* *

観光観光

SMART SPOT

網走の「オホーツク流氷館」で
神秘的な流氷と絶景を楽しもう

冬のオホーツク海の風物詩「流氷」。気象や海流などの影響で日々流れ動いてゆく流氷は、地球温暖化などの影響もあり、厳冬期に訪れてもいつでも見られるわけではない、いまや貴重な存在。そんな神秘的な流氷を1年中いつでも見られる観光スポットがあります。網走市にある、天都山(てんとざん)展望台「オホーツク流氷館」です。
天都山(てんとざん)展望台「オホーツク流氷館」
ここは流氷とオホーツク海の生き物をテーマとした観光施設。オホーツク海から運んできた本物の流氷が展示されていて、美しい流氷世界の映像シアターや、人気の「クリオネ」などにも会える、体感型観光スポットなんです!
名勝天都山の山頂という立地も魅力! 展望テラスや展望レストランなど、大パノラマの絶景や、網走ならではのグルメまで楽しめる、天都山展望台「オホーツク流氷館」に行ってみましょう。

ライター : 藤本誠一郎

2018.02.07

明るいエントランスから地階にある神秘的な流氷世界へ

オホーツク流氷館へのアクセスは、JR網走駅から車やバスで10〜15分、女満別空港から20分ほど。開放的なエントランスホールから、流氷をイメージした幻想的な階段を降りて、地階にある神秘の流氷の世界へ。
流氷をイメージした幻想的な階段
まず目に飛び込んでくるのが、北海道内最大級の常設プロジェクションマッピング! 流氷アートや、オオワシやクリオネも登場するアニメーションで迎えてくれます。
北海道内最大級の常設プロジェクションマッピング
流氷はどこから来るのか、流氷の一生や、流氷からの贈り物、最近話題を呼んだ流氷渦など、興味深い流氷の情報がパネルや貴重な映像で詳しく紹介されています。4K撮影された美しい映像が視界いっぱいに広がる「流氷幻想シアター」も必見! 流氷が接岸する様子や、流氷鳴りや幻氷などの珍しいシーン、迫力の流氷観光砕氷船など、臨場感あふれる映像に思わず興奮!
「流氷幻想シアター」も必見!
流氷の海の生き物たちも小さな水槽で飼育されていて、間近で観察できます。流氷の天使と呼ばれる人気の「クリオネ」をはじめ、表情がなんとも可愛いナメダンゴやフウセンウオなどにも会えますよ!
クリオネ
表情がなんとも可愛いナメダンゴやフウセンウオ

マイナス15℃の「流氷体感テラス」でしばれ実験!

さぁ、いよいよオホーツク流氷館最大の目玉! 一年中本物の流氷が展示された「流氷体感テラス」へ入ってみましょう。防寒着もレンタルできるので軽装で訪れても大丈夫。ここでは入口に置いてある濡れタオルを持って「しばれ実験」をやってみて!(北海道の方言で、凍ったり凍るほど寒いことを「しばれる」と言います)
「流氷体感テラス」
ちょっと身構えてしまうような頑丈な自動扉の向こうは、なんと気温マイナス15℃! まるで冷凍庫のような極寒の世界。これが流氷がやってくる網走の厳冬期の寒さなんです! さっそく濡れタオルを振り回すと…本当にあっという間にしばれてまっすぐ立ってしまうんです! 目の前には想像以上の大きさの真っ白な流氷がゴロゴロと置かれています。その量なんと100トン! なんとも衝撃的な光景ですよ!
濡れタオルが凍る「しばれ実験」
流氷の上にはかわいいキタキツネやアザラシ
流氷の上にはかわいいキタキツネやアザラシのはく製も。本物の冷たい流氷にはぜひ触ってみて! 幻想的な色彩にライティングされた神秘的な空間で、ロシアのアムール川の河口で誕生し、はるばるオホーツク海を渡ってきたロマンあふれる流氷を、思う存分体感しましょう!

「展望テラス」で風を感じながら絶景を満喫しよう!

地階の流氷館で思う存分流氷を楽しんだ後は、エレベーターで一気に3階屋上の「展望テラス」へ上がってみましょう。ここは屋上全体がゆったりとした開放的な空間になっています。周りに視界を遮るものもない、想像をはるかに超えた大パノラマの絶景に感嘆の声が!
3階屋上の「展望テラス」
「天の都にいるような心地にさせるほど美しい」と称される名勝天都山のネーミングにも納得! その眺望は、天都山の雄大な森の向こうに見える網走湖、能取湖(のとろこ)、網走の街から濤沸湖(とうふつこ)、世界自然遺産知床まで弓なりに続くオホーツク海の美しい海岸線! そして遠く阿寒の山並みまで、まさに360度の絶景なんです!
ホーツク海の美しい海岸線と遠くの山並み
天都山展望台「オホーツク流氷館」が立つ天都山の山頂の標高は海抜207m。眼下に見渡す限り広がる雄大な北の大地と大空、そしてどこまでも深く青く美しく、流氷の時期には白い大陸と変貌する雄大なオホーツク海!四季折々に北海道オホーツクの絶景を、展望テラスで風を感じながら心ゆくまで満喫しましょう。
白い大陸と変貌する雄大なオホーツク海

大パノラマの「カフェ&レストラン360」で素敵なランチを

オホーツク流氷館の2階には、この絶景を見ながら食事ができる「カフェ&レストラン360」があります。店内ほぼ全面が大きな窓ガラスに囲まれていて、オホーツク海や知床連山、網走湖などを一望できる、まさに天空のパノラマレストランなんです!
網走湖などを一望できる天空のパノラマレストラン
「地元の良いもの、本当に美味しいものを食べてほしい」という想いが込められた、網走産や道内産の食材をふんだんに使った魅力的なメニューの数々。人気は、カニの旨味溢れる「網走産アブラガニとズワイカニのレッドカレー」をはじめ、旨味たっぷり「網走和牛と十勝マッシュのビーフストロガノフ」や、臭みのまったくない感動の柔らかさの「知床産エゾシカのロースト丼」など、自然の恵みいっぱいの美味しさです!
カニの旨味溢れる「網走産アブラガニとズワイカニのレッドカレー」
旨味たっぷり「網走和牛と十勝マッシュのビーフストロガノフ」
ちょっと贅沢に、生パスタと肉や魚から選べるランチコースなどもありますよ!そして〆は、網走の有名ブランド「はぜや」監修の珈琲!大自然の絶景に囲まれた店内で、ゆったりとくつろげる素敵なランチはいかがですか?

大人気の流氷ソフトクリームや限定商品のお土産もゲット!

オホーツク流氷館1階のカフェ「カフェ・ド・クリオネ」では、流氷館限定の流氷ソフトクリームが大人気!ここでしか食べられない、オホーツク海の塩を使った塩キャラメル味をぜひ味わって! 甘いキャラメルに海藻由来の青い塩が引き立つ独特の美味しさ。観光客だけでなく、添乗員さんや観光バスガイドさんたちにも人気なんですよ。
流氷館限定の流氷ソフトクリーム
流氷館の魅力を詰め込んだギャラリーのようなミュージアムショップにも立ち寄ってみましょう! 定番のお土産はもちろん、網走の景色や流氷をモチーフにした、流氷館オリジナルのさまざまな素敵なグッズがずらり。お気に入りのお土産もきっと見つかりますよ!
ギャラリーのようなミュージアムショップ
網走ならではの神秘的な流氷体験とダイナミックスケールの絶景、網走食材こだわりのグルメと、一年中いつ訪れても楽しめるとっておきの観光スポット! 天都山展望台「オホーツク流氷館」へ訪れてみてはいかがでしょうか。

スマートポイント

  • 入場料金がかかるのは地階にある流氷館のみ。エントランスから2階の展望ギャラリーやレストラン、3階屋上の展望テラスなどへは入場無料! 何度でも足を運べます。展望テラスは地元のカメラマンにも人気スポットなんです!
  • 冬の流氷の時期、流氷館の外では、チューブボブスレーでオホーツク海を眺めながら滑り降りるスリル満点の「流氷絶景スライダー」や「氷の滑り台」などのアクティビティも楽しめますよ!
  • オホーツク流氷館が立つエリアは名勝天都山の大自然。春には数多くのエゾヤマザクラが咲く名所にもなっていて、季節の花々や白樺やカラマツの林も北海道ならではの美しさ! 流氷館の外の広い敷地の散策もオススメです。

おすすめポイント

ここ網走市天都山周辺は、流氷館以外にも博物館網走監獄、北方民族博物館など網走ならではの観光施設をはじめ、広大なお花畑やオートキャンプ場、温泉、グルメスポットまで揃っていて、四季折々さまざまな楽しみ方ができるおすすめの観光エリアです!

藤本誠一郎

網走在住のグラフィックデザイナー。道東オホーツクから、とっておきの観光スポット情報をお届けいたします!

スポット詳細

スポット名 オホーツク流氷館
住所 北海道網走市天都山244番地の3
ジャンル 観光
電話番号 0152-43-5951
料金 入館料:大人750円、高校生640円、小・中学生540円
営業時間 夏季(5月〜10月):午前8時30分〜午後6時
冬季(11月〜4月):午前9時〜午後4時30分
年末年始(12月29日〜1月5日):午前10時〜午後3時
定休日 無休
駐車場 あり(無料)
備考 HP : https://www.ryuhyokan.com

Google MAPで見る

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン