* menu
閉じる

スキー・スノボスキー・スノボ

青と白のコントラストが
絶景の天狗山スキー場

writer : 國分 知貴

2017.11.21

絶景の天狗山スキー場
小樽の街を見下ろす標高532mの「天狗山スキー場」。
実は北海道におけるスキー発祥の地とされ(諸説あります)、
数々のオリンピック選手を輩出している歴史ある場所でもあります。
どのコースからも小樽の街並みと海を望むことができ、
晴れた日には青と白のコントラストが美しいと評判です。
夜になると煌びやかな夜景がとても美しく、
北海道三大夜景のひとつになっています。
コース幅が広いため混雑を感じることなくスキーを楽しめるのも魅力です。
スキーを楽しむ

小樽の景色を楽しみながらの爽快クルージング

ゲレンデ
高低差315mのゲレンデにはコースが6本。
リフトは麓から山頂までのリフト、展望台まで上がるロープウェイ、
山頂と展望台を往復する短いリフトの全部で3つ。

小規模ながら中上級者向けのコースが比較的多い天狗山スキー場ですが、
初級者でも頂上から楽しめるのが「ロングラインコース」。
総距離約1200mの比較的穏やかな林間コースなので、
北国ならではの雰囲気を味わいながら、ロングクルージングを楽しめます。
天狗山スキー場のユニークな所は頂上付近に一番緩やかなコースがある所
「ファミリーコース」ではどなたでも安心の斜度で小樽の景色を
眺めながら滑ることができます。

ここで紹介した両コースはナイター営業(午後4時〜午後8時)
もあるので夜景を見ながらのクルージングも素敵です。
景色を楽しむ

オリンピック選手も輩出したコース「天狗の壁」

マップ

イラストマップ提供:小樽天狗山スキー場

天狗山スキー場の名物コースとなっているのが、
「天狗の壁」の異名を持つ「新コース」。なんとその最大斜度40度!
どのくらい急なのかイメージが浮かばないかもしれませんが、
「ほぼ崖」と思って頂いて大丈夫。
オリンピック選手の皆川賢太郎さんもこのコースで練習をしていた
そうです。腕に自信のある方は是非トライしてみてはいかがでしょう?
滑らなくても近くまで行き「急さ」を体感するだけでも
価値ありのコースです。
景色2

「雪あそび」してみませんか?

オススメの「雪遊びセット(1,600円)」は
ロープウェイ往復券&スノーシュー&スキーシューがセット
になっています。スキーシューやスノーシューは深い雪の中を
埋まらずに歩くことができる優れもの。
真っ白な世界の散歩はとても気持ち良いです。
他にも「そりレンタル(1時間400円)」
「チューブレンタル(1時間500円)」
などリーズナブルに雪遊びを楽しめます。
そり
スキーやスノーボードにトライしたい人にはギアレンタル
(ウェアなどもついたフルセット6,500円)もあるので
是非トライしてみては?

名物「天狗ライス」がユニーク

山頂展望台にある「山頂レストランてんぐ」では本格的な洋食メニュー
からちょっと変わった面白メニューまであります。
ロープウェイ往復券とドリンク券やお食事券がセットのチケットも
販売しているので是非利用してみましょう。
(ドリンクセット券1,400円 お食事セット券1,800円)
タンシチュー

タンシチュー(1,300円)お肉がホロホロで柔らかい!

天狗ライス

天狗ライス(1,000円)

子どもに人気ですが、ボリュームがあるので
大人も試してみては?どこの部分から食べようか迷います。

ロープウェイは夜景鑑賞のみの利用でも

夜景
スキーを滑らなくてもロープウェイの利用はできます。夜が来たら
煌びやかな小樽夜景を見に行きましょう(ロープウェイ往復1,140円)。
小樽市の冬の名物イベント「※小樽雪あかりの路」の期間中は
ここ天狗山も会場の1つとなり展望台周辺はさまざまな「雪あかり」に
包まれます。期間中に訪れることができれば夜景と雪あかりの共演を
楽しみましょう。 ※2018年は2月9日(金)〜2月18日(日)の開催。

提供写真:小樽天狗山スキー場

*2017-18シーズンの営業期間について(2017年11月21日更新)*

・オープン予定日
2017年12月9日(土)

・営業期間
2017年12月9日(土)~2018年3月25日(日)

・ナイター営業
2017年12月16日(土)~2018年2月18日(日)

※最新の情報は公式WEBサイトよりご確認ください。

スマートポイント

  • 初級者は山頂のファミリーコースで足慣らしをしてから
    ロングラインコースを滑ろう。
  • 「鼻なで天狗さん」を見つけて鼻をなでよう!
    なで方によって叶う願いが違うとか。スタッフに聞いてみましょう。
  • ロープウェイ利用だけの人でバスで天狗山に行く人には
    「小樽天狗山バスセット券(1,480円)」
    を事前に各ターミナルで購入するのをオススメします。
    ロープウェイ往復券とバス料金がセットになっていてお得。

ライターのおすすめ

山頂レストランてんぐのソフトクリーム(350円)が絶品。
暖かいレストラン内でソフトクリームを食べるのも
北海道ならではの贅沢な楽しみ方。

國分 知貴

自然で遊ぶ事と美味しいものを食べてお酒を飲むのが何よりの好物。フォトライターとしてそんな好物を生きた情報でお届けする。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン