* menu
閉じる

スキー・スノボスキー・スノボ

札幌でパウダー三昧ならココ!
市民が愛する札幌国際スキー場

writer : 國分 知貴

2017.11.21

車で札幌中心部から約60分、小樽市街から約40分、
新千歳空港からは約100分の場所にある「札幌国際スキー場」。
アクセスの良い場所にありながらも積雪量は北海道随一。
積雪量は北海道随一

提供写真:札幌国際スキー場

麓ですでに標高630mもあり、市内では雨や重たい雪が降っていても
国際に来たら極上パウダースノー!なんてことも良くあること。
春に訪れてもパウダースノーに出合える確率が高いスキー場なのです。

近隣の大規模リゾートと比べて利用料金もリーズナブル。
また、「国際」と名がつきながらも外国人利用者もそこまで多くなく、
アットホームな雰囲気も残しており安心して利用できます。

パウダースノーをたっぷり満喫した後は、定山渓で温泉?
札幌で夜ご飯? 小樽観光? と選択肢がたくさん!
アフタースキーの自由さがこのスキー場の魅力でもあります。
雪質は妥協したくないし市街観光も楽しみたい!
という方に、是非オススメしたいスキー場です。

札幌国際スキー場リフト券付きツアーの予約はこちら

ゆるキャラと鐘

提供写真:札幌国際スキー場

プロの利用も多い信頼の厚いゲレンデ

コースマップ
札幌国際スキー場のコースは全部で7つ。コース数が少ない?
確かに数だけを見ると、ニセコやルスツ、キロロなど
近隣にある大きなリゾートと比べてスキー場の規模感はやや劣りますが、
実際に行くとコースの数など忘れてしまうほどの魅力が、
このスキー場にはあるのです。
極上のパウダースノー

提供写真:札幌国際スキー場

コース幅の広さ、はっきり分かりやすいコースの特色。
最長滑走距離3.6kmのロングランコース。
なにより安定した降雪がもたらす極上のパウダースノー。
初級者から上級者、ファミリーまで、
好みに合わせて楽しむことができます。
実際に札幌や小樽近郊のプロスキーヤー、
プロスノーボーダーの多くも利用しているのが、
多くを語らずも”良いスキー場”の動かぬ証拠!?
好みに合わせて楽しむ

降雪時にはパウダーを!晴天時には抜群の眺望を!

雪化粧した木々達

提供写真:札幌国際スキー場

初級者やゆったりと滑りたい方にオススメのコースは、
「林間コース」〜「メルヘンコース」。
雪化粧した木々達を眺めながらゆったりと滑ることができます。
3.6kmのロングランを楽しみましょう。
ファミリーコース

提供写真:札幌国際スキー場

メインとなるコースはスキー場内中央の「ファミリーコース」。
適度な斜度もあり幅の広いコースでの大きなターンは最高です。
晴れた日には小樽湾や石狩湾を眼下に滑れることも。
ダウンヒルコース

提供写真:札幌国際スキー場

毎日のように降雪のある国際NO.1のコースは
「ダウンヒルコース」。朝一番は非圧雪コースならではの面ツル斜面が
頂上から麓まで約2.2km続きます。
急斜面と手付かずの深雪。おもいきりスプレーをまき上げましょう!

絶品グルメ多し!クオリティの高いゲレ食

札幌国際スキー場に来て絶対に食べたいのが絶品ゲレ食。
豊富なお店と個性的なメニューが充実しています。
スキーセンター

提供写真:札幌国際スキー場

特製カレーラーメン

提供写真:札幌国際スキー場

スキーセンター2Fのファミリーレストラン・ラビットは
定番のランチ処。ボリュームたっぷりの
「国際名物!特製カレーラーメン(980円)」は外せません。
上にはチキンカツ、味濃いめ、少し辛め、カロリー高めと、
まさしくスキーヤー向けに”チューンナップ’’されたメニュー。
体の芯から温まります。むしろ汗をかくくらい!?
その他、カレーや日替わりメニューなどあるので
好きなメニューを選びましょう。
屋外でジンギスカンの食べ放題

提供写真:札幌国際スキー場

春になると、屋外でジンギスカンの食べ放題も!
ポカポカ陽気の春スキーを楽しんだ後、
屋外で食べるジンギスカンは最高です。

車がなくても気軽に行ける!充実のレンタルで手ぶらもOK!

レンタル施設

提供写真:札幌国際スキー場

レンタル施設も充実している札幌国際スキー場は、
もちろん手ぶらでの利用も可能。
スキーやスノーボードなどのギアと、
ウェアや小物類のフルレンタルで1日9,400円。
予約不要で利用できます。

旅行で「車がないけど滑りに行きたい!」という方も大丈夫。
札幌市内発着のお得なバスパックがあります。
往復バス料金+リフト1日券がセットで5,300円と大変お得!
シーズン中毎日運行、更に予約不要で利用できるのが良いところ。
札幌駅や大通駅はもちろん、他にもいくつかの停留所があるので、
利用の際は事前に確認しておきましょう。
車がなくても来れる

提供写真:札幌国際スキー場

雪降る前に広がる期間限定の紅葉世界

紅葉ゴンドラ

提供写真:札幌国際スキー場

札幌国際スキー場の「紅葉ゴンドラ」はご存知でしょうか?
スキー場がオープンする前の9月下旬〜10月上旬の間、
紅葉と景色を楽しむべく期間限定でゴンドラが運行するのです。
(紅葉ゴンドラ往復料金1,100円)

ゴンドラに乗り山頂へ向かう約15分間、
眼下に広がるのは赤、オレンジ、黄、緑、深緑など七色の紅葉世界。
山頂からは日本海を見渡す大パノラマの絶景。
カフェもあるのでゆっくりと一服。景色の美しさに浸りましょう。

雪がつもる前にやってくる短期間の”プレミアム”な景色。
この時期に札幌方面に訪れた方は札幌国際スキー場の
紅葉ゴンドラをお忘れなく。

札幌国際スキー場リフト券付きツアーの予約はこちら

*2017-18シーズンの営業期間について(2017年11月21日更新)*

・オープン予定日
2017年11月17日(金)

・営業期間
2017年11月17日(金)~シーズン終了まで

・ナイター営業

※最新の情報は公式WEBサイトよりご確認ください。

スマートポイント

  • ランチパックが絶対お得!リフト5時間券+食事券800円分がついて4,500円。
  • ランチパックと同料金で温泉入浴パックもあります。リフト5時間券+入浴券で4,500円。定山渓、豊平峡、小金湯、朝里川温泉など好きな温泉を利用できます。
  • 通常のバスパックの他、札幌駅前発着、午前10時出発限定の「の〜んびり出発パック」もオススメ。往復バス料金+リフト午後券がセットで4,500円と破格!土曜日、日曜日、祝日のみの運行です。

ライターのおすすめ

積雪量が豊富なのでGWまで営業しています。3月末からGWにかけては、ポカポカ陽気のゲレンデでジンギスカンの食べ放題をやっています。滑って食べて飲んで!そんな''国際スタイル''の春スキーも是非。

國分 知貴

自然で遊ぶ事と美味しいものを食べてお酒を飲むのが何よりの好物。フォトライターとしてそんな好物を生きた情報でお届けする。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン