学・試飲が組み合わさったプラン(1人5,000円。4人以上で要予約)。このプランでは落さん自らが醸造所を案内してくれるんです! 造り手としての熱い思いにじかに接する体験にワイン観までが変わりそう。ワイン業界の興味深いお話も聞かせてもらえます。
醸造所
醸造所2
醸造所見学でとくに驚いてしまうのが8人用のテーブルが置かれた「特別試飲室」。ヨーロッパのワイナリーには設けられている、特別なゲストのための趣あふれる空間です。入るだけで神聖な気持ちになるこの部屋で試飲する1杯は格別の味わい。最高の思い出になりますよ。
試飲室

緑広がるブドウ畑。絵画の世界のような美しさを楽しんで

白ワイン用のシャルドネやゲヴュルツトラミーナ、赤ワイン用のピノ・ノワールやアコロン…。建物の周囲には美しいブドウ畑が広がります。栽培されているブドウはフランス系の品種が中心。よく手入れされた畑や庭園の景観にどんどん心が洗われていくような気持ちに!
庭園の景観
美しい風景
落さんが「ヨーロッパ以上」と絶賛するほど美しい風景のなかで、おいしいワインと食事を楽しみ、ワイン造りの現場にもふれられるオチガビワイナリー。ぜひ訪れてみてはいかがでしょう、ワインがいっそう大好きになりますよ。
ヨーロッパ以上の景色

スマートポイント

「ワインの木・オーナー」に登録すると(会費10,000円)、8年間、毎年1本ずつワインのプレゼントがもらえます。ほかにもさまざまな特典があるので問い合わせてみて。

ショップの壁は音響にも配慮された造り。コンサート、ワイン会などのイベントも数多く開催されるのでホームページでチェックしてみましょう。

JR余市駅からワイナリーまではタクシーで700円ほど。駅前にはニッカウヰスキー余市蒸溜所や観光案内所などがあります。札幌・小樽からは、JRのほか高速バス(北海道中央バスのニセコ号・いわない号・しゃこたん号)も便利です。

ライターアイコン

ライターのオススメ

「特別試飲室」というのは本来、特別に招かれたゲストとワイナリーのオーナー合わせて8人が、年代物のワインの最後の1本を楽しむための部屋。なぜ8人? それはフルボトルのワインをシェアするのにちょうどよい人数だから! ぜひ訪れてこの部屋の特別な空気感に触れてみてください。

Writer : 石渡裕美

執筆記事一覧>>

東京下町から札幌に移住して早20年。北海道LOVE、特に日高・十勝・函館が大好きです。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン