「本当のワインを知りたい」という人たちが全国各地から訪れている、札幌市のさっぽろ藤野ワイナリー。野生酵母という自然の力に寄り添って、手間をかけながら造られたワインは、ぶどう本来の味わいが楽しめるとワイン好きの間で高い評価を得ています。
手間をかけながら造られたワイン
藤野ワイナリー
工房併設のショップでは、窓越しに醸造所の見学や、試飲でワインの飲み比べも。隣のレストラン「Vigne(ヴィーニュ)」では、素材が生かされたパスタやピザなどのランチが人気。ワインで作った自家製アイスも絶品です。食後には、約千種類の植物を楽しみながらたどる無料のガーデン散策へ。さあ、札幌の街なかからちょっと離れて、ワインと一緒に優雅なひとときを過ごしてみませんか。

札幌をドライブするなら寄りたい、森のなかのワイナリー

さっぽろ藤野ワイナリーは、札幌市内に三ヵ所あるワイン醸造所のひとつ。アクセスは車がおすすめ。札幌中心部から30分あまり、国道230号線を定山渓温泉やルスツ、ニセコ方面に向かって走り、途中で左折して1.2km。北海道発祥のスポーツ、パークゴルフが楽しめる広大な「エルクの森」のなかに、ぶどう畑とワイナリーがあります。
ぶどう畑
ワイン貯蔵庫
「なるべく農薬を使わずにぶどうを育てて、体に優しいワインづくりをしたい」という、三人きょうだいの想いから生まれた藤野ワイナリー。ブドウ栽培で試行錯誤をすること約10年、いまでは自社農園や北海道内にある提携農家のぶどうを使って、年間15~16種類のワインを醸造、販売しています。少数生産のため、造ってもほどなく売り切れてしまうものも少なくないとか。

見晴らしの良い工房で、ぶどうが甘く香るワインの試飲を

緑に囲まれたワイナリーは1階が醸造所で、2階にワインの試飲と販売をしているショップがあります。醸造所に直接入っての見学は受け付けていませんが、2階のショップでは、商品が並んだ横長の窓から場内を見下ろすように眺められます。タイミングによっては、瓶詰めなどの作業をしているところが見学できるかもしれません。
長い黒板
様々なワイン
テイスティング
それでは、お楽しみのテイスティングといきましょう。ロゼの2016KOHARU(2,052円)や白の2016ナイヤガラ(1,944円)がグラスに注がれると、その甘い香りにうっとり。それでいて、飲んでみると意外にすっきりとした辛口で、そのギャップに驚かされます。辛口といっても、ぶどうの果実感がストレートに伝わる、フルーティーでやさしい味わい。スイーツと合わせるのもおすすめとか。

どれにする? 自然の発酵でやさしく育まれたワインたち

藤野ワイナリーが目指すのは、その土地と気候が育むぶどうの個性を大切にしたワイン。酵母を添加すれば通常は1~3週間で完成しますが、藤野ワイナリーは野生酵母による自然発酵だから、果汁によっては半年または1年と発酵の終了を待つこともあるそうです。
また、自然発酵であれば、ぶどうの未熟な実や劣化した実が入っているとワインの味に悪い影響を及ぼします。発酵させる前にそういった実を取り除く「選果」も、手間はかかりますが、スタッフの手でひと房ずつ丁寧に行われています。
うまみの元になる澱(おり)
ろ過はせず、うまみの元になる澱(おり)はそのままに。酸化防止剤は最小限か、ワインの種類によっては無使用。年ごとに収穫したぶどうの風味と味わいがストレートに伝わるこのワインを、毎回ファンたちは楽しみにしているそうです。
窓の外に広がる緑の風景
団体さんがいなければ、窓の外に広がるグリーンや花々を眺めながら、スタッフの方にワインのお話を聞くのもいいですね。手作りジャムやポストカードも販売していますよ。

新鮮素材のパスタ、香り豊かなワインのアイスはいかが?

工房に隣接するカフェ&レストラン「Vigne(ヴィーニュ)」でランチやお茶をするのもおすすめ。ポタジェ(菜園)で採れた作物などを生かした本格パスタやピザ、自家製スイーツは、ここだけのために訪れる人も少なくありません。
工房に隣接するカフェ&レストラン「Vigne(ヴィーニュ)」
「ベーコンと季節野菜のバジルソース」
「ベーコンと季節野菜のバジルソース」(1,000円)は、道産小麦のオリジナル生パスタを使用。新鮮な野菜がたくさん入ったこのメニュー、つるんとしたパスタやシャキシャキとした野菜の食感が楽しい! それぞれの素材が生かされた豊かな味わいに加えて、まとった自家製バジルソースが爽やかな気分になれる一品です。サラダ・パン・デザート・コーヒーのセットはプラス500円。
セットメニュー
藤野ワイナリーのワイン(350円~)との相性もぴったりで、一緒にランチをいただけば、これはもう幸せ気分に。ナイヤガラ(季節限定)とロゼワインの自家製ワインアイスクリーム(400円)もぜひ注文してみて。ワインと生クリーム、ミルクを使ってシンプルに仕上げたこのアイス、アルコール分は飛ばしてありますが、ぶどうの豊潤な香りや味はワインそのもの! さっぱりとした味わいは食後のデザートに最適です。
自家製ワインアイスクリーム

緑いっぱい! 小径を上って、花咲くガーデンをお散歩

エルクの森には、誰でもお散歩できる「ルーラル リトリート(田園の隠れ家)」というガーデンがあります。桜やバラ、ラベンダー、スイレンなど敷地内には約千種類の植物が見られるとか。ウエルカムゲートをくぐって、さあ、階段を上っていきましょう! ところどころに現れる、子どもや動物のオブジェも可愛らしいですよ。
ウエルカムゲート
可愛い子どもや動物のオブジェ
誰でもお散歩できる「ルーラル リトリート(田園の隠れ家)」
ガーデンからは、斜面に沿って広がるブドウ畑も眺められます。札幌の街なかを忘れてしまうような緑のなかで、美味しいワインとイタリアンもいただける、ここはちょっとした穴場スポット。緑のなかでたくさん深呼吸をして、リラックスした時間を過ごしてくださいね。

スマートポイント

エルクの森は、パークゴルフ用の駐車場とワイナリー・レストラン用の駐車場が分かれています。国道から入ってエルクの森の駐車場は通り過ぎ、ほどなく見えるレストラン ヴィーニュの案内板から入りましょう。

ワインのほかにも美味しいのが自家製ジャム。ぶどう、アロニアなどレストランやショップでも買えるのでお土産におすすめです。ランチセットのパンにもアロニアジャムが付いてくるので、気に入ったら買ってみても。

ぶどう畑への立ち入りは禁止です。入口には動物対策のため電気柵が設置されていますが、触らないように気をつけて! 畑で作業している人がいたら、ひと声かければタイミング次第で畑を見せてもらえるかも。

ライターアイコン

ライターのオススメ

ショップでワインを1万円以上購入すると送料が無料に(2017年8月現在、変更の可能性あり)。少数生産で在庫切れも早いため、気に入ったら買っておいたほうが賢明。おうちでも北海道のテロワールを楽しんで。

Writer : タカハシアキコ

執筆記事一覧>>

北海道移住歴20年。亜熱帯の血を持つ寒がりライター。お手ごろで魅力的なモノやスポットを発掘すべく歩き回っています。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン