* menu
閉じる

スキー・スノボスキー・スノボ

世界中の憧れの場所
ニセコグランヒラフ

writer : 國分 知貴

2017.11.16

リフト

提供写真:東急リゾートサービス

ニセコエリア内で最大の規模を誇る「ニセコグランヒラフ」。ビッレジやアンヌプリの他エリアと比べて最も賑わうエリアで、ゲレンデや麓の街全体が活気であふれています。

日本最大級のスケールと極上の雪質のゲレンデ。頭の上まで舞い上がるパウダースノーを体感するも良し。極上の雪質の中のんびりとリゾートスキーを楽しむのも良し。雪の広場で子どもとスノーチュービングで遊ぶも良し。ベースタウンには多彩な宿泊施設や飲食店が軒を連ね、付近には良質な温泉も湧出。海外からの観光客も多いので異文化交流もできます。

スキーやスノーボードを楽しんだ後に過ごす楽しみのバリエーションが豊富なのもヒラフならではの魅力です。
スノーボード

提供写真:東急リゾートサービス

外国人も魅了する日本屈指の広大なゲレンデ

夜の雪山

提供写真:東急リゾートサービス

ニセコアンヌプリ山(1,308m)には4つの広大なスキー場があり、総称して「ニセコユナイテッド」と呼びます。その中で中央に位置する最大規模のグランヒラフ。

自由に行き来できるHANAZONOエリアも合わせると、30のコースと15ものリフトがあり迷ってしまうほど。リフトのトップからボトムまで標高差940m。最長滑走距離はなんと5600mと圧倒的なスケール!
ナイターエリアも広く、ほとんどのコースを滑ることができます。初心者からエクストリーマー、子どもから大人まであらゆる人がスノースポーツを楽しめるグランヒラフは、
まさにニセコの中心とも呼べるスキー場なのです。
マップ1

ニセコ全山MAP
マップイラスト提供:ニセコユナイテッド・東急リゾートサービス

マップ2

グランヒラフMAP
マップイラスト提供:ニセコユナイテッド・東急リゾートサービス

どこを滑っても極上のパウダースノー

楽しんでいる人たち

提供写真:東急リゾートサービス

グランヒラフには極上のパウダースノーを求めて世界中の人が訪れます。そのリクエストに応えるようにあるコースが「スーパーコース」。斜度もあり、すり鉢状になった独特の地形で、朝一番には最高のパウダーライディングが楽しめます。

ゆったりと滑りたい人にオススメしたいのは「白樺コース」。混雑時でも比較的すいているコースで、何より晴れた日の眺望が抜群に良いのです。傾斜も緩やかで滑りやすく景色を見ながらのクルージングは最高です。

上記の2コース以外にも魅力的なコースはたくさんあります。自分好みのコースを見つけるのも醍醐味です。もちろんどのコースに行っても雪質は世界トップクラス!
楽しんでいる人たち2

提供写真:東急リゾートサービス

ヒラフならではの賑やかなイベント! 真冬の花火も

キャンドルナイト

提供写真:東急リゾートサービス

ヒラフでは各種イベントや大会も多く開催しています。その中でも毎年の恒例行事、大晦日に行う「たいまつ滑走」は要注目。

200人程の人々がたいまつを持って滑走して文字を描く灯りは幻想的。ゲレンデを流れ落ちる ように滑ってくるたいまつの灯り、そして夜空に打ち上がる約200発の花火が新年を祝います。大晦日のカウントダウンイベントは夜11時ごろから始まり、ヒラフエリア全体が大勢の人で賑わいます。年末年始のヒラフはまるで海外のニューイヤーフェスティバルのよう!

たいまつ滑走は参加定員はありますが観光客でも参加申し込み可能。年末にヒラフに訪れる人は旅の思い出に是非参加してみましょう。きっと記憶に残る冬の思い出になるはずです。
花火

提供:東急リゾートサービス

高さ30cmの豪快ハンバーガー!

ハンバーガー

提供写真:東急リゾートサービス

グランヒラフで食事をするなら、ゴンドラのすぐ隣にあるマウンテンセンター内のレストランカフェ「タンタ・アン」がオススメ。中でも名物になっている1日5食限定の驚きメニュー「ニセコ・ツリーバーガー(3,000円)」は注目の一品です。高さ30cmでボリュームたっぷりのハンバーガーは家族や友達と一緒に楽しむのにピッタリ。
もちろん滑ったあとの空腹時なら1人でもいけちゃうかも!?ヒラフエリアにはタンタ・アン以外にも、たくさんの飲食店やカフェBARなどがあり、アフタースキーに迷ってしまうほど。昼も夜も楽しいのがヒラフなのです!
くつろげる室内

提供写真:東急リゾートサービス

ニセコアンヌプリ山すべてのエリアを滑り尽くす

リフトから見える絶景

提供写真:東急リゾートサービス

リフト券は「グランヒラフ券」と「全山共通リフト券」の大きく2種類。全山共通は文字通り4つのエリアを縦横無尽に滑ることができます。色々な場所を滑り尽くしたい人にオススメ。きっとニセコのスケールの大きさを実感できるはず。

グランヒラフ券はグランヒラフとHANAZONOを行き来可能。ゴンドラを降りて2人乗りのリフト「スインギングモンキー」に乗るとHANAZONOエリアへ。山頂付近で2つのエリアが繋がっていますが山麓は全く別の場所なので混乱しないよう注意が必要です。5時間券、8時間券、1日券などの種類があるので自分の滑り方に合わせて購入しましょう。

レンタルギアも充実しているので手ぶらで来ても楽しめます!フルセットのレンタルだと必要なギア、小物などすべて揃って5時間6,600円〜。

充実のシャトルバスで移動に困らない

無料シャトルバスご案内
他エリアへの移動方法はリフトに乗って山頂付近からの移動する他「ユナイテッドシャトル」を利用しましょう。ニセコ全山4つのエリアと倶知安市街を結ぶ連絡バスでどのエリアからでも好きなエリアに移動可能。シーズン中毎日運行しているので誰でも利用できます。特に全山共通リフト券をお持ちであれば無料で利用可能。

HANAZONO〜ヒラフエリア間だけであれば、どなたでも無料のフリーシャトルバスが毎日出ていますのでこちらを利用するのも良いでしょう。運行時間は事前に確認しておきましょう。各エリアこうして簡単に行き来できるのもニセコの魅力の1つですね!

ヒラフエリア内だけの無料バス「グランシャトル」もあります。宿泊先近くのバス停から乗ってすぐゲレンデへ!
楽しんでいる人

*2017-18シーズンの営業期間について(2017年11月16日更新)*

・オープン予定日
2017年11月23日(木)

・営業期間
2017年11月23日木)~2018年5月6日(日)

・ナイター営業
2017年12月9日(土)~2018年3月18(日)

※最新の情報は公式WEBサイトよりご確認ください。

スマートポイント

  • 札幌からのご利用なら「バスパック」が断然お得。
    札幌〜ニセコの往復バスチケットと全山共通8時間券でなんと6,850円。
    通常利用より3,950円もお得!
  • 「ヒラファーズパック」は
    グランヒラフ8時間券4,900円+施設利用券800円分で4,700円。
    各コンビニで発売しています。
  • 乗り始めるリフトは、センターフォーなのかゴンドラなのかで
    駐車場の場所が違うので注意が必要です。

ライターのおすすめ

最後の写真、実は普通のゴンドラではなくニセコに1台しかない
「ラッキーゴールデンゴンドラ」。
外見は他のゴンドラと変わりないが、
内装はなんと金一色!乗ることができたらラッキー!
50番のゴンドラに注目です。

國分 知貴

自然で遊ぶ事と美味しいものを食べてお酒を飲むのが何よりの好物。フォトライターとしてそんな好物を生きた情報でお届けする。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン