* menu
閉じる

スキー・スノボスキー・スノボ

大人な雰囲気漂うリゾート
ニセコビレッジスキー場

writer : 國分 知貴

2017.11.21

ニセコビレッジスキーリゾート
賑やかなニセコグラン・ヒラフ、開放的なニセコアンヌプリ国際といった印象の両ゲレンデに対し、洗練された大人の雰囲気漂うエリアが「ニセコビレッジスキーリゾート」です。他エリアに対して比較的縦に流れるコース構成は国内屈指の長いパウダークルージングを楽しむことができます。

また、コースからホテルまで直結しているのもこのスキー場の特徴で、パウダースノーにたっぷり浸かった後はすぐに温泉に浸かることも可能。ラグジュアリーなスノーリゾートを堪能するならニセコビレッジへ行きましょう!
雪山と人

温泉 グルメ ショッピング 何でも揃うスキーリゾート

ニセコユナイテッド

イラストマップ提供:ニセコユナイテッド・ニセコビレッジ

4つの広大なスキー場

イラストマップ提供:ニセコユナイテッド・ニセコビレッジ

ニセコアンヌプリ山(1,308m)には4つの広大なスキー場があり、総称して「ニセコユナイテッド」と呼びます。アンヌプリエリアとヒラフエリアの中央に位置するのがこのエリア。2007年まではニセコ東山スキー場の名称で親しまれていたことから、地元の人は現在でもビレッジのことを「東山」と呼んだりします。

またニセコ内でも特に「リゾート」と呼ぶにふさわしいエリアがここ。ホテルはゲレンデ直結。宿泊、温泉、食事、ショッピングと1つのエリアで何でも揃ってしまうのが魅力的です。リゾートステイを満喫したい大人や家族連れには特にオススメのエリア。
オススメのエリア

なまら?だべさ?ユニークなコース名!

スキーをしている2人
ビレッジスキー場はコース名がユニーク!「ざんぎ」「じょっぴん(方言で鍵のことをこう呼びます)」など北海道にちなんだネーミングでインパクト大のコース名は一度見たら忘れない程。「だべさ」から「なまら」を滑り降りたら「なまら良かったべさ〜」と思わず言ってしまいます。

パウダー好きにはニセコビレッジが誇る名物コース「スーパースティション~じゃがいも~みそしる」と続けて滑るのがオススメ。全長2km以上の非圧雪コースとなり、スキー場内でここまでロングなパウダーコースを滑られるのは国内でも稀です。

ゆったりと滑りたい人は「エンチャントメント」から続くコースがオススメ。斜度もゆるやかで原生林を縫うように滑るこのコースは雰囲気抜群です。
エンチャントメント

ちょっと変わったゴンドラで山頂へ!

レンタル風景
まずリフト券は大きく2種類に分かれています。「ニセコビレッジリフト券」はビレッジエリアのみ乗車可能。「全山共通リフト券」は文字通り4つのエリアを縦横無尽に好きなエリアを滑ることができます。
色々な場所を滑り尽くしたい人にオススメします。

レンタルも充実しているので手ぶらでの利用も可能です。板やウェア、小物など細かく料金は分かれていますが10,000円程度あれば全て揃います。初心者の方にはスクールもあるので安心です。
初心者
ロープウェイ
ビレッジのゴンドラはとてもユニーク。一般的なゴンドラは向かい合わせで座りますが、ここのゴンドラは前後に扉があり背中合わせに座り、どこに座っても外の景色を楽しめるのです。一気に山頂付近まであがり、思い思いにロングランを楽しみましょう!

標高1,000mでカフェタイム

ザ・ルックアウトカフェ
山頂リフト「ワンダーランドチェアリフト」のふもとに位置する「ザ・ルックアウトカフェ」は標高1,000mの山頂レストランです。コースの中央付近にポツンとある佇まいはまさしく山小屋!しかし扉を開けると店内はとってもスタイリッシュです。

メニューには暖かいホットドリンクをはじめ、パンボールで楽しめるクラムチャウダーや北海道素材を生かした麺類メニューなどバラエティ豊か。標高1,000mの山の中で暖かく贅沢な時間を過ごせます。

他のエリアへの移動も便利!

nisekobiregjji
ゴンドラから降りさらに山頂付近へ行く「ワンダーランドチェアリフト」

他エリアへの移動方法はリフトに乗って山頂付近からの移動する他「ニセコユナイテッドシャトル」を利用しましょう。ニセコ全山4つのエリアと倶知安市街を結ぶ連絡バスでどのエリアからでも好きなエリアに移動可能。シーズン中、毎日運行していて誰でも利用できます。特に全山共通リフト券をお持ちであれば「無料」で乗ることができます。運行ダイヤはシーズン中の期間によって変わるで事前に確認しましょう。

世界中から沢山の人が訪れる「ニセコ」。交通アクセスが整っているのも魅力の1つではないでしょうか。

スノーキャット

雪が深くても進んでいく「スノーキャット(雪上車)」。

 

提供写真:ニセコビレッジ

*2017-18シーズンの営業期間について(2017年11月21日更新)*

・オープン予定日
2017年12月1日(金)

・営業期間
2017年12月1日(金)~2018年4月8日(日)

・ナイター営業
2017年12月9日(土)~2018年3月18日(日)

※最新の情報は公式WEBサイトよりご確認ください。

スマートポイント

  • 札幌からのご利用なら「バスパック」が断然お得。
    札幌〜ニセコの往復バスチケットと全山共通8時間券でなんと6,850円。
    通常利用より3,950円もお得!
  • 全山共通8時間を購入予定で、
    車でのご利用ならコンビニに寄るのを忘れずに。
    同じ料金(5,600円)で800円分のレストラン券が付いてきます!
  • 他エリアに行った場合、戻る手段はバス利用も快適ですが、
    各エリア間20分〜30分かかる(例えばアンヌプリ〜ヒラフは約40分)
    できればリフトを利用して滑って戻った方が良いです。

ライターのおすすめ

前日の午後5時まで要予約のサービス「キャットスキー(1人9,000円)」は極上のパウダーが約束されています。 朝6時45分にキャット(上記の写真の雪上車)に乗り込みまだ誰も滑っていないゲレンデへ。パウダー好きには最高です。

國分 知貴

自然で遊ぶ事と美味しいものを食べてお酒を飲むのが何よりの好物。フォトライターとしてそんな好物を生きた情報でお届けする。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン